« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014.12.21

お江戸オフ忘年会

昨日は お江戸のメンバー達(Tompeiさん、hichaさん、Leafさん、TOKIKOさん、くっきもさん、桜桃さん、はますけさん、pegaさん)と今年最後のオフでした。

珍しく雨にたたられました。なので、当初予定していたコースは変更しまして、恵比寿のバカライルミネーション+忘年会となりました。

恵比寿のガーデンプレイスのイルミネーションは初めて行ったのですが、バカラのシャンデリアが巨大でキラッキラshineゴージャス!うっとり。

雨でも屋根があるから濡れずに撮影できましたが寒かった~。

Img_3111

一階から撮ったり、二階から撮ったり。同じような写真を沢山撮っちゃいました。

恵比寿からは中目黒のはし田屋さんへ。

本当はここで今年から始まった青の洞窟イルミネーションを見る予定でした。お店からも楽しめるようにと予約を取ったのです。あまりの混雑ぶりに平日のみの点灯となってしまい見られず残念でした。

Img_3110

 

イルミネーションは残念だけど、鶏料理が美味しかった~!本物を食べたという気がしましたよ。

今年もお仲間のおかげで本当に楽しいお江戸オフができました。

記念すべき第50回は来年へと持ち越し、またゆるりとした感じでお江戸歩きを続けていきたいと思います。

今年一年お付き合いくださった皆様、どうもありがとうございました。また来年も沢山歩いて沢山飲みましょう!

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2014.12.15

トールとか色々

寒くなってまいりましたね。選挙もあり、バタバタの師走でございます。

どうせ自分の一票なんかと思って投票しなかった人が多いのかな?権利ではなく、義務にした方が良いんじゃないの?投票しなかったらもっと税金の無駄遣いだと思います。

さて、話はがらりと変わりますが、先週の金曜日は今年最後のトールペイント教室でした。

100均で買ったリモコン立てを可愛く変身させました。

Img_0795

幸せの四ツ葉のクローバー

ささやかだけど見ていると幸せな気分になります。さん♪ちゃん先生、いつもありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

ペン画も今年最後の教室があり、来年はペン画で年賀状を提出ないといけないの。

は~、気が重いsweat01

またまた話は変わって、朝ドラの『マッサン』見てますか?

あの時代に異国から日本人のお嫁さんになって・・・本当に御苦労されたことでしょう。

今、ちょっと悲しい展開で朝から泣いています。ドラマではエリーだけど、本当はリタさん。

ドラマのせいで単純にニッカウィスキーを応援したくなっています。

ってことで^^;;

Img_3065
ニッカウヰスキーハイボール。美味しかったですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.05

山陰旅行一泊二日(2日目)

2日目の行程

足立美術館と出雲大社の2か所をまわりました。

朝7時前に三朝温泉を出発。2時間近くバスに乗り、足立美術館へ。

Img_3023
美術館に入ると、目の前には枯山水の庭園と借景の山々が・・・

もう、本当に素晴らしい庭園でした。ずーーーっと見ていても飽きないと思います。

庭園だけはカメラ可なので、何枚か写してきましたが、私のiphone写真じゃ全然良く撮れていないです。

Img_3025_1

Img_3035

絵画も美術館創設者の足立全康さんがほれ込んでコレクションした横山大観の作品など、それはもう見ごたえのある作品ばかりでした。

こんな素晴らしい美術館なのに、1時間しかフリーの時間がなくて駆け足で鑑賞しなければならなかったことが残念でした。

こんな美術館が近くにあったら年間パスポートを買って毎日通いつめたい!

足立美術館を後にしていよいよ出雲大社へ。

今回の旅行はズバリ長女の良縁を願うのが一番の目的でした。

八百万の神々がお集まりになり様々なご縁結びの会議をされるという神在祭(旧暦10月11日からの1週間)というのを調べていたら、なんと今年は12月1日からというではありませんか。

これは寒かろうが、行くっきゃない!ってことで、この日程のツアーに申し込んだわけです。

Fullsizerender_4

バスの中から見た一の鳥居

今まで青空だったのに、急にけぶるほどの雨が降ってきました。

でも、神楽殿へ着く頃には雨がやみました。まるでお清めしていただいたかのようです。

Fullsizerender_2

Img_3043

重さ4.5tあるという注連縄

団体で昇殿御祈祷していただきました。出雲大社は二拝、四拍手、一拝です。

拝殿

Img_3044

Img_3045

大国主大神が祀られている本殿は延享の造営(1744)で建立されたもので、大社造で国宝に指定されています。
神社建築の中では日本一を誇り、高さは約24m、厚い桧皮葺きの屋根の棟の上には長さ7.9mの二組の千木が交差しています。

もう圧倒されるほどの大きさです。平安時代はもっと大きかったというからびっくりです。

伊勢神宮の神聖な雰囲気とはまた違い、荘厳な中にも神様を感じられる出雲大社でした。

出雲大社の滞在時間もあっという間で、ツアーは時間に追われるのが悲しいですね。お土産を買う時間も残っていませんでした。

出雲大社を後にして、また2時間半移動して岡山空港に戻り羽田までひとっ飛び。

あっという間の2日間でした。

単純な私なので、凄くパワーをもらってもうこの先怖いものなしって感じがしていますscissors

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.12.04

山陰旅行一泊二日(1日目)

12月2,3日と一泊で山陰方面(鳥取、島根)へ長女と二人で旅行に行ってきました。

天気予報では寒気が降りてきて、雪か雨という予報で覚悟していたのですが、いざという時に止んだのでやはり私は晴れ女みたいです。

さて、今回はクラブツーリズムのツアーを利用しました。

題して『ブランドタグ付きアワビ踊り焼 三朝温泉と出雲大社「昇殿祈祷」2日間』

この寒い時期のせいか、27名の参加でした。バスもゆったりで良かったです。

一日目の行程

羽田→岡山空港→鳥取砂丘→浜坂漁港・海潮館で松葉ガニのフルコースと活アワビ踊り焼きの夕食→三朝温泉(泊)

羽田空港から富士山が綺麗に見えました。久しぶりの飛行機に胸躍りましたが、あっという間に岡山空港へ到着。岡山も青空でしたが、空気がきりっと寒かったです。

岡山県は晴れることが多いそうですね。日本海側はいつもどんよりしているそうです。鳥取は雨が多く「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるくらい雨が多いとか。そんなバスガイドさんの説明を聞いていたら、トンネルを抜けるたびに本当に空がどんよりしてきました。

3時間ほどバスに乗り、鳥取砂丘に着きました。ラッキーなことに雨が降ってない!

Img_3008_2

Img_3010

お天気だとリフトも動いているし、ラクダにも乗れるらしいけどこの日は強風。あんまり人もいなかったですね~。日本海も荒れ狂っていました。砂丘へは無料で長靴を貸してくれます。私達も借りました。時折雪もちらついていましたが、雨じゃなくて本当に良かったです。雨だったら強風で傘も折れてしまったと思うから。

砂の美術館も寄りました。ロシアの文化、歴史等をテーマごとに作品を展示しています。

Img_2990_2

見事、見事!という以外に言葉が見つかりません。

Img_2993_2

これ、全て砂ですよ!木みたいに見えるけど、砂。

Img_2995_2

他にも沢山。ご紹介しきれません。

鳥取砂丘を後にすると、浜坂漁港へ向かいます。

まだ17時半なんですけど夕飯ですー。

Img_3013_2

Img_3015_2

食った、食った~♪

Img_3016_2

贅沢な食事はここだけ。後は全てバスの中で冷たいお弁当でした。
食べ終えてまたバスに1時間半近く乗り、宿泊地の三朝(みささ)温泉へ。

三朝温泉は三たび朝を迎えると元気になれるということで三朝温泉というらしいです。

どんな病気も治す力があるとか。本当に良いお湯だと思ったのは、肌がつるっつるになったから。

主婦湿疹で常にがっさがさの手の私は、効能が手ですぐにわかるのです。3泊したら、完全にすべすべの手になれたんじゃないかなぁ。あー、もっと何度も入りたかった。

さて、2日目はいよいよ今回の旅の目的地へと向かうのでした。つづく

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.03

ありがとう!11周年

カレンダーも最後のページになりました。奥さん、師走ですよ!

師走だというのに、私ことぶんぶんはただいま今年最後の旅行をしております^^;

本日夜帰ってきますが、ご挨拶を忘れそうなので、日付指定でこの記事を早めに書いております。

このブログもおかげさまで11周年を迎えることとなりました。毎年言っているけど、こんなに長く続くとは思いませんでした。

11年間、最近は書かない事も多いけれど、今までその時々に感じた思いや出かけた記録をしてきました。たまに読み返すとその時のことが思い出され、書いていてよかったな~と思います。

ブログを通じてたくさんつながりが出来、そして現実友達が出来ました。本当にありがとうございます。

これからも更新はマイペースですが、たまに覗きにいらしてくださいね。

ニフティさんがココログを続けている限り私も続けようと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »