« 娘と出かけ中 | トップページ | 出光美術館オフとあれこれの週末。 »

2011.02.24

金沢文庫へ

今日は義母と県立金沢文庫「運慶展」を観に行ってきました。Y新聞で無料チケットをいただいたのですscissors

金沢文庫を創設したのは北条実時。昔教科書に載っていましたよね^^

称名寺にはむか~し一度だけ来たことがあったのですが、金沢文庫を見学したのは今回初めてでした。一階は金沢文庫に関しての資料があり、二階が今回の特別展「運慶」となっていました。

Ca39116700010001_3 

運慶も教科書に載っていましたよね。

平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した有名な仏師です。

有名な仏師だけれど、真作として残っているものは数少ないそうで、今回の金沢文庫で一堂に会しての展示はかなり貴重とのこと。

会期終了が迫っているせいでしょうか?平日なのにそんなに広くないフロアにあふれる人、人、人。

フロアの真ん中に展示されていたら、人が散って良かったと思うのだけど、そうじゃないから皆さんガラスケースの前からなかなか離れない。

なので、じっくり見ることができずに残念でした。義母も連れていたしね^^;

目玉は運慶作最古の大日如来坐像なのだけど、私は毘沙門天立像と不動明王立像が力強くて心魅かれたかな~。

運慶作のどの仏像も本当に美しかったです。

さて、金沢文庫は称名寺の境内にあります。

Ca3911640001001

池があって、赤い太鼓橋が絵になるこの称名寺は金沢北条氏の菩提寺です。金沢北条氏の一族は学問好きで数多くの寺宝や書物が伝わりました。

梅が所々咲いていましたが、桜の木が沢山あったのであと1ヶ月もしたらもっと眺めが良いことでしょう。

桜の季節にも訪れてみたい場所です。

|

« 娘と出かけ中 | トップページ | 出光美術館オフとあれこれの週末。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

会期は3月6日までですね。
忘れていました。
称名寺行ったことありません。
運慶の仏像も見てみたい。
行ってみようと思います。

称名寺の写真は 池に反対に景色が写って、木の枝と足元の地面が遠近感を出して プロのカメラマンが撮る様な写真。
撮影スポットなのでしょうね。

投稿: つつじ | 2011.02.25 07:00

つつじさん、おはようございます。

昨日はにわか雨があったりでお天気が良くなかったので、デジカメも持たずに行きましたが、デジカメならよく撮れただろうと思います。

とにかくすごい人でした。こんな時代だから仏像に救いを求めるのかも?
行かれるなら朝イチが良いかと思います。
9時からあいています。文庫から歩けますよ。

投稿: ぶんぶん | 2011.02.25 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/50959955

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢文庫へ:

« 娘と出かけ中 | トップページ | 出光美術館オフとあれこれの週末。 »