« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013.02.28

完成

今日で2月も最終日。

もともと短い月とはいえ、あっという間でした。あれやこれやと用事が多かった割に長く感じた1月に比べ、家にいる日の方が多かった2月の方が短く感じました。

今日は暖かい一日でそれだけでなんとなく気分がうきうき。さん♪ちゃん宅でお雛様プレートを完成させてきました。

私の作品

3_39_3

ふくちゃんの作品

4_31

そんなに大きなプレートではないのに、3回かかりました。意外と見えないところに手間がかかっています。3月3日までに間に合ってよかった~。

季節物は飾る楽しみがあっていいので、12か月分カレンダーみたいに交換できるといいな~。さん♪ちゃん先生、よろしくお願いいたします!

さて、もうひとつやりかけだったもの。

刺繍のテーブルセンタークロスも完成しました。久しぶりの刺繍に四苦八苦。

1_38

全体像写真はボケボケだったね^^;

2_38

テントウ虫がとまっているの^^

これも春らしい絵柄だったから季節に間に合って良かったです。

この間のベッドカバーは

5_21

コチラはまだまだ時間がかかりそう~。今年中の課題だな^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.02.26

「飛騨の円空」展へ

今日は良い天気で午後から思い立ったが吉日で、以前から観に行きたかった「飛騨の円空」展を観に上野の国立博物館まで行ってきました。

いままで何度も通ったのに気付かなかった上野公園のマンホール

1_37

桜の絵。納得!

4_30

円空は江戸時代17世紀後半北海道から近畿まで諸国を巡り、滞在した村に仏像を残しました。

今回は飛騨千光寺所蔵の円空仏を中心に岐阜県高山所在の100体を展示しています。

円空仏のほとんどは代採した木を断ち割り丸彫りしたもので、本当にどのお顔も優しく慈愛に満ちたお顔でした。

7年に一度しか公開されないという秘仏「歓喜天立像」も展示されていて、360度見られるからすごく興味深かったです。

千手観音菩薩立像の美しく神々しいお姿にうっとり。思わず手を合わせている方も多かったです。

一番私が好きなのは如意輪観音菩薩坐像

パンフレットのから拝借

11
如意観音菩薩像って割と官能的なものが多くて、それはそれでうっとりするのだけど、円空の彫られた観音様はにっこり微笑まれていてすごく癒されました。あぁ、欲しい!毎日眺めたり手を合わせたりさすりたい^^

やっぱり木彫りというのが温もりを感じていいんでしょうね。

会場は狭く人も多かったのですが、午後に行ったのが意外と良かったのかもしれません。

思ったよりじっくりと見ることができました。

ご興味のある方はぜひ行ってみてください。4月7日までです。

今年は月に一回は博物館や美術館に行けるといいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.19

やりかけのもの

昨日は雨水。寒さが和らぎ氷も融けて水になるという暦の日でしたが、今日は冬に逆戻り。横浜は雪。あれあれ?いつの間にやら屋根にも雪がうっすら積り始めています。

そんな日は朝からチクチク縫いましょってことで、もう6年越しくらいのパッチワークをひっぱり出してきて、やっとトップを仕上げました。ベッドカバーだから大変なの。

2_36
配色がいまいち気に入らなくてどうもやる気がせず、何年も押し入れに眠らせていたのですがごんおばちゃまの片付けの押し入れをやるたびにこれがひっかかる^^;

仕上げなきゃ!夏前にやらなきゃまた1年が過ぎてしまう。ってことで・・・

これからがまだ道のりが長いんだけどね~。キルト綿と裏布としつけまで出来たのでなんとかなるか?

さて、もうひとつやりかけのもの。

昨日さん♪ちゃん宅でお雛様のプレートをすすめてきました。

1_35

こちらは間違いなく間もなく完成です。

部屋が春らしくなるからもう飾っています。早く春よ来い!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.02.13

鎌倉山へ

今日はご近所友達の急なお誘いにのっかり、鎌倉山までドライブしてきました。

昨日にうってかわって今日は良い天気になり、風はあったものの暖かく感じました。

お昼は檑亭へ。立派な山門です。

2_32
昔は個人の別荘だったようですが昭和44年からお蕎麦、会席料理の店としてこのあたりでは有名なお店です。一度来てみたかったので誘ってくれた友人に感謝です。

約5万平方メートルに及ぶ庭は廻遊式庭園と呼ばれる様式だとか。

海が見える高台。鎌倉山っていうしね^^

3_34

1_32

このお食事処、本館は横浜市戸塚の豪農、猪熊家の旧宅を移転改築したものだそうです。

5_204_27

山かけそばをいただきました。
濃い色のおつゆの割に辛くはなくて、まぁお味は普通かなぁ~。

鎌倉山の檑亭を出た後は場所を変えてお茶ですcafe

5_19
ハウスオブポタリー

一階が雑貨やさんで二回がカフェになっていてそれはもう素敵なお店でした。

4_263_33_2

3_36

3_33

イギリスに行ったみたい~(行ったことないけど^^;)

3_36_2 2_31

檑亭は和。カフェは洋。混在しても全く違和感を感じない鎌倉山でした。

楽しい時間はあっという間なのよね~。帰るの厭だなぁ~と。

でも帰ってきたら義母もご近所友達とお茶をしていたのでほっとした嫁なのでした^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.10

吾妻山公園

3連休の中日の今日は風もなく穏やかでした。

春を探しに二宮の吾妻山公園まで出かけてきました。

300段近くの階段を上り、はぁはぁぜいぜい。 途中すいせんが一面に咲いているところもあり、良い香りがしました。

001

頂上まで登るとこんな美しい景色が広がっていて感動!

 

007

菜の花と富士山のコラボ。春ですねぇ~。桜の木も沢山あるから4月もいいでしょうね。

004

黄色いじゅうたんと海。

お天気に誘われてずいぶん人が出ていました。吾妻山は万葉集にも歌われた場所です。

遠くに真鶴半島も見えて、いつまでも眺めていたい景色でした。

これからどんどんお花も咲き始めてお出かけするのが楽しみな季節ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.02.03

第39回お江戸オフ(鎌倉初詣)

昨日土曜日に新春お江戸オフをしてきました。鎌倉ということで、今回ばかりは自宅から30分の近さの私が企画実行いたしました。

この日はあいにく朝から雨で、東京は早めに雨がやんだようなのですが、こちらは回復が遅れ集合時間の10時半も雨でした。う~ん、テンションさがる~。

とはいえ途中から暑いくらいの晴天になり、帰りは傘がじゃまになりました。

さて、今回のコース。どこへ皆さんをご案内するか・・・

どうせなら人が少なくて駅からちょっと離れた鎌倉の風情のあるお寺。それに初詣の鶴岡八幡宮を組み合わせてというと・・・

こんな感じになりました。

鎌倉駅10時半集合→(バス利用 浄明寺前下車)→報国寺→杉本寺→12時こふくにて昼食→鶴岡八幡宮(牡丹園鑑賞)→小町通り散策→解散3時ごろ

報國寺

2_311_34

雨が降っていたので、お抹茶をいただきながら雨宿りしていましたが、竹林に雨は似合いますね~。ここは私の大好きなお寺で、自分の心がざわついた時にここでお茶をいただきながら竹のお庭を眺めていると不思議と心が落ち着いて癒されます。禅のお寺だからかな?

そこにお江戸のお仲間をお連れすることができて私も嬉しかったです。

足利一族のお墓(やぐら)

3_32

ロウバイの香りが雨のおかげで強く感じたような気がします。

杉本寺

鎌倉最古の寺

5_194_25_3

写真は撮っていませんが、ここの弁財天はパワーがあると私はひそかに思っています。

杉本寺は中にあがって御本尊の観音様を見せていただけるのがすごくありがたく、皆で手を合わせてきました。

私はひたすら次女の就職祈願です^^

お昼は杉本寺近くの「こふく」で食べました。

うっかり通り過ぎてしまうようなところにあります^^;

3_31こんな感じの古民家でお座敷です。

3_332_30_2

二段重ね弁当はバラちらしに銀むつの煮つけ、さっくさくの揚げたて天ぷら。ごま豆腐に卵焼き等。デザートは抹茶アイス。ひとつひとつが丁寧に作られているなと思いました。

美味しかった~。想像以上の満腹感でした。税込1800円ですが安いと思いました。

ちなみに昼も夜も完全予約制で、予約する時にメニューを決めておかなければいけません。

鶴岡八幡宮

お天気になったから、人が増えてきたけどいつもよりはすいているような気がしました。

4_24

今が見ごろの牡丹園

5_17_2

雨に弱い牡丹は傘をかぶせたり閉じたり、お世話が大変だと思います。

3_30_25_18_2

5_18この後小町通りをぶらぶらあちこち覗き、駅前のマックでコーヒーを飲んで解散しました。

ご一緒してくださったTompeiさんhichaさんTOKIKOさん陶片木さん、ゆれいさん、くっきもさん、不慣れな幹事でしたが皆さんのお写真が素晴らしくてお連れした甲斐がありました。どうもありがとうございました。

鎌倉は本当に良いところなのでまだまだお連れしたいところが沢山あります。

またの機会にお付き合いくださいね~。

 


2_30

4_25_2

4_25

| | コメント (17) | トラックバック (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »