« 中欧古都紀行8日間の旅(5月2日その1) | トップページ | 中欧古都紀行8日間の旅(帰国と感じたこと諸々) »

2012.05.29

中欧古都旅行8日間の旅(5月2日その2)

6日目プラハ午後の自由行動散策

旧市街広場を散策

有名なヤン・フス像がボケボケでうまく撮れてなかったので、割愛。


旧市庁舎の時計塔

Img_2495_2_3

仕掛け人形、天文時計、その下がカレンダー時計でそれぞれ独立した仕掛けになっています。

Gw_017

天文時計ばかりに見とれてしまい、なぜか旧市庁舎の全体像を撮っていなかったのが悔やまれます(汗)

この仕掛け時計には伝説があります。時計職人ハヌシュによって造られたこの仕掛け時計があまりに見事だったためにヨーロッパの他の町からも仕掛け時計を造ってくれるように依頼が来るようになりました。しかしプラハ市長は他の町が同じような時計を持つことを望まず彼の目を焼くように命令を下したという、恐ろしい伝説wobbly

旧市庁舎の前の十字架

Gw_019

この十字架も「白山の戦い」のあとに処刑された27人の場所の跡ですshock
その処刑の仕方もかなり残酷。手を切断してから首を切り・・・というような。

その首を旧市街橋塔に10年間もつるしていたというから恐ろしい~。

何も囲ってはなくて、観光客が踏んでしまうようなところにあるのがまたなんともいえず・・・

2つの尖塔が特徴のティーン教会

Gw_016

この教会ではかつての君主の戴冠式や結婚式などが行われました。

聖ミクラーシュ教会

Gw_020
バロック様式の美しい教会です。
ボヘミアングラスでできたシャンデリアが綺麗でした。

旧市街広場は今は活気でにぎわっているけれど、その歴史は決して明るいものではなかったわけで・・・

でも、どこの国も似たようなものか?

他にも火薬塔とか色々通りましたが、上まで登ってみる元気がなくて後はお土産買ったりしまして、夕食。(火薬塔やヤン・フス像の写真はやはり桜桃さんのところでどうぞ。)

夕食も自由行動だったのですが、ツアー最後の夜ということで他の皆さんと一緒に市民会館の地下のビアガーデンに行きました。

市民会館

Gw_001


アールヌーボー様式で市民の社交場となっています。

ここのビアホールがとてもいい感じで、あ~、お江戸オフの皆で来たら楽しいだろうなぁ~なんて思いました^^

Gw_006

サラダ、これで一人前。6人でわけてちょうどいいくらい。外人さんからしたら日本の居酒屋って高く感じるでしょうね。

Gw_008_2

初めてパスタがあったことに驚き!とはいえ、すっごく太い麺でした。

せっかくだから家族の写真を小さく載せておきましょうかね。

Gw_003
この時もたった2杯しか飲んでいないのに、母から「飲みすぎ」と叱られた私。姉だって私といつも同じ2杯飲んでいるのに納得できなかったわ~dash

と、まぁだいぶはしょってしまいましたが、プラハ最後の夜を楽しみ翌日はいよいよ帰国です。旅行記もあと1回お付き合いください。

|

« 中欧古都紀行8日間の旅(5月2日その1) | トップページ | 中欧古都紀行8日間の旅(帰国と感じたこと諸々) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほんと
皆でこんなステキな場所で飲めたら
楽しいだろうな~(^^)

投稿: TOKIKO | 2012.06.11 15:23

TOKIKOさん、コメントありがとうございます。

そうなの~。すごく雰囲気のあるビアガーデンで皆で飲みたいと思いました。
アコーディオンピアノの生演奏もあって良かったですよ~。
なにしろ、つまみの一人分が大量だから私達向き(笑)

投稿: ぶんぶん | 2012.06.11 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/54805762

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧古都旅行8日間の旅(5月2日その2):

« 中欧古都紀行8日間の旅(5月2日その1) | トップページ | 中欧古都紀行8日間の旅(帰国と感じたこと諸々) »