« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013.05.23

鎌倉 光明寺のさつき

今日も朝から良いお天気で、最近では近所の散歩ぐらいじゃ物足りないという義母を鎌倉まで連れ出しました。

以前から一度足をのばしたいと思っていた材木座近くの光明寺へ。

鎌倉からバスで10分ほど。

光明寺は第4代執権北条経時の帰依を受けて然阿良忠上人が1243年に開山した、浄土宗の大本山です。

1_49

和様、唐様折衷の鎌倉最大の立派な山門。圧倒される大きさです。

2_50

本堂も立派。

3_49

古代蓮が咲くまでにはまだまだです。


そして、一番見たかったのはこの石庭

さつきが見ごろを迎えて綺麗でした。まるで京都にいるみたい~。

5_30_2

20_2

三尊五祖の庭

三尊とは阿弥陀如来、観音、勢至両菩薩(極楽浄土の仏様)

五祖とはお釈迦様から開山良忠上人に至るまでの念仏を広めた五人の高僧

その三尊五祖を石で表しています。

ここは鎌倉駅から離れているせいからかほとんど人がいなくて、私達の他にギャラリーは一人だけ。

いつまでも眺めていたい美しい庭園でした。

義母も感激して「こんな立派な庭園が無料で見せてもらえるなんてありがたい。」と帰りにもう一回本堂へ寄ってお賽銭を入れていました。

喜んでもらえて私も連れてきた甲斐があったというもの。

帰りに鎌倉の小町通りでぶらぶらしてきましたが、人が多くて義母を連れてはとても危なっかしい。申し訳ないけど鶴岡八幡宮には寄らずに引き返して帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.17

善光寺出開帳と出光美術館

今日はお天気の中、一人でお出かけしてきました。

両国回向院で今期間限定で信州の善光寺前立本尊の御開帳をしているのです。4月末から出開帳していたのに、全く知らなくてゆれいさんに教えていただきました。感謝です。

5_29

実家の母から善光寺のお念珠をもらっていたこともあって、いつか私もお参りしたいと思っていました。

19

でも遠くてなかなか行けないし、それが如来様の方からこちらに来てくださるというのですからこれはお参りしないと!

江戸時代に回向院で行われた善光寺の出開帳は60日間で1603万人の参詣があったほどの大変な人気でした。

今回この出開帳では東日本大震災で亡くなられた多くの方々のご供養と被災地の復興支援を目的としているので収益を全額被災地支援に充てるそうです。

参拝するのに1000円、お戒壇めぐりをするのに500円支払いました。

2_49

これは回向柱。この柱に触れることで本堂の御仏さまに触れるのと同じご利益があるそうです。以前、浅草寺でもこういうことしたっけ・・・

お戒壇めぐりは真っ暗な回廊を進み「極楽の錠前」に触れることで錠前の真裏におられる出開帳仏と結縁し、極楽往生が叶うと言われています。

真っ暗なので前の人の足を踏んだり、後ろから踏まれたり^^;

錠前に触れることができた時はちょっと感動しました。これで極楽往生できるぞと思ってしまう単純な私^^;

被災地から菩薩様も回向院の念仏堂の2階に安置されていましたが、瓦礫の中から奇跡的に発見されたのだと思うと感慨深いものがありました。

回向院を後にして、次は有楽町の出光美術館へ向かいました。

4_40
実は現国より古典の方が好きだった私、ちょっと興味があったのです。

絵を描いた土佐光吉という人物については全く無知でしたが王朝文学の世界に浸ってきました。古典をもう一回読み直そうかなぁ~。

学生時代に学んだことを本当に悲しいほど忘れてしまっています。変体仮名も習ったのに、忘れているし・・・絵に添えられた変体仮名の和歌、いちいち解説を見ないで読めたらどんなにいいことか。

この『源氏絵と伊勢絵』展のチケットは陶片木さんから招待券をいただきました。どうもありがとうございました。

今日は2か所寄ったらぐったり~。帰りの電車は爆睡でした^^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.05.14

第41回お江戸オフ(大神社展+神田祭)

先週末の5月11日は41回目のお江戸オフでした。

めったに降られないオフなのに本格的な雨にびっくり。

当初小石川界隈を歩くことになっていたのですが、急きょTompeiさんに変更をお願いしました。

この日は4年ぶりの神田祭が開かれるということもあって、博物館でお勉強をした後は神田明神に行ってお神輿を追いかけようということになりました。

14:00上野駅集合→国立博物館「大神社展」→(JR)→16:00お茶ノ水駅→神田明神→神田祭神幸祭見物→(丸の内線)→18:00宴会「北海道」後楽園店

東京国立博物館 平成館「大神社展」

1_46
国宝・重文160件大集合の神社パワー全開の神道美術展でした。

普段神社の奥に祀られていて私達が目にすることができない美術品ばかりですごく興味深かったです。

山の神、海の神というように自然の中に神を祀り、やがてそれが社殿となり、目に見えない神の像を作り、調度品がうまれ・・・とうまく言葉で表現できないけれど今の世まで伝えられていることが日本人の文化なんだなぁと。

博物館を出た後は神田明神へ。

2_47

祭礼中のみ見ることができる将門公のご神体像を初めて拝みました。

そんなに大きいものではないのに、ものすごく怖かった!次女の就職祈願してしまいましたがどうかお聞き届けくださいますように。

3_464_38

神田祭は徳川将軍、御台所が江戸城で上覧し、大奥女中も見物したところから江戸時代には天下祭と称されました。2年に一回開かれるのですが、2011年の大震災の為に中止されたため今回は4年ぶりの開催。

朝8時半から神々が乗る鳳輦(ほうれん)や神輿や山車が氏子町会を巡行しているというので、その鳳輦を求めて追いかけました。

やっとの思いで巡り合えた時は嬉しくてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってな気分でしたよ。

ボケボケ写真で失礼。素晴らしい臨場感あふれるお写真はhichaさんのところでどうぞ。

5_27 3_47

4_39_22_48_2

 

博物館を出た時は正直ちょっと見学疲れをしていたのですが、お祭りって疲れがふっとびますね!見ているだけで気分が高揚してこちらまでパワーをもらいました。

本当に壮麗なお祭りでした。

神輿をかついだわけでもないのに、興奮して喉がからっからになった私達が次に移動した場所は言うまでもありません。

5_28
「北海道」後楽園店にて乾杯!個室で騒げて楽しかった~♪

今回は雨でしたが、雨だったから神田祭をじっくり見られたわけでお江戸の将門公に呼ばれたようなオフになりました。

Tompeiさん桜桃さん陶片木さんhichaさん、TOKIKOさん、ゆれいさん、Leafさん、みるきいさん、どうもありがとうございました。また次の機会ご一緒できますように。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2013.05.02

GW前半

今年のGWが始まりました。皆さんいかがお過ごしですか?

昨年の今頃、私は海外に行っていました。あれから1年が経ったなんて早いな~。行ける時に行っておいてよかったと思うこのごろです。

さて、今年のGWはというと、またまた私、家族の許可を得て女子会一泊旅行に出かけちゃいました。

ブラスバンド女子会ってところでしょうか。(女子じゃないだろーって突っ込みはなしで宜しく^^;)

今年は50歳という節目の歳。震災以来会いたい人に会っておきたいと思うようになりました。

横浜組は3人、埼玉から1人、静岡の掛川から2人で桜木町で待ち合わせしました。

もうね、35年ぶりくらいに会う人もいて久しぶりの再会に駅の改札口でキャーキャーわーわーでした。

003

ぷかり桟橋のレストランぴあ21で食事してそれからシーバスに乗ってちょこっと横浜観光。

005009_3

009_2港の見える丘公園と外人墓地

009

そして三浦海岸へ移動

泊まったところはまほろばマインズ三浦

リゾートマンションとして売り出そうとしたところ、温泉が出たからホテルにしたらしいです。

一度行ってみたかったのよね。すごく良かったです。

6人一室で泊まれる広さなのが嬉しいです。ベッドがあるけど、和室に6枚お布団が敷ける広さでした。

窓からの眺めが抜群!

015
西の窓からは夕焼けに浮かび上がる富士山

017

食事はバイキングだけど、種類が多くてとっても美味しかったです!

翌日は油壺の水族館へ行き、周りはファミリーの中、おばちゃん達はイルカのショーを見ました。いくつになったって水族館は楽しめます。

三崎口で漬けまぐろ丼を食べて解散しましたが、本当に楽しい時間を過ごしました。

皆変わっていないし歳を忘れちゃいますね。やっぱり人間の根っこっていくつになっても変わらないんだと思いました。

それにしても半世紀生きてくると、人生色々。まさか嘘でしょ?と思うようなことが起きたりして、それでも明るく人生を謳歌している姿を見ると私も人生楽しまなきゃ損!と刺激を受けて帰ってきました。

年に一回くらいこういう機会が持てるといいなぁ~。今回声かけ、ホテルの予約等してくれた友人に感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »