« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013.04.16

北鎌倉散策

昨日からやっとお天気がポカポカ陽気になってきました。

通称あじさい会メンバー(つつじさん、riroさん、さん♪ちゃん)で北鎌倉を散策してきました。

今、北鎌倉では「KANHIKARI ART EXPO」というのを4月21日まで開催中で円覚寺、建長寺、浄智寺で芸術家の作品を展示しています。その作品を鑑賞しながらぶらぶらと。

建長寺

2_44

1_43

牡丹が綺麗に咲き誇っていました。

5_24_3

いつかこの襖絵の前で座禅を組みたい。そして無の境地に浸りたい・・・

1_44

こんなお庭を眺めていると時間を忘れます。

ランチはつつじさんお勧めのところで。美味しかった~。

3_44

浄智寺界隈

4_36

とても静かです。白いシャガの花が綺麗。

2_46

浄智寺の竹の子ニョキ~ン♪

つつじさん宅にも寄らせていただきました。毎度すみません。

5_253_45
ハニーちゃんは歓待してくれたけど、影千代ちゃんは窓越しにしか面会できず。嫌われちゃったsweat01

楽しい時間はあっという間。居心地がいいのでついつい長居してしまいますが、

もうひとつ寄りたいところがあったのでした。

5_26_2

北鎌倉古民家ミュージアムでネコ・エキスポ2013

5月19日まで開催中です。

素敵な猫作品が沢山!猫好きな方は必見ですよ。買えますよ。

昨日はとっても楽しい充実した一日でした。

つつじさんriroさんさん♪ちゃん、どうもありがとうございました。

またお会いしましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.04.13

神楽坂あゆみギャラリー

昨日はTOKIKOさんの出展を口実に神楽坂をお江戸のお仲間達とぶらぶらしてきました。

ブラッスリー・グーのランチ

1_422_42

前菜とメインとあって1050円のお値段はお安い!前菜のたまねぎのキッシュが絶品でした。予約してくださったpegaさん、ありがとうございました。

あゆみギャラリー

3_421_41_3

TOKIKOさんのお洋服とHさんのアクセサリーがこのとっても素敵な建物にぴったり。

初日とあって大勢のお客様がいるなか、着たり脱いだりしてTOKIKOさんのお洋服ゲット♪

4_34_2

猫ちゃんのかわいいお店

5_23_2

毘沙門天さんの善国寺では藤棚が満開。花みずきも満開。

今年は桜から始まり、全てのお花が1ケ月早いような気がします。

昨日は肌寒かったですが、これからは上着がいらなくなるでしょうしお出かけが楽しくなる時期ですね。

半日でしたがリフレッシュできました。TOKIKOさん、終了日まで頑張ってくださいね。

ご一緒してくださった皆様、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.04.04

江戸博の「八重の桜」展へ

今日は江戸東京博物館の「八重の桜」特別展へ行ってきました。

17

去年のNHK大河ドラマ「平清盛」は難解で最後まで見ることができなかったのですが、今回は女性が主役ということで毎週楽しみに見ています。

私は新島八重という人を今まで全く知りませんでした。それに幕末というと薩摩と長州の視点ばかりで今まで会津に焦点を合わせたドラマってあんまりなかったような気がするので、会津の悲劇が今回の大河ドラマでようやくわかるようになりました。

ドラマも始まって3カ月、新島八重よりも山本覚馬の方が主役という気も無きにしも非ずですが、この特別展を見て山本覚馬の存在が八重の人生に大きく影響したのだなということがよくわかりました。

とにかくこの新島八重はたくましい女性です。綾瀬はるかじゃ可愛すぎるかも~。

ドラマでは最初の結婚をするところですが、これからが会津戦争やら波乱の人生が始まるというところ。

二度目の結婚で新島襄の妻となるも、(一度目は離縁なのね~。びっくり)新島襄は48歳で亡くなってしまうわけで、その後の人生は日本赤十字社の活動に身をささげ88歳で亡くなりました。

結婚してからは銃を持つ生活から聖書を持つ生活に。展示物の中には八重の書いた英文もありましたし、洋風の生活の一端を知る部屋もありかなり興味深かったです。

人生に無駄がないというか、自分をしっかり持って流されないまっすぐな生き方に感動しました。同じ女性として私はなまっちょろいぬるい生活を送っているなぁ~と恥ずかしい気持ちになりました。

とにかく最後まであきらめない、強くたくましい女性で今までドラマにならなかったのが不思議。

NHKドラマを見ていないと面白くないかもしれませんが、特に女性に見てほしい特別展ですね~。かなりおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »