« 紫陽花会オフ | トップページ | 第47回お江戸オフ(世田谷線沿い散策)2 »

2014.05.26

第47回お江戸オフ(世田谷線沿い散策)1

5月晴れの土曜日、お江戸オフをしてきました。

今回は残念なことにリーダーのTompeiさんが散策の方はご一緒出来ず非常に不安だったのですが、無事時間内にミッションクリアできました。やればできるじゃん、私達もscissors

前日下調べして、時間配分考えて、ここは何時までいても大丈夫、とか逆算して一応考えたんですよ~。でも地図はやはり読めなかったので桜桃さん任せ^^;

Tompeiさん企画コース

まずは松陰神社前駅改札口に13時半集合

松陰神社→世田谷城址公園→豪徳寺→世田谷八幡宮→勝光院→お茶→世田谷郷土資料館→代官屋敷→駒留八幡神社→三軒茶駅→(電車で移動)→渋谷駅

『葱や田蔵』で宴会18時~

松陰神社

1_91_23_72_3

 

伝馬町で刑に処せられ小塚原に葬られた吉田松陰の遺体を弟子の高杉晋作らが松陰の死後4年経った文久3年に長州藩の抱え屋敷があったこの地に移葬したのが起こりです。

4_55
木戸孝允が寄進したという鳥居。

門弟たちの墓に囲まれて今は静かに眠る松陰の墓は鳥居の正面一番奥。今も敬われている、そんな感じがしました。

ちなみに私が萩へ行った時の松陰神社の記事はコチラ 萩の松下村塾がこちらにもありました。

世田谷城址公園

2_803_73_2

 

昔ここにお城があったんですねー。今は土塁が残っているのみですが。

豊臣秀吉の小田原城攻めの際に8代吉良氏朝が世田谷城を明け渡し、徳川時代には上総の国に領地を移されて徳川の旗本となりました。

吉良氏は源氏の足利の士族であり、世田谷吉良はさらにその庶流。14世紀後半の南北朝時代に鎌倉幕府を支えるために今の豪徳寺境内をも含めた世田谷の大地全体に居館をかまえるようになり勢力を伸ばしました。

『忠臣蔵』で有名な吉良上野介も足利の名門で同族になります。(参考文献 大人の遠足BOOK江戸ウォーキングより)

豪徳寺

彦根藩井伊家の菩提寺。↓の井伊直弼の墓をはじめとして井伊一族のお墓があります。

4_565_413_74

まず松並木の長い参道からしてすごく気に入りました!パワースポットとはきいていないけど、すごく良い気が流れているのを感じましたよ。お寺なのにあんまり暗いイメージがしないのが不思議。

1_932_81

 

仏殿の西には招き猫を観音として祀る招福堂。新緑のもみじが綺麗でした。

大阪の陣で活躍した井伊直孝にまつわる縁起話から猫を祀っているのですがその蘊蓄はhichaさんのところで美しいお写真とともにどうぞ。

豪徳寺では案内ボランティアのおじさまが詳しく説明してくださって勉強になりました。

先を急ぐ私達としてはどこで話を切り上げればよいかとそわそわもしましたが・・・sweat01

世田谷八幡宮

4_575_43_2

源義家が建立。その後世田谷城主の吉良頼康が再建し、以降は世田谷吉良氏の氏神となりました。おぉ、久しぶりに見た力石!今も秋に奉納相撲が行われているようです。

勝光院

世田谷吉良氏の墓所があります。

1_94_2

どこのお寺さんも本当に綺麗にお掃除が行き届いていて気持ちが良いです。

3_72_2後半につづく

3_73

 

|

« 紫陽花会オフ | トップページ | 第47回お江戸オフ(世田谷線沿い散策)2 »

お江戸オフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/59691101

この記事へのトラックバック一覧です: 第47回お江戸オフ(世田谷線沿い散策)1:

» 第四十七回お江戸オフ ~世田谷界隈~ その1 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
2014年5月24日土曜日、暑いくらいの快晴。 恒例のお江戸オフでした。 この時 [続きを読む]

受信: 2014.06.27 07:56

« 紫陽花会オフ | トップページ | 第47回お江戸オフ(世田谷線沿い散策)2 »