« フランス旅行のお土産 | トップページ | 通院と年賀状の話 »

2011.01.31

武士の家計簿

006

今日は映画の無料券を持っている友人に誘われて「武士の家計簿」を観てきました。

「武士の家計簿」は数年前にNHK教育テレビで放映していたこともあって、どんなふうに映画化されるか興味がありました。

加賀藩の下級武士猪山直之が主人公。猪山家は代々ご算用者(加賀百万石のそろばん係)をしていました。

膨大に膨れ上がった猪山家の借金返済に一家を挙げて奔走する姿、そして藩内の政争や動乱が描かれています。

直之が積もりに積もった借金を返すのにどうしたかというと、家財道具を売って四割を返し後は無利子で10年賦返済したんです。この時代の利子って20パーセントもあってすごく高かったみたい。

武士って体面を重んじるこの時代に、思いきった決断。子どもの袴義のお祝いに絵鯛で済ませたというのも節約のため。すごいな~と思います。

江戸時代の武家社会って本当にお金がかかったんですね~。

私が他に感心したのは子どもの教育の仕方。ものすごく厳しい。けど、そのために長男の成之は明治政府になっても生きていく力を身につけたわけで。刀より算術がものを言う時代になったんですから。

甘あまの私としては色々反省させられました。

けど、今年は家計簿、私も頑張っているんですよ。どんぶり勘定の家計簿で、直之が見たら怒られそうだけど^^;

というわけで、江戸好きの私としてはとても面白く、そして親子愛や夫婦愛にほろりとくる良い映画でした。

遅めのランチは伊勢佐木町で。

001 002 003 005 004

↑これ、二人分ね。

ランチセット980円で前菜、パン、パスタ、デザート、飲み物が付くのはかなりお得かと。美味しかったです。

はい、はい、ちゃんと家計簿につけますよ。ぶんぶんランチ代980円也って^^;;

|

« フランス旅行のお土産 | トップページ | 通院と年賀状の話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あ、いいな! まだ上映しているところもあるんですね。
うちの近くのシネコンはもう終わってしまいました。
テレビ放映を待つことにします。
教育テレビで放映されていたのは知りませんでした。

美味しそうなパスタですね~happy01

投稿: Tompei | 2011.01.31 20:27

Tompeiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
うちの方でもシネコンではやってなくて、ここは場末の映画館って感じのところで一人で行くのがちょっと怖い場所にある映画館でしたよ^^;

>教育テレビで放映されていたのは知りませんでした。


教育テレビ「知るを楽しむ」って番組で、ほらお江戸検定に夢中になってた頃。
テキストも買っていたのでした^^;たぶん桜桃さんも観ていたはず^^

投稿: ぶんぶん | 2011.01.31 20:56

わ~偶然!
私もこの映画がずっと観たいと思ってたのですが
先週ぎっくり背中になっちゃって観に行けなかったので
今日やっと観られたのです。
前半、楽しかった♪
映画館内でも笑いが起きてました。

なのに、なのに~
先週ほとんど眠れない状態だったので
明治政府になる寸前のところで熟睡、
気が付いたらほとんど終わってたの(;_;)
テレビ放送があるといいなぁ

投稿: TOKIKO | 2011.01.31 23:16

観たいと思いつつ、結局多分WOWOWを待つしかないわ。

>たぶん桜桃さんも観ていたはず^^
はい。録画もしてテキストも読んで。私なんて本も読んだよ~。
で。。。と言われると・・sweat01
本お貸ししましょうか?

すごいメモ魔というかすべて記録して残されてたからこそわかることばかりですね。それにも感動しました。私は自分の家計簿は全部捨てて今はちっちゃいUSBメモリーに入ってるのみですが。まぁ、私のと比べることもないですね^^;
つけ続けるとわかることもあるのでぶんぶんさんもぜひつけるの続けてね^^

投稿: 桜桃 | 2011.02.01 00:15

TOKIKOさん、桜桃さん、おはようございます。
今朝も寒い~。

TOKIKOさん

ぎっくり背中だったんですか?大丈夫ですか?
同じ日に同じ映画を観ていただなんてすごい偶然!

>明治政府になる寸前のところで熟睡、
気が付いたらほとんど終わってたの(;_;)

てことは、ほろりとくるシーンは見逃しちゃった?
来年あたりTVで放送するような気がします^^


桜桃さん

本も読まれたんですね。さすが^^
ストーリーになっていたのかしら?
映画で観たから本は読まなくてもよいかな。

テキストとほぼ同じ内容でした。親子愛はきっと脚色なんだろうけど。
TVで放映されたら、ぜひごらんになってみてくださいね。


>私は自分の家計簿は全部捨てて今はちっちゃいUSBメモリーに入ってるのみですが。まぁ、私のと比べることもないですね^^;

桜桃さんのも、いつの日か昭和の主婦家計簿として日の目を見るときがくるかもしれません(笑)

投稿: ぶんぶん | 2011.02.01 07:26

この映画は夫が一人で観て、裏側で私は一人ヤマトを観ました。(^^;;;
夫は私に観せたかったようで、それで少しは家計のやりくりをやってくれと言いたかったようです。(笑)

家計簿はとりあえずボチボチつけていますが、あまりのどんぶり勘定です。(笑)
そして単なるぼけ防止対策でもあります。(^^;)

投稿: 陶片木 | 2011.02.01 08:02

>ぶんぶん映画代 1800円
とだけ家計簿にはかいておこう!なのかと思いました。(笑)

投稿: | 2011.02.01 12:41

陶片木さん、惑さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

陶片木さん

ご夫婦で行かれたのに、別々のを観たんですね(笑)

この映画を観て、とてもこの人の妻にはなれないと思いました。
そのぐらい細かくつけていますし、親の亡くなった時も葬式代をつけているんですよ。
私も家計簿をつけ始めましたが、それで節約をしていないから大きな顔ができません^^;


惑さん

>とだけ家計簿にはかいておこう!なのかと思いました。(笑)

映画代はタダですから、この日はランチ代だけ。別にごまかしませんよ~。
この時代は一家の主人が家計簿をつけた時代なんですよね。
ちょこちょこ遊びに出かけ、好きなことをしている私だったら離縁されたでしょうね^^;

投稿: ぶんぶん | 2011.02.01 17:50

お久しぶりです。約3年ぶりにMIXIにアクセスしたので 遊びにきました。この映画 見たいな~と思っていた映画でした。
そんなにすごい節約なのですね。。(-_-;)
家計簿も付けたことないので あすからつけてみようかしら。。などど 思いました。でも つけただけ。。になりそうですが。。(-_-;)
寒いと思いますが 風邪など 引かないように♪

投稿: だびっと | 2011.02.03 09:16

ぶんちゃん、ちゃんと家計簿はつけてよ(爆笑)
どんぶり勘定は駄目ですよ、、直之とやらが、あの世で怒りまくりますよ!

投稿: peco | 2011.02.03 10:40

だびっとさん、お久しぶりです。お元気でしたか?コメントありがとうございます。

>そんなにすごい節約なのですね。。(-_-;)

武家社会は物入りなんですよね。
だから借金がかさんでしまうんです。直之は借金を返すために家計簿をつけたわけで、それで建て直しができたのだからすごいと思います。

>寒いと思いますが 風邪など 引かないように♪

ありがとうございます。だびっとさんも^^

投稿: ぶんぶん | 2011.02.03 19:40

pecoさん、こんばんは!コメントありがとうございます。

>どんぶり勘定は駄目ですよ、、直之とやらが、あの世で怒りまくりますよ!

あはは、pecoさん、どんぶり勘定じゃないと家計簿続かないんですよ~(爆)


投稿: ぶんぶん | 2011.02.03 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/50739150

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の家計簿:

« フランス旅行のお土産 | トップページ | 通院と年賀状の話 »