« 裏磐梯へ その2 | トップページ | 今日のチーちゃん »

2015.08.15

裏磐梯へ その3

記事を分けてダラダラ続けてしまいましたが、中身のある内容ではなくて申し訳ないですが、どうぞ最後なのでお付き合いください。

二日目に会津日新館へ寄りました。

ナビに住所を打ち込んで行ったんですけど、どう考えてもここじゃないだろっていう田んぼのど真ん中の畦道で、この周辺ですので終了しますって、案内されて。

ナビって時々違うところに連れて行きますよね?
電話番号を入力したらなんとか辿りつけました。

この日の気温は多分35度以上あったと思います。クラクラする程暑くてまいりました。同じ福島でも裏磐梯の高原の爽やかさとは全く違いました。

会津日新館


江戸時代、全国三百藩校の中でも規模内容ともに随一と謳われたのが会津藩の学校「日新館」です。
五代藩主松平容頌時代、5年の歳月をかけて1803年に鶴ケ城の西側に一大学問の殿堂として完成しました。
残念ながら戊辰戦争において消失してしまい、昭和62年に会津の精神文化を後世に伝えようと完全復元されました。



NHKの大河ドラマ「八重の桜」でもご存知「什の掟」
日新館入学前の6歳から9歳までの子供達に徹底的に教え込まれたそうです。
今の子達と比べたらなんという違い!というか自分自身がちゃんとしていない大人で恥ずかしくなりました。

中は人形を使っての説明。歴史にピンとこない人でもわかりやすくていいですね。
戊辰戦争で白虎隊の歳若き未来ある少年達の自決。本当につくづく戦争は悲しいし、ましてや同じ日本人同士での戦い。馬鹿げていると思います。

今日は終戦記念日。二度と過ちを起こしてはいけません。

鶴ケ城は昔家族旅行で行ったことがあり、今回はパスしてそのまま帰路。

平日だったのに、いや平日だったからこそ?渋滞に巻き込まれ昼過ぎに会津若松を出たのに7時間もかかりました。
運転手は1人の我が家、その後ビールをたーっぷり飲ませてあげたことは言うまでもありません。

そんなこんなであっという間に我が家の夏休みも終わりました。

8月も中旬。昔から8月に入ると夏休みが短いと感じていましたがそれは今も変わらないようです。
子供達の宿題の心配がなくなったことだけは嬉しいです^^;

|

« 裏磐梯へ その2 | トップページ | 今日のチーちゃん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/62090320

この記事へのトラックバック一覧です: 裏磐梯へ その3:

« 裏磐梯へ その2 | トップページ | 今日のチーちゃん »