« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.22

最近のこと

ご無沙汰です。こんなにブログをアップしなかったのは初めてかも。

とりあえず元気ですのでご心配なく。パソコン前にじっくり座る時間がとれなくて。

この1ヶ月、無事にヘルパーの実習も終わりました。あとは証書を待つばかり。

老人ホームでの実習は身につまされるものがあって、肉体的にも精神的にもきつかったです。

老いていくことへの不安、寂しさ、つらさ…

どのご老人も今までどんな風に生きてきたかが、その背中や語りかけから未熟な私にも見えるものがありました。

「あんた、まだ若いんだから何でもやりなさい。できるうちにやったらいいのよ。何でもできる。」と逆に励まされたり。

認知の方は会話がなかなかかみあわないけれど一番楽しかった記憶を何度も話します。

人生楽しい記憶が沢山ずっと続いていればボケない気もしたり…

さて、我が家の義母ですが退院してどんどん元気になるのかと思ったらその逆で、できないことへの焦り、不安で前よりなんだか元気がない状況。

年寄りが1ヶ月以上寝たきりだったんですもの。筋力の衰えは相当なものです。義母の場合、元気な時の筋力の貯金があったから歩けるようにはなりましたが、上半身の筋力が落ちていて、布団を自分でかけることが難しいのと、洋服の脱ぎ着がスムーズにできないことと体力の衰えから料理ができません。

私は三食作りのストレス。って同居の嫁は常にそうなのに、今まで楽をしすぎました。それでも好き嫌いはないし、柔らかめなら大体大丈夫なので煮物中心。

退院してすぐはとにかくよくしゃべってこちらがテレビを見ていようが、台所に立っていようがお構いなしで延々としゃべるので、聞く方が疲れてしまって。

最近やっと黙る時が出てきました^^;;

デイサービスへ週に2回行ってくれるその間はとにかく義母のことは忘れてリフレッシュしようと、映画を観にいきました。

『ALWAYS三丁目の夕日』と『麒麟の翼』。どちらも良かったですよ~。

お友達には恵まれているのでランチしたり。

神様はその人が乗り越えられる試練を与えるとどこかで聞いたことがありますが、本当にその通りかもしれないなあと思います。

この程度なら大丈夫。たまに夜中布団がかけられないと呼び出しがくるけれど、排泄を自力でできるというのがなんともありがたい。

これでオムツ取り替えがあったら、腰の悪い私は身体がもたないと思います。 今位なら、なんとかなりそう。

ただ介護は先が見えなくて、これから良くなるということはあまりないから、それは覚悟しておかなきゃいけないけれど、悪いことを考えたって仕方ないしその時はその時さ、の気力で頑張っていこうと思います。

「明日は明日の風がふく」

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »