« 週末の哀しい出来事 | トップページ | 中欧古都旅行8日間の旅(5月2日その2) »

2012.05.26

中欧古都紀行8日間の旅(5月2日その1)

色々あって、中断してしまいましたが気を取り直して旅行記のつづきです。

6日目は終日プラハでした。翌日はもう空港なので実質観光も最後。

プラハ城から見学です。

プラハ城に関しての説明はまたもや桜桃さんの日記にお任せすることに^^;

Gw_028

Img_2507


この衛兵さんと写真を撮りました^^衛兵さんって微動だにしなくて、観光客に繰り返し写真を撮られている間、どんなこと考えてるんでしょうね~。

第二中庭のコールの噴水

Img_2508


プラハ城正門

Gw_034
正門の上の二体の戦う巨人像にドキドキしました。

日本でいえば仁王門って感じ?迫力あります。

Gw_044


Gw_035

こういう風景、いかにも外国って感じ。絵になりますね~。

このフラッチャニ広場からの眺めがとても素晴らしかったのですが、お天気すぎてもやっちゃってます。

Gw_040


さて、一番楽しみにしていた聖ヴィート大聖堂

Gw_045


あ~、なんて美しいんでしょう。ゴシック様式、私一番好きかも~。

中に入ると天井が高いこと!そして美しいステンドグラスの数々。これは2万6000枚のガラス片を使用しているそうです。

Gw_049


Img_2517_2

Img_2518

↑これが有名なムハ(ミュシャ)のステンドグラス。美しい~~。

ネポムツキーの墓

ネポムツキーはチェコの守護聖人で王の嫌疑によりカレル橋から投げ捨てられて殉教しました。

P1090311_3


18世紀初めの作で国宝級の豪華さです。


Gw_052


大聖堂の裏側。何年もかかっているから壁の色も違っていて、それはそれで歴史を感じさせる建物でした。

聖イジー教会

Gw_054


プラハ城内最古のロマネスク建築の教会です。天井が確か木だったと思う・・・

黄金小路

Gw_055


16世紀ルドルフ2世がこの地に錬金術師を集めて住まわせたという伝説から名づけられたとされていますが、実際は金細工の職人の居住地でした。

水色の家がカフカの仕事場として使用された場所。現在はお土産屋さんになっています。

とにかくかわいい家ばかりで時間があったらお土産を買いたかったです~。

ヴルタヴァ川に架かる橋の中で最も古い歴史を誇るカレル橋

Gw_065

ガイドさんに「ここは人が多くてスリがいるから荷物に気をつけてください」と何度も言われました。
橋の欄干に聖像彫刻30体があり、中には修復中のものもありました。

一番人気の聖像はコレ

聖ヤン・ネポムツキー

P1090326


台座の図柄を触ると幸福になるという言い伝えがあるので、しっかり触ってきました。テカテカしてましたよ^^

カレル橋から先ほどのプラハ城方面を眺めると

P1090328


カレル橋を渡り終えて、お昼です。「ウ・モドレー・カフニチキ」というお店

なんでも小泉元首相が食べたのと同じ鴨のローストをメインにしたメニューだそうです^^

Gw_075Gw_076_4

Gw_079_4 デザートまで美味しかった~。今までの中で一番美味しかった気がしました。

そして午後から自由行動。この時点で結構歩いているのでへとへと^^;

つづく

|

« 週末の哀しい出来事 | トップページ | 中欧古都旅行8日間の旅(5月2日その2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>色々あって、

少しは、お気持ち落ち着かれましたか

お話の世界のような景色とともに
旅行記楽しませていただいてます


投稿: yoshi | 2012.05.27 23:43

二度行った気分です^^
リンクありがとうございました。

黄金小路、私たちは改修中で行けなかったの。可愛いところなんですね~

カレル橋のレリーフ、本物戻ってきてたんですね。さわれて良かった良かった。

また行きたい~。チェコ大好き☆寒さは厳しいんでしょうけどね。

投稿: 桜桃 | 2012.05.28 08:36

もやっちゃったという写真はハイジがクララのお家から
見てたのと似てる気がしました(^^)
『山に帰りたい…』とホームシックになっちゃうシーンの…

ステンドグラスは実際に見ると感動だよね~
ちなみにステンドグラスって、
西日があたると一番きれいに見えるそうです。
マイホームにステンドグラスをつける際は
是非、西日が当たる窓に付けてくださいませ(^^)v

投稿: さん♪ | 2012.05.28 10:25

yoshiさん、桜桃さん、さん♪ちゃん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

yoshiさん

>少しは、お気持ち落ち着かれましたか

ありがとうございます。
まだそこかしこに友人がいるような気がして探してしまいます。

>お話の世界のような景色とともに
旅行記楽しませていただいてます

あと2回で終わると思いますので、お暇な時に覗いてくださいね。


桜桃さん

懐かしい景色でしたでしょう?
黄金の小路、本当に奥行きの狭い天井も低いお店がずらりと並んでいて、とってもかわいかったですよ~。

>また行きたい~。チェコ大好き☆

ビールが安くて美味しいですもんね~^^

桜桃さんの旅行記をチェックして自由行動でストラホフ修道院まで行きたかったんですけど、疲れちゃって行けませんでした。それが残念!


さん♪ちゃん

アルプスの少女ハイジってどこが舞台でしたっけ?
実はクララが歩けるシーンの一部しか知らない私(汗)

>ちなみにステンドグラスって、
西日があたると一番きれいに見えるそうです。

へぇ~、でもそんな気がします。
ステンドグラスってすっごく高いのよね。
うちにはとりつけられそうもないわ~~(笑)

投稿: ぶんぶん | 2012.05.28 19:37

クララのお家は確か「ドイツ」だったと思います。
クララのお相手をするために連れて行かれるのよね…
でもアルプスの山が恋しくて夢遊病になってしまうの。
それでかわいそうだからと山に返してもらって元気になって
今度はクララがハイジを追いかけてアルプスに来て
ハイジやペーターと一緒に山で暮らすうちに
クララも元気になってやがて歩けるようになるんだよ(^^)v
…かなり大雑把な説明ですけど…(^_^;)

私も都会にいると山や畑が恋しくて
ハイジ状態になってしまうのです…
夫君は「都会のねずみ」なので田舎には住めないみたい
横浜あたりがちょうどいいのかも…
今日も散歩中いろんな種を採取してきた(*^ー^*)♪


投稿: さん♪ | 2012.05.28 23:55

さん♪ちゃん、どうも詳しくありがとうございます。

ドイツでしたか~。
じゃあ、ヨーロッパだし雰囲気が似ているのはわかりますね。

アルプスの山、ザルツブルクで見えたけど良いところだものね~。
空気もいいし。

さん♪ちゃんもお山に帰りたい?っていうとお猿みたいだねぇ~smile

投稿: ぶんぶん | 2012.05.29 16:14

ハイジは泣きました。
アニメの時代はいい年してしっかり見てましたよ。(笑)

ヨーロッパの景色は日本とは全く違い美しいですね。
チェコも行ってみたい国です。

投稿: 陶片木 | 2012.05.29 21:15

はい(^^ゞ夫君がお猿さんだから似てきちゃったのでしょう(爆)

投稿: さん♪ | 2012.05.29 21:24

陶片木さん、さん♪ちゃん、こんばんは。コメントありがとうございます。


陶片木さん、昔からアニメがお好きだったんですね。
私はテレビのアニメは魔法使いサリーちゃんとか秘密のアッコちゃんとか魔法系を(^O^)


さん♪ちゃん、

旦那様はお猿さんには似てないけど?
でも夫婦仲良しだと似てくるよね♪

投稿: ぶんぶん | 2012.05.30 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/54741401

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧古都紀行8日間の旅(5月2日その1):

« 週末の哀しい出来事 | トップページ | 中欧古都旅行8日間の旅(5月2日その2) »