てくてく東海道オフ

2017.02.03

第5回東海道踏破オフ(戸塚~藤沢)その2

前記事の続き

名残り松


諏訪神社

昔、社の裏に大蛇が住む池があり、池に映る旅人の影を取って喰ったという。これが影取町の地名になったとか。知らなかった~。

鉄砲宿を抜けて反対側にあるのが旧東海道松並木跡碑

さっきの名残松からずーっと立派な松並木が続いていたのかしら?「緑が丘」と呼ばれたほどの松並木も昭和35年くらいまでで、松くい虫でほとんど枯れてしまったようです。


遊行寺の一里塚跡。昔は今の遊行寺坂よりもっと急坂で、その坂の上に遠くからでもわかりやすいように盛り土されて榎が植えられていたようです。

両側にありますが、今は何も残っていません。説明書きだけ。仕方ないか・・・

この遊行寺坂は箱根駅伝でも走るところです。

日本橋から12里目。私たちもなんだかんだ48キロは歩いたことになります。

藤沢宿 江戸見附

私たちは街道沿いから遊行寺に入ってしまったのですが、参道は下の写真の黒門からになります。

遊行寺

時宗総本山。宗祖は一遍上人。本当に立派なお寺です。

いつも車で通過するだけで一度お参りしてみたかったので、今回お参りできて良かったです。境内からは夕日に浮かび上がる富士山も見えて、感激!


遊行寺橋




参道を出て左側にふじさわ宿交流館があり、藤沢広小路の説明書き、そして高札場が復元されてありました。

残念なことにこのふじさわ交流館が閉館の時間で見学できず!

遊行寺橋を渡って右折すると藤沢本町へ向かうのが東海道なのですが、日が暮れたのでここまでとしてJRの藤沢駅へと向かいました。

江の島弁財天道標

この日もなんだかんだ2万歩超え。よく歩きました。

早く飲みたい!駅前のさいか屋の上の居酒屋『花鳥風月』へ

乾杯~♪

次はどこまで歩けるかな?自分でも東海道歩きを始めてから健脚になった気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.24

第5回東海道踏破オフ(戸塚~藤沢)その1

1月21日土曜日にまた前回の東海道の続きを歩いてきました。



戸塚集合13時半、藤沢に向けて出発です。

最近の駅前開発で戸塚駅周辺もだいぶ変わりました。
でもこんな説明看板が立ったりして歴史を残そうという努力はみられますよね。



昔は開かずの踏切と言われたところも今は歩道橋ができて、車も線路の下を通り渋滞が緩和されるようになりました。







戸塚宿には内田本陣と澤邊本陣の2つあり、澤邊本陣は石碑が残されています。足を止めてみる人はあんまりいないけれど。

八坂神社(右)富塚八幡宮(左)


地元の神社なのだけど、いつも通りすぎるだけでお参りしたことがありませんでした。

八坂神社は地味ですが、男性が女装して地唄を歌いながらのお札まきが有名、富塚八幡宮は戸塚の名の起こりと言われています。

しばらく行くと上方見附跡


ここが戸塚宿の西の外れということ。

そしてこのあたりから大坂という坂道にはいっていきます。



国道1号線に合流して、渋滞する車を横目に眺めながらお軽勘平道行碑





歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」にちなんで建てられた碑。

そこから暫く歩きようやく原宿の一里塚跡


塚の付近には茶屋があって原宿と呼ばれるようになったとか。松が植えられていたけれどもそれは明治時代に取り払われて今は何もないです。
私ら地元には原宿イコール渋滞でインプットされていて、こういう歴史を知ったことでこれからは見る目が変わりそうです。



つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.26

第4回東海道踏破オフその2

続きです。


境木地蔵尊から



焼餅坂を下り、信濃一里塚




神奈川県内でほぼ完全な形で残る一里塚はここだけ。日本橋より9里目。

このあたりは昔の東海道の面影が残っていると思いきや、突然現れる東戸塚の高層ビル群。そのギャップにびっくり。

とはいえ、今まで休憩をとる場所もなかったので、東戸塚のイオンを目指してコーヒーを飲んで休憩しました。座ると疲れが出る・・・そして時間切れのゆれいさんとお別れ。





旧東海道と東戸塚のタワーマンションを見ていると不思議な気分になってきます。東戸塚は私の古巣。15年近く住んでいましたが、こういう観点から街を見たことがなかったので感慨深いものがありました。

さてそんな中、国道1号線に入る川沿いの道で割とレアなポケモンのプテラをゲットして、盛り上がる三婆。いや、駄目でしょ、こんなことしてちゃ戸塚に辿り着けないよdash

赤関橋まで来るともう薄暗くなってきました。
急げ、急げ!









多分これが益田家モチの木
神奈川名木百選の木らしいが、暗くて工事中で近づくこともできないのでよくわからない。

この後護良親王首洗井戸を探したものの、見つからず。とはいえ、暗いし人もいないし見つからないで良かったと正直思ったのでした。

だけど、護良親王って鎌倉の土牢に幽閉されて鎌倉宮に首を晒した場所があるので、ここにもあるというのは一体どういうことなの?
これは暇な時にいつか調べておこう。

江戸方見付跡






この後、戸塚の一里塚跡を超えて、これで私達は日本橋からようやく40キロ歩いたことに!(途中ズルしているところもあるけどcoldsweats01

一里塚を見つけると4キロ歩いたのだと嬉しくなるのは現代人の私だけでなく、江戸人も同じ気持ちだったに違いない!

吉田大橋を渡るともう戸塚駅。

今回は飛び込みで居酒屋『はなの舞』に入って、乾杯♪

この日は20度超えで暑かったので、キンキンに冷えたビールが美味しかった!








今回も新しい発見があって楽しい東海道歩きでした。ご一緒してくださったお三方ありがとうございました。

記事を書き終えてやっと戸塚まで歩き終えた気分です。ふ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第4回東海道踏破オフ(保土ヶ谷駅〜保土ヶ谷宿〜戸塚駅)その1

日にちをさかのぼりますが、11月12日にまた東海道を歩いてきました。
ついに私の地元に近づいてきて、いつもの江戸メンバーと一緒に歩いているのがなんか照れ臭くて不思議な気分でした。

保土ヶ谷駅に13時半に集合。
三婆とゆれいさんの4人。ポケモンGOにはまる4人、新種に出会えるかも楽しみの一つだったりsweat01ヲイ



こんな感じの現在の旧東海道から歩き始めます。






本陣跡


旅籠屋跡

今回のメインはなんといっても権太坂です。
きついのに、坂をのぼると達成感があって気分が高揚しちゃう。


坂の名を問われた老人が自分の名と勘違いして「権太」と答えたところからその名がついたらしいです。
箱根駅伝でもよく聞く権太坂とはちょっとルートが違うのですけどね。こちらが正式な権太坂。

登ってみると想像していたほどのきつさでもないのですが、昔は道も悪かったのでしょうね。行き倒れた旅人や馬を葬った穴があったとされる投込塚です。

ぽいぽい生き倒れた人を投げ込んだかと想像すると怖い~shock


普通に今は住宅街の中にあるんだけどsweat01
戸塚宿手前で行き倒れ…無念だったでしょうね。





境木地蔵尊の境内の大欅
この欅がちょうど武蔵と相模の国境。


記念撮影


影を写すのっていいね。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.01

東海道踏破オフjt.1(神奈川宿)

いくつになっても宿題が終わっていないと気になって前へ進めない性分です。

東海道を歩いたところを早く記事にせねばとずっと気になっていて毎日寝る前に今日も書けなかった~と反省。

今日から11月。ちょっと忙しいのです。

11月は遊びがね。ヲイ!

というわけで、東海道の続きです。ちょいちょいっと終わらせてしまおう!蘊蓄は私と同じく筆が進まぬTompeiさんと桜桃さんにお任せしま~す。

新子安から保土ヶ谷までは桜桃さんとゆれいさんが歩かれたので、その箇所は歩かないで次は保土ヶ谷から歩こうとしていたものの、「神奈川宿は見どころ多かったよ~。本当に行かなくていいのぉ~?」と桜桃さんに言われて、急きょTompeiさんと2人で10月23日に東海道を歩くことにしました。

本当は前回の続きの新子安から歩かねばいけないのだけど、いいところ取りすることにして、子安の一駅分ふっとばして神奈川新町から歩き始めることにしました。

この日は11時の昼前集合。そして、横浜まで歩くことにしたのでした。そんなに距離ないし余裕だろうと思っていたけれど、途中で道に迷ったり坂道、階段ありの休憩なしで2時間半ぶっ続けで歩いたのでなんだかんだ2万歩近く。意外と疲労感がありました。

神奈川宿を歩いてよくわかったのはお寺というお寺が諸外国の領事館として使われたのだなということ。

なかにはわざわざ屋根を剥がして修理するからと称して使われることを拒絶した良泉寺というお寺もあり、これはこれで骨があっていいなと思いました。

上から

成仏寺(アメリカ宣教医師ヘボンの宿舎跡) 慶雲寺(フランス領事館跡)

浄瀧寺(イギリス領事館跡)           宗興寺(ヘボンの施療所跡)

普門寺(イギリス士官跡)            甚行寺(フランス公使館跡)

この中で面白いのは慶雲寺。あの浦島太郎の伝説から別名浦島寺といわれています。

神奈川本陣については解説板でこんな感じで町に残されていました。





青木橋を渡りアメリカ領事館となった本覚寺は高台にあり、下を見下ろすと今は東海道線、横須賀線の線路がありますが、昔ここはすべて海だったのだろうと。鉄道を通すために埋め立てたのでしょうね。

今更ながら、今の横浜駅界隈ほとんど埋立地で大丈夫なんだろうか~・・・でも、東京もそうよね。

ちなみにこの本覚寺は生麦事件で殺されたリチャードソンの遺体が運ばれたところらしい。

広重が描いた「神奈川」が坂道の途中の塀に。

このあたりは昔茶屋が軒を連ねていたということです。


坂本龍馬の妻のおりょうさんが働いていたところでよくテレビに出る「田中屋」。実際に見たのは初めて。へ~~と通りすぎました。高級料亭です。ランチでもなかなか庶民には手が届かないお値段。

この後、神奈川関門跡碑(開港後あまりに外人の殺傷事件が多いので、幕府は関門や番所を設けて警備体制を強化した)を通り抜け、勧行寺を見学した後、横浜駅に抜けて東海道歩きを終了しました。

神奈川宿はなかなか面白かったです。こんな簡単に終わらせてしまったけど、書くことが多いからまとめられないsweat01

だんだん自分の住んでいるところに近づいてきました。実は一番知らなかったりするんだろうな。新しい発見がある東海道歩き、なかなか楽しくなってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.25

第3回東海道踏破オフ〈京急蒲田~川崎宿~京急新子安)

10月15日久しぶりの晴天の中、また歩いてきました。

14時に京浜鎌田駅集合。
私はその前に前回のオフで間違えた道を歩いてきました。追記として前記事の最後にごくごく簡単に証拠写真を載せてありますのでよかったらどうぞ。

京浜蒲田からは熊野神社でお参りし、その後は面白みのない第一京浜をひたすらてくてくと。



六郷神社


寄りたいけれど、寄ると時間がなくなりそうだということで鳥居の外から手を合わせました。


全部の名所を見ると時間が足りないし、体力を奪われるしで、どうすればいいの?なんとも悩ましい!

多摩川を渡り、ここから神奈川県です。


六郷の渡し。


江戸の人が今この川岸のマンションの高い建物を見たらなんと思うだろうか。


渡り終えたところに万年横丁・大使道標がありました。

六郷の渡し跡碑を見逃したなぁ~。このあたりに船会所があって船賃一人十文を払ったとか。

その近くに奈良茶漬けで有名だった万年屋もありました。

川崎の宿場は久根崎、新宿、砂子、小土呂の4町で構成されていました。

新宿は宿の中心だっとというけれど、川崎の地では地名すら残っておらずこうして説明書きが残るのみ。

Img_2772

田中本陣跡


こういう風に説明書きがあるだけで当時の面影はありません。

でも、途中で寄り道したかわさき宿交流館というところは当時の歴史がわかり、見どころいっぱい!時間があればもっとじっくり見学したかったです。

八丁畷駅前を通ると、人骨慰霊碑が!ひぇ~wobbly

江戸時代の人骨が多数出土して投げ込み塚ともいわれています。

本日二つ目の橋の鶴見川橋を渡るころはもう日が傾いて・・・

焦るsweat01



鶴見線国道駅のガード下はノスタルジックな雰囲気が漂っていて、なんともいい感じ。

生麦事件の跡地を通過!普通のお宅前にあることにもびっくり。

文久2年島津久光の行列の前を馬に乗ったリチャードソン他3名が横切ろうとして薩摩藩士に切り付けられたという事件です。

生麦事件の碑はキリンビール工場の近くにありました。

この日はキリンビール工場の敷地内にあるレストランで乾杯♪

出来立てビールは最高!美味しかった~~!

Img_2774

飲んだ後もちゃんと東海道を歩いて京急新子安まで歩き、この日は解散!

家に帰ったら私の歩数計は3万歩を超えていました。

だんだん健脚になってきたような気がしています。この先も頑張ろう!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2016.09.06

第2回東海道踏破オフ(品川駅〜品川宿~京急蒲田駅)

残暑厳しい中、9月3日土曜日に前回の続きから東海道を歩いてきました。

この日は午後から雨が降ると言う予報だったのに、集合の15時過ぎでも日差しがきつくて一人だったらとても歩く気がしない日でした。

人混みの品川駅を通り過ぎ、八ツ山橋へ



カンカン照りー。右側に御殿山。


問答河岸跡を通り過ぎ旧東海道を歩きます。

何年前だったかな、ここを歩いたのは。記事をさかのぼること、7年前。コチラ

あの時もさびれているなぁと思ったけど、今回も土曜日だというのに私たちくらいしか歩いている人はいなくて、なんとかしてあげたくなる旧東海道でした。

とはいえ、24、25日に品川祭りがあるみたい。そのときは賑やかになることでしょう。

唯一賑やか!と思ったのが立会川付近。お祭りが開かれていました。

ここには龍馬像があるのです。寄り道しました。

焼き鳥のにおいにビール飲みた~~~い!

20歳の龍馬さんだそうです。高知の桂浜の龍馬像に比べるとなんか安っぽく感じてしまう^^;

そのあと、泪橋を渡りおどろおどろしくも鈴ヶ森刑場跡へ。

本当にこんな街道沿いに磔とかさらし首とか恐ろしいわ~~。はっきり言って見せしめよね。

でもね、最近思うのです。理不尽な凶悪犯罪があまりに多いから復活させてもいいんじゃない?って。過激かもしれないけれど、市中引き回しくらいしてもよいと思うのよねっ!

話が大きくそれました。

ともかく、ここまで平らな道なのでそんなに疲れてはいない筈だけど足取りが重くなり暑さにダウン。大森海岸駅近くのUCCで一休み。

レモネードとパンケーキで英気を養いまた出発。

磐井神社

心正しき人が飲めば清水、邪心があれば塩水になるという「磐井の井戸」があり、現在はふさがれています。もちろん、私たちは清水に違いないと思うけど、こういうことを考えている時点で塩水かもしれない・・・sweat01


そして、この後痛恨のミスをしたことに記事を書いていて気づきました。

道を間違えちゃったのね~(汗)ほんの少しだけど、超悔しいんですけどっ!

そのうち正式ルートを歩いて訂正版アップしよう。

梅屋敷跡

ゴールの京急蒲田まではもうすぐ!急に足取りが軽くなりました。

去年できたばかりのお店『キリンシティ』で乾杯~♪このご褒美がなければ歩けません!

実は、京急蒲田までと言わず、川崎まで歩こうよ~なんて言っていた私、もっともっと体力をつけないことには無理と思いました。

今回TOKIKOさんにぐいぐい引っ張ってもらったから歩けたようなものの、これ3人だったら6時にはたどり着けなかっただろうなぁ。

涼しくなったらもっと歩けるよね。きっとねっ!笑

≪追記≫

前回間違えた箇所を第3回東海道踏破オフの前に一人歩きなおしました。

平和島口から斜め左に入っていかなければいけなかったのに、右へ行ってしまったのでした。

交番のところを左に


あった!目印。ほっとします。

美原不動尊

美原は昔魚市場通りと呼ばれ大森の海で獲れた魚を商う店があり評判でした。

今はちょっとさびれた感が・・・

たまに説明書きの立て札も。

玉森稲荷を探したのですが、見つからなくて時間切れ~。

というわけで簡単ながら訂正版は以上です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2016.07.03

第1回東海道踏破オフ (日本橋から品川まで)

7月2日、ついにこの日がやってきました。
タイトルは変わる可能性ありだけど、ともかく日本橋から京都三条大橋まで全長126里6丁1間。
約492キロの道のりを歩くという壮大なプロジェクトが32度というクソ暑い日から始まったのです。



私は70歳までに到達すればいいか?みたいな気でいたら、三婆の1人桜桃さんが、「東海道終わったら次は中山道歩くのよ。」と。どうやら五街道を制覇するつもりなのか?今更怖くて聞けない。
とにかくヤル気満々!

三婆のボスTompeiさんも「それは困る、ぶんぶんさんの70歳に合わせたら私は逢坂の関が越せない。」
と言うので、どうやらこの東海道は10年以内くらいには踏破しないといけないらしい。いや、五街道歩くんなら2、3年以内か?今更怖くて計算も確認もできない。
そのくせ、小田原まで歩いたら途中は誰かに繋いでもらい最後だけでもいいか、なんて美味しいところどりしようとしているTompeiさん。それはないよ!

とにかく皆がついてこられるように、ゆるりと、無理なく、なんて言って始まったけれど、なんだかんだきっと急ぐはめになると私はひそかに覚悟を決めました。

私のブログは薀蓄なしでいっちゃいますよ。三婆合わせて一つの紀行文になったらそれで満足。


『東海道でしょう!』の藤田さんの話が面白くて、その線で行こう!と。読んだ人にしかわからないけれど、これを読むと本当に東海道を怖いもの見たさで歩きたくなるのでオススメです。

まずは三越ライオン前に15時半に集合。


福徳神社で無事に仲間割れしないで踏破できるように祈り、
日本橋で記念撮影


自撮り棒で撮ったので、シャッター押す自分が一番顔がデカくなり、スタンプ一番でかいのを貼る羽目になったよsweat01













宴会担当のぶんぶん、6時から予約していたのに、品川まで6時に間に合いそうもなく、慌てました。慌てて電話して遅れる旨を伝えると、どうやら二号店もあったらしく、そちらに電話してしまい、いったいどこが宴会場所なのかわからなくなり焦りまくりましたsweat01

ゆるりとなんて言っていながら、初回から皆を急がせるはめになったのは私でした。すみません!

後から知ったことだけど、桜桃さんはこの日体調が悪かったらしい。もう、自分のことで精一杯で全然気づかなかったよ。申し訳ない!

塚田農場
サービス満点、どのつまみも美味しくて、



この日は品川宿までもたどり着いていないんだけど、約7キロ?ビールが美味しくてもう最高!このご褒美がなけれは私は歩けません!きっとこの先このビールの美味しさだけを餌に頑張れるんだな、自分。

うん、7キロなら大丈夫そう。10キロ超えるときついんだろうな。
だけど達成感あるし、楽しい!まだ辛くないのでなんとかなりそう。

こんな私ですがどうかどうか見捨てずに宜しくお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (2)