« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016.08.23

善光寺へ一泊旅行 その2

善光寺にはお朝事(おあさじ)というものが毎日行われることを旅館の仲居さんに教えていただきました。

日の出と共に全山の僧侶が本堂で読経を上げるのですが、善光寺の住職(大勧進の貫主・大本願の上人)が本堂に上がる際と退堂する際、参拝者が参道にひざまずいていると、 手にされる数珠で人々の頭に触れ、功徳を授けていただけるのが「お数珠頂戴」だということで、仲居さんから「誰でも受けることが出来て、早起きできたら是非!」と勧められました。

これは絶対に行かなきゃ!早起き得意な義母と2人でお数珠頂戴を受けてきました。

朝5時15分の善光寺仲見世通り風景



朝5時半から読経が始まるので、本堂の前の参道にひざまづいて僧侶が来るのを待ちます。人が集まりだして、行列ができました。
朝の清々しい空気の中で数珠で頭を撫でていただき、貴重な体験をさせていただきました。

朝食を終え、宿を後にして上田城址公園へと向かったのですが、上田市近くにきたら道路渋滞が始まりました。どうやらみんな目的地は同じらしい・・・

駐車場がすでに満車で、1番遠くの臨時駐車場に停めるはめになりました。私はいいけど、年寄りに炎天下の中歩かせるのってきついsweat01

立派なお堀跡

本丸東虎口(復元櫓門)

上田城についての蘊蓄はTompeiさんが詳しく書かれていますので、そちらでどうぞ^^;

真田石

真田神社だって、この通りの行列

真田井戸

底には抜け穴があり、外に通じていたという伝説もあるんですって。

本丸西櫓


上田城址公園の中には現在放送中の大河ドラマ館ができていたのだけど、TDLみたいに並ぶ行列ができていたので断念し、上田市立博物館の方を見学してきました。こっちも結構な混雑でしたが、なかなかの資料に満足しました。

思いのほか、ここで時間をとってしまい帰りの時間が気になりだしました。

本当はこの後、北向き観音に行く予定だったのです。

善光寺だけだと片参りといわれるので・・・

しかし、運転手の夫がこれ以上どこかに寄り道すると渋滞にはまるからと首を縦に振らないので諦めて帰路につきました。

実際この後、関越は25キロの渋滞にはまり大変な思いをしたのでしたーwobbly

戸隠も行きたかったし、他にも色々行きたかったなぁ~。

まあ次の楽しみにとっておきましょ。   おしまい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.08.20

善光寺へ一泊旅行 その1

お盆休みに次女抜きの家族4人で善光寺へ行ってきました。

昔善光寺へお参りしたことがあるような気がしていたけど、今回実際お参りしてみて、私はお初だったとわかりました^^;

『一生に一度は善光寺参り』っていうものね~、今回お参りできて本当によかったです。

善光寺近くの旅館に一泊するので、自分としては行きに戸隠神社に寄りたかったのだけど、お天気が不安定だったし、年寄りに山の石段は危険かなと思い、断念。

それでも行きの道路がスイスイで予定より早く着きそうなので、小布施で寄り道することにしました。



北斎は晩年小布施に逗留していたんですって。だから北斎館があるんですね。

ちょうど『北斎と広重』展も開催中で二人の東海道五十三次の絵も見ることができました。

北斎は晩年に東町・上町祭屋台の天井絵を手がけ、その二基の祭屋台が展示されており、大迫力でした。その他にも肉筆画が多数展示されていて興味深いものでした。

80すぎてからもなお筆も衰えず、90歳まで生きた北斎。昔の人の割に長生きしたほうですね。

さて小布施といえば、栗!昼に食べた栗おこわは美味しかったです。

善光寺




善光寺の由来については3年前に書かれたTompeiさんの記事がかなり詳しいのでこちらをどうぞ!

善光寺の山門は私の守り本尊の文殊菩薩様が安置されており、すごくご縁を感じました。

そして、今回の最大の目的はお戒壇めぐり。

お戒壇めぐりというのはご本尊の安置されている瑠璃檀下の真っ暗な回廊を通り、中ほどに懸かる極楽の錠前を探り当てて、秘仏のご本尊と結縁する道場なのです。錠前を触れば極楽浄土へいけるというんですもの、絶対に触りたい!!

7年前に書かれた桜桃さんの記事にもその様子が書かれていますよ。良かったらこちらにもとんでみてね。

まずはどういう順番で入る?と家族会議。義母を先頭と一番後ろにするのは危ない、だから真ん中の位置はすぐに決まる。問題は先頭。なんでもよく気がつく娘を先頭にしようとしたら「え~嫌だ」という。みんな、私に先に行けと言う。

結局、私→娘→義母→夫という順に入っていくことにしました。

私が見つけ、次々に教えていくという作戦です。責任重大、どきどきする~。

入口は急な階段になっていて、まだ明るいのですが、進むにしたがって目が慣れるどころかより暗闇になって、何も見えません。錠前は右壁にあるので、とにかく右手は壁から離さず前へ進んでいきます。右へと曲がっていく感じで、しまいには頭をぶつけそうな気がして、何度も頭に手をやりました。

そのうち、ガチャガチャと音がして、前の家族連れのお母さんんが子供に「これよ、触れた?」なんて言葉が聞こえてきて、私も思わず「これですか?」なんて聞いちゃいました。

後ろの娘にも伝達。これで家族4人極楽へ行けそうです!錠前は割と出口寄りの方にあったのではないでしょうか?外の光がまぶしくありがたいこと。目が見えるということはそれだけでありがたいことですね。

泊まったお宿は松屋旅館。まず場所が善光寺に近くてとてもよかったです。

そして旧如来堂跡地蔵尊のところにこの旅館があり、部屋の窓を開けるとお地蔵さまの後ろ姿を拝見できるという、なんとも御利益を感じるお部屋でした。



残念なことに温泉ではないし、食事も豪華ってわけではないけれど、家庭料理の温かみがあってとても美味しかったです。



この日は盆踊りの日で、境内の中に櫓ができて、お坊さんも櫓の上で盆踊りをしていました。珍しいなぁ~と。

ライトアップされた善光寺も美しかったです。

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.08.10

暑いですね

残暑お見舞い申し上げます

言っても仕方ないけど暑い、あつい、アツイです‼︎

しばらくブログからご無沙汰していましたが、元気です。リオのオリンピックで日本人選手が頑張っていて、毎日感動をもらっているぶんぶんです。


この暑さもあと二カ月くらいの辛抱でしょうか。


もうすぐお盆。

正直今年は実家の父の新盆になるだろうと覚悟していました。5月、6月は本当に弱って歩けなくなったり、食欲も落ちて10キロ以上痩せてしまっていたので。

ところがです。いよいよ2週間に一度だった医者の通院もままならなくなったので、完全に在宅介護にして近所のお医者さんの往診に変えてもらったあたりから少しずつ元気になっていきました。

結局思うところ、若い人はともかく老人には高い抗がん剤の注射なんて副作用の吐き気ばかりが強くて、総合病院の待ち時間だけでくたびれてしまい体力を奪われてしまうのではないかということ。

膀胱にバルーンカテーテルを入れましたが、前立腺の腫瘍が大きくなり今は腹部に穴をあけて、膀胱瘻を作りそこから尿を自動的に排出するようにしました。

管の洗浄は訪問看護師さんが来て処置してくれます。

前回の記事から母が自転車で転倒したりと、本当に段階的に色々あったけれど、やっと今落ち着いた感じ。(介護している人はわかるけど、トラブルがあっての繰り返される度ごとの落ち着き)

寝たきりで紙おむつになった時期を乗り越えて、今はトイレに一人で行けるようにまでなりました。

ついこの間、父が寝ぼけてベッドから落ちたというので心配して、昨日実家に行ってきたのですが骨折もしていなくて元気だったので安心して帰ってきました。

私「お父さん、なんでベッドから落ちたの?」

父「夢を見てたんだよ。川があって、向こう岸におじいちゃんとおばあちゃんがいて『早く渡ってこい』というので、渡ろうとしたら足が滑って気づいたらベッドの下に転がり落ちていた」

それって・・・

三途の川じゃないの?お父さん!三途の川の手前で滑った父は仏さまも呆れてもう少しお迎えが先になるような気がしています(^^;

明日から我が家は夏休みに入ります。

皆さまも暑さに気をつけて楽しんでください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »