« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012.09.21

片付けと掃除とトールと

前回記事を書いたのが9月4日。今日は21日。またまたすっかりご無沙汰してしまいました^^;

習慣って恐ろしいですね。ちょっとブログから離れて平気になると更新が面倒になって、途絶えても全く気にならなくなる。

昔は毎日更新しないと気持ち悪い時期があったのに・・・

前回の記事で片付けをしていると書きましたが、毎日抜き作業をしているとそれも習慣になって毎日30分抜き作業をしないと気持ち悪くなってくるんです。

それで、かなり、今回ばかりはかなり家の中が片付いてきました。

ほんと、今まで何やっても駄目だったという方にごんおばちゃまの片付け方法をぜひお勧めしたいです。

結局私がこの30分の片付け方法で学んだことというのは片付けというのは毎日しなくてはいけないということ。

だけど、物がありすぎて物の住所が決まらないからなんとなく雑然としていて掃除が億劫になる。

使わないものを仕舞い込んでいるから使うものをしまえない。

洋服だってそのあたりに積んでいるものの方が着ていて、いつか着ると思っているものを仕舞い込んでいたり・・・

博物館や美術館のパンフレットの類、もらってきてはPPボックスに仕舞い込んでいたけど、それを後で見るか?っていえばNO。考えてみたらブログにアップしているし、今はインターネットがあるんだもの。取っておく必要なんてないのでした。4段PPボックスごと処分したらすっきり。

本来使うものをしまわなきゃいけない場所がすでに埋まっているから片付かないんだと気付きました。

とはいえ、うちにはロフトもあってまだまだ時間はかかります。でも、毎日30分だけタイマーをかけてコツコツとやって片付けていこうと思います。

継続は力なり。

さて、昨日は久しぶりにトールペイントの日でした。ブルーベリーの実を描くのに苦労しました。相変わらずへたくそだけど、可愛く出来ました。

いつも鍵が迷子になっちゃうから、キーフックね。

11_2

うちを綺麗にして好きなものに囲まれて生活ができたらいいですよねheart01

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012.09.04

掃除の神様降臨

もし、余命何年とわかったら・・・何をしますか?

なんていきなり重い話でびっくりしちゃいますね。別に具合が悪いわけではありません。

この残暑厳しい中、暑さに負けずぷくぷくころころしているぶんぶんですのでご安心を^^;

ただ明日何がどう起きるかわからないってことを3.11の震災や義母の事故で痛感したわけでして。

で、私の場合。

子供もある程度大きくしたし、念願の海外旅行も行けたし、これ以上の欲はそれほどない・・・(そりゃ死ぬほどビールを飲みたいとか、温泉行きたいとかあるっちゃあるけど)

でも今いきなり死んだとしてうちに誰か入って、「あら~、散らかった部屋だねぇ~」と思われるのが心残り。あの世に行けなくてあちこち片付けし始めそう~。

もちろん我が家は定期的に掃除もしているし汚部屋というほどは汚れてないのですが、やたら物が多くて雑然としている印象があって、常日頃なんとかしたいと思っていました。

長年私のブログを読んでいる方はしょっちゅう片付けをしているのもご存じかと。

最近では近まりさんのお片付けで洋服もだいぶ減らしたものの、片付けは祭りで一気にやるというのを一気にやらなかったから、中途半端に終わってしまいました。

で、少し前に知ったのがコチラ「ごんおばちゃまの暮らし方

最初はブログを読んでいるだけだったけど、本も欲しくなって「すっきり幸せ簡単!片付け術」もゲット。

ただいま第11期片付け隊が片付け中。本当は私も片付け隊に入りたかったのだけど、もたもたしているうちに募集が終わってしまいました。219名が一斉に同じところを同じ日に掃除しているって、すごい!

私は隠れ隊としてごんおばちゃまが書いた本の通りに1週間前から掃除中です。

毎日タイマーを30分だけかけて抜き作業。最初はひたすら抜くだけで移動しちゃいけないのだけど、空いたスペースに移動したくてむずむず。

本の通りに1週間続けたら、かなり物が減らせてきたし、掃除が楽しくなってきました。

今日は2度目の玄関だったのだけど、前回傘6本、靴も6足抜いたので今日は抜くものもなく、玄関掃いてたたきを拭いてすっきり。これからは誰かが来たからって慌てて靴をしまうこともないかな。

毎日30分だけなら続けられるし、物は増えない。そう確信しました。物と向かい合うことは今の自分に何が必要か、何が好きで何が似合うかを知ることでもあるんですねぇ~。

いや~、久々に語っちゃったわ~ん^^長々とお付き合いありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »