« 中欧古都紀行8日間の旅(4月27日) | トップページ | 中欧古都紀行8日間の旅(4月28日その2) »

2012.05.11

中欧古都紀行8日間の旅(4月28日その1)

さぁ2日目です。

この日はザルツブルク市内観光で歩いてまわった後、バスに乗って美しい湖水地帯ザルツカンマーグートへ行き、世界遺産ハルシュタットで湖の遊覧を楽しむという行程。

朝から雲ひとつない青空。からっとしてはいるけれど、のどが異常に渇きます。バスでペットボトルの水を売ってくれるので、助かりました。

ザルツブルクは映画『サウンドオブミュージック』の舞台になった場所です。

あの映画は随分前のものだけど、あの映画と全く同じ変わらない風景がありました。

Gw_016_2
ミラベル庭園

すごく広いです。写し方が悪いけど、すごく綺麗です。

山の上にそそり立つのはホーエンザルツブルク城

Gw_015
ミラベル宮殿(斜めから撮ってます。写真はクリックすると大きくなります。)

ピンク色の花が咲いている木、わかりますか?八重桜です。日本の八重桜が外国で咲いているとすごく嬉しい!

ミラベル宮殿は現在は市役所として使われています。

Gw_020Gw_022


ここもここも映画の中でマリアと子供たちが歌いながら通った場所だと思うと興奮!
Gw_030

ザルツァッハ川の向こうに見えるのが旧市街で、橋を渡って旧市街へ行きます。

Gw_041

ゲトライデガッセを抜けていきます。

ゲトライデガッセは日本でいえば商店通りといえばいいんでしょうか?

お店の看板がどこもとっても素敵でした。

Gw_037_2

マックの看板、かわい~い♪あちこち覗いてみたいけど、そこがツアーの悲しいところ。迷子になるからひたすら後を付いていくしかない^^;;

Gw_040


モーツァルトの生家。アパートの3階部分だけです。

中は撮影禁止。外見は綺麗だけど、中はその当時のままです。昔はトイレがなくベッドの下に容器を置いておいて、用を足し終わるとそれを川に捨てにいったんだとか・・・だから不衛生でペストが流行ったり香水が発達したんでしょうね。

Gw_042

ウニヴェルズィテート広場には色とりどりの野菜果物が並んで、日本の八百屋さんって感じだけどお洒落に見えますね~。

Gw_046


1200年の歴史を刻むザルツブルク大聖堂

Gw_044


祝祭劇場

世界最大の音楽フェスティバルのメイン会場です。

Gw_050


一番左端の薄いグリーン色のカフェはモーツァルトも訪れたという最古のカフェです。残っていることがすごいわよね~。

沢山の人でにぎわっていました。

28日午後のザルツマ-グートは次の記事につなげます。

|

« 中欧古都紀行8日間の旅(4月27日) | トップページ | 中欧古都紀行8日間の旅(4月28日その2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

わ〜^^どこも懐かしい!
凄く写真もキレイですね☆

手前にもっと「サウンドオブミュージック」を勉強していけば良かったとつくづく後悔しました(笑

投稿: みるきい | 2012.05.11 09:43

「サウンドオブミュージック」、大好きで何度も観ました。
マリアと子供たちの歌声が聞こえてきそう♪

おっ、みるきいさんもすでにお出かけ済みなのね。
ヨーロッパはやっぱりいいですね~!

投稿: Tompei | 2012.05.11 10:25

建物にまた馬車がよく合うわ~♪
シャトーに大聖堂~入ってみたいよね~
インテリアや内装もすごいんだろうなあ…
壁にも絵とかすごいのかけてありそうだもんね…
宮殿が役所なの?!私が住みたいわ(*^_^*)

投稿: さん♪ | 2012.05.11 12:04

みるきいさん、Tompeiさん、さん♪ちゃん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

みるきいさん

みるきいさんもザルツブルクへ行かれたんですね^^
じゃこれからまた出てくるところも行かれたところかしら?

>手前にもっと「サウンドオブミュージック」を勉強していけば良かったとつくづく後悔しました(笑

私は勉強していきました(笑)
でも、もう一度見なきゃ!って思いました。

Tompeiさん

Tompeiさんのころ、サウンドオブミュージックって流行りましたか?
私はドレミの歌のイメージだけで、一部分しか知らなくて、実はナチスの重いテーマが入っていたということを知りませんでした。
うちの夫もすごく好きな映画で、私がひそかにDVDを入手して観ていたら、食いつきがよかったです^^

さん♪ちゃん

そうなの、馬車がとってもよく似あいます。
日本なら人力車よね(笑)
それに外人さんがカメラに写りこんでも全然違和感がなくて、逆に写したくなっちゃう感じでした。日本人はいかにも観光客って感じね。
肌の色と髪の色なのかなぁ~。

投稿: ぶんぶん | 2012.05.11 14:29

サウンドオブミュージック、私も大好きで何度も何度も観ました。
野菜を売っているお店も出てきましたけど、その場面もこんな感じでしたよね。

音楽が聞こえてきそうです。
ほんとうに美しい!

昔々、「ウイーンやザルツブルクには雑音がない。だから美しい音楽が生まれたんだ」というような事を竹宮恵子が書いていたのですが、景色からも美しい音楽が生まれたのだろうなぁと感じます。
死ぬまでには生きたいウイーンとザルツブルク。
続くの続きを楽しみにしていますね。


投稿: 陶片木 | 2012.05.11 21:24

陶片木さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ザルツブルクは本当に素敵な所でした。次にウィーンに行くのですが、私は自然が残っているザルツブルクの方が好きかも。

これだけの美しい街ですから、竹宮さんのお話じゃないけれど、私も文化芸術が発達するのがわかる気がしました。

投稿: ぶんぶん | 2012.05.12 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/54679197

この記事へのトラックバック一覧です: 中欧古都紀行8日間の旅(4月28日その1):

« 中欧古都紀行8日間の旅(4月27日) | トップページ | 中欧古都紀行8日間の旅(4月28日その2) »