« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014.01.28

第45回お江戸オフ(西新井界隈と新年会)

 

今年初めてのお江戸オフが先週の土曜日25日にありました。

一時は体調不良でこれは無理か?と思いましたが、お江戸オフがあるからこそ体調を戻せる、そんな心と身体を持つ私です^^

お参りのご利益もあったのでしょう。翌日からめきめき元気になりました。

Tompeiさん企画コースはこちら。

東武線「大師前」駅13:30集合→西新井大師参拝(14時のお護摩参列)→(お茶「かふぇすぅる」)→国土安穏寺(徳川家ゆかりの寺)→赤羽家長屋門→島根鷲神社→炎天寺(小林一茶ゆかりの寺)→竹ノ塚⇒東武線・つくばエクスプレス⇒浅草→おでん「大多福」18時~ →浅草寺→浅草駅

昼のメンバーはお江戸三婆とゆれいさんとみるきいさんの5人。

西新井は未踏の地でわくわくしました。

三大厄除け大師にひとつというぐらいだから、とても立派。うんちくはTompeiさんが詳しく載せてくださっているのでお任せするとして私はお写真と感想のみを^^;

西新井大師

001006

004

008

011_4

川崎大師とはまた違って柴又の帝釈天っぽい風情を感じたのはこの山門が似ているせいでしょうか?

なんといっても御祈祷していただく部屋の畳が床暖房なのが気持ちよくありがたく感じました。この日はコートがいらないくらいの暖かさになると天気予報で言っていた割には暖かくならず寒かったのでした。

この山門の手前にお団子屋さんがあり桜桃さんと二人で並んで買ったのですが、これが後あと時間に響くとは予想だにせず(汗)

国土安穏寺

016017

御成門も立派ですし、御本堂の横の松が家光公のお手植えの松だとか。

このお寺さんは綺麗にお手入れが行き届いていて何ともずっといたいな~と思わせる場所でした。

お江戸オフで色々神社仏閣をまわっていると、肌にあう、あわない、怖く感じるとか、心のどこにも響いてこないところとかあるんですよ。単に好みの問題かもしれませんけどね。

赤羽家長屋門

018019

島根鷲神社

020021_2

白い鳥居がドーンと。これまた立派な神社でした。

鷲神社を参拝したところで5時を過ぎていたでしょうか。竹ノ塚の駅まで歩かなければいけません。

5時21分の電車に乗らないということで間に合うか微妙!炎天寺は省きましょうということになりました。

でも、桜桃さんのiphoneのナビに助けられて、小林一茶ゆかりの炎天寺の外だけ眺めてきました。道に迷ったら時間ロスになるから本当にこういう時スマホのアプリって便利。

炎天寺

023_2

もう暗いですよね。

後はひたすら駅を目指して駆け足ならぬ速足状態。病みあがりの私とみるきいさんは特についていくのに必死sweat01でも最後は余裕でトイレまで済ませて電車に乗れたのはさすがお江戸メンバーといえるでしょうscissors

宴会場所は浅草のおでん屋さん「大多福」

名前も縁起が良くていいよね~。中も江戸情緒たっぷり。

1_8230
おでんの画像はゆれいさんからお借りしました。

宴会から陶片木さんTOKIKOさん、惑さん、くっきもさんが加わり総勢9名。賑やかで楽しい新年会となりました。惑さんとは本当に久しぶりの再会となりました。長く続けていたからこその再会ですね。くっきもさんはアトランタから帰国して成田からキャリーケースを転がしての参加。嬉しいですねぇ~。

おでんって初めて外で食べたけど芯まで味が染みていてどれも本当に美味しかった~♪

この後夜の浅草寺へ皆でお参り。

ライトアップされた浅草寺と五重塔がまた美しいこと~。

3_67_2 2_72

な、なんと初めて浅草寺で大吉をひきました。浅草寺ではいつも凶ばっかりだったので嬉しい!しかも1番!良すぎて怖いので気を引き締めてこの1年頑張りたいと思いました。

4_52 1_81

 

今年はお江戸オフも50回を超えることでしょう。

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2014.01.27

トールペイント 節分

今日は今年になって初めてのトールペイント教室でした。

本当は先週だったのですが、熱を出してしまい日程を私だけ延期してもらいました。

この私が食べ物を見ても食べたくならない、アルコールも飲む気にならないというのはかなり異常なこと! 年齢のことは言いたくないけど、自分で気は若いつもりでいても、身体の方が正直なのかなぁと思ったり。でも熱はすぐに下がったからまだまだイケるね♪

とにかく節分が来る前に完成できて良かったです。

可愛いデザインはさん♪ちゃんオリジナルです。鬼が豆まきしてるのよ~。鰯も食べちゃったところがユーモアがあって好き。

29_2

この間のお江戸オフで陶片木さんからいただいた今年の干支のお馬ちゃんもさっそく飾っています。

それから、さん♪ちゃんからもお年賀にこんな可愛いマチ針をいただきました。

28

とっても可愛くて縫い物が楽しくなりそうです。どうもありがとうございました。

このまち針はやじゅんさん作です。とっても素敵なトンボ玉を作られていて私も隠れファンの一人です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.01.17

北鎌倉と鶴岡八幡宮へ

1月ももう半ばを過ぎてしまいましたね~。

昨日は義母と鎌倉まで出かけてきました。

まずはつつじさんのところで知った「百徳着物と背守り展」を見るために北鎌倉で下車。

27
私は着物に関して全く知識がないのだけど、和裁もする義母に話したら興味を示したのとこの北鎌倉古民家ミュージアムへ行ったことがないというので。

背は身を守るのに大切なところで、着物は背縫いによって霊魂が込められると昔の人は信じていました。しかし、子供の一つ身の着物は背縫いがないため、背後から魔物が入らないように、糸縫いや刺繍を施して魔よけにしたのです。

との説明がこのパンフレットに書かれてありました。

江戸時代からの着物も展示されており、昔の人が布をいかに貴重で大切に使っていたかがわかり、日ごろの自分の布の扱い方を反省しました^^;

義母は意外にこの背守りという糸縫いや刺繍は知らなくて縫ったことはないそうです。

すごく興味深かったようで何度も「良いものが見られて良かった~。」と言われたので連れていった甲斐がありました。

生まれた子供が無事に育たなかった時代、一針一針願いを込めたのだなぁと思うと改めて手作りって温かみがあってすごい力だなぁと思います。

私も今年こそはパッチワークのベッドカバーを完成させよう!

北鎌倉はこの古民家ミュージアムだけ寄りました。

電車で鎌倉まで移動し、小町通りにある回転寿司で食事をした後のんびりのんびり小町通りを通って鶴岡八幡宮まで行きました。

3_66_3

三が日はすごく混んでいたと思うけど、昨日の八幡宮はこんな感じですいていました。

この正面の階段は長くて手すりがついていなくて義母には無理かと思いましたが、横の狭い階段の方には手すりがついていて助かりました。

お参りを済ませて、ちょっと休んで牡丹園の方も覗いてきました。牡丹は見頃を迎えていて綺麗でしたよ~。

2_701_80

いいお散歩になりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.01.06

日本橋七福神巡り@2014

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は割合長いお休みで、それって主婦にとってはあまり休めないわけでしてsweat01今日から出勤。ようやくいつもの日常が戻ってきました。

さて、昨日5日に日本橋七福神巡りをしてきました。

今までは鎌倉平塚と七福神巡りをしてきたのですが、いまいち盛り上がりに欠ける神奈川県なので、今回は日本橋七福神巡りをしてきました。

一人で行こうと思っていたのですが、姉がお付き合いしてくれました。

私と違って車の運転をするのできっと地図が読めるだろうと姉をあてにしていたら、私同様方向音痴で、人に聞いたり地図をくるくるまわしながら7か所。たっぷり3時間かかってしまいました。

確かお江戸オフでもこのあたりを散策しているはずなのに、私ったら道を全く覚えていないし、本当に方向音痴!

人形町の駅から出発して

①小網神社→②茶ノ木神社→③松島神社→④水天宮仮宮→⑤笠間稲荷神社→⑥末廣神社→⑦椙森神社

①小網神社(福禄寿・弁財天)

1_77
稲荷神社を主祭神とする小網神社は約550年前悪疫鎮静の神として鎮座。社名も太田道灌が名付けたとされます。同神社のお守りを受け戦地に赴いた兵士全員が無事帰還したことから、近年「強運厄除の神」として信仰を集めています。

②茶ノ木神社(布袋尊)

2_68
「お茶の木様」と町内の人に親しまれている茶ノ木神社のご祭神は倉稲魂大神。

③松島神社(大国神)

3_64

この辺りは江戸時代の埋め立てが行われる前までは入り江の小島と言われていて、小島から夜毎燈火を掲げ船の航海の安全を得たと伝えられています。

今じゃビルの一階。神様も窮屈そうです。

この神社が一番行列が長くて、ご朱印をもらうのも一番時間がかかりました。

④水天宮仮宮(水天宮の境内 弁財天)

4_50

水天宮が現在建て替え中で明治座の前に仮宮となっていました。

ここもすごい人ですが、「七福神の方はこちらです~」と案内され弁財天さんの方は割合早く参拝できました。

⑤笠間稲荷神社(寿老神)

1_79
日本三大稲荷のひとつ笠間稲荷神社(茨城県)の東京別社です。

⑥末廣神社(毘沙門天)

2_69
明暦の大火で浅草に移るまで江戸時代の遊郭吉原があった場所です。吉原の氏神として信仰され、武士階級からは勝運祈願の神として崇敬が篤かったそうです。

⑦椙森(すぎのもり)神社(恵比寿神)

江戸時代は江戸三森(椙森、柳森、烏森)のひとつに数えられ、江戸名所図会にも載っています。

ここが最後にまわって気が抜けたのか写真を撮り忘れました(汗)

そして欲しかった宝船と御神像

4_51

色紙代2000円(ご朱印含)、宝船1500円、ご神像(500円×7)

Tompeiさんが2010年にまわられた頃よりお値段アップしていましたsweat01

新年からかなりの出費ですが、縁起物ですから~。新年から大金を出せば入るものも倍返しかも?(笑)

皆さまのところにも福が訪れますように。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »