« お伊勢さんへおかげ参り その1 | トップページ | お伊勢さんへおかげ参り その3 »

2014.03.28

お伊勢さんへおかげ参り その2

二見興玉神社の後は月読宮へ。

ご祭神は月読宮(つきよみのみや)で天照大御神の弟神。

伊佐奈岐宮と伊佐奈弥宮には天照大神と月読宮を産んだ父母神をそれぞれおまつりしています。

イザナギのみこととイザナミのみことのお話はTVの日本昔話で見て、黄泉の国へ妻を探しに行って、振り返るなというのにイザナギのみことが振り返ってしまって私は子供心に「ひどい!なんで振り返っちゃったのよ~!」って思ったものです^^;

010
ここの雰囲気はとても良かったです。

このあと、希望者は500円を払って猿田彦神社へ。希望しない人は内宮へ。ここで解散して後は各自集合時間まで内宮やおかげ横丁を散策となります。

私はもちろん希望しました。

ご祭神の猿田彦大神はものごとの最初に現れ、万事良い方向へおみちびきになる道ひらきの大神なのです。4月から社会人になる次女の為にもお守りが欲しかったから。

4_49_2

現在本殿が修復中で見えないのが残念でした。

方位石

5_36

パワースポットと言われている方角を刻んだ八角の方位石は決められた触り方をすると

願いが叶うとか。精神的な安定と財産を手に入れたい私は「申→子→辰」と触ってきました。

さあ、いよいよ次は内宮です。歩いて向かいます。

ところで、この日天皇陛下が伊勢へ向かわれたということで内宮付近は厳戒態勢。

陛下のご参拝は翌日だというのに、13時からは一般客の参拝も出来ないということに・・・

というわけで、本当は13時半までのんびりできるはずが帰宅集合時間が早まり12時15分になってしまいました。

とはいえ、自由時間は約4時間ありましたので結構のんびりできましたけどね。

5_39

宇治橋を通り、聖域の内宮へ。鳥居の前で一礼。下宮は左側通行でしたが内宮は右側通行です。真ん中は神様の通り道。

そうそう!この宇治橋の左側の2本目の擬宝珠を触るとまた元気に伊勢神宮に参拝出来ると言われています。皆が触るのでここだけ色が違っていました。

五十鈴川

014

清らかです。

ご正宮

玉砂利の参道を結構歩きました。

1_80

写真撮影は階段の上からは禁止されています。

ここではお願いごとをしてはいけません。感謝をしないといけないのです。

本当に空気が違うというか神聖な場所でありがたいという気持ちに自然になれる場所でした。

白い布の御幌が風でめくれると神様がお迎えしてくれたとか、縁起が良いという話ですが私達が立ったときは全くの無風状態(汗)

まだまだ修行をつまないといけませんね^^;

写真は撮らなかったけれどこの他にも荒祭宮、風日祈宮、子安神社を参拝し、内宮を後にしました。

内宮で1時間はかかったかな。でも朝の9時前だったのでまだ参拝者もいなくて清々しい空気の中でゆっくりと参拝でき本当に良かったです。

さあ、次はおはらい町ですよ!つづく

|

« お伊勢さんへおかげ参り その1 | トップページ | お伊勢さんへおかげ参り その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

パワースポットっていう感じがするね、
私も行ってみた~い♪
夜行バスは、いささか難儀ですな・・・

投稿: さん♪ | 2014.04.02 19:47

さん♪ちゃん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

神聖な場所でしたよ〜。一区切りつけてまた新たな気持ちでスタートしようと
いう気持ちになれました。
バスは疲れるけど安いのよ〜。また行きたい気持ちになってます^^;

投稿: ぶんぶん | 2014.04.03 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/59365778

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢さんへおかげ参り その2:

« お伊勢さんへおかげ参り その1 | トップページ | お伊勢さんへおかげ参り その3 »