« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.29

北鎌倉オフ

昨日はブログお仲間の北鎌倉のつつじさん宅でriroさんさん♪ちゃんとオフしてきました。

つつじさんがさん♪ちゃんにお仕事を依頼したこともあって、以前お二人を引きあわせたことがあったのですが、riroさんとさん♪ちゃんはお初でした。

こうして、自分の周りで少しずつご縁が広がるのはとても嬉しいことです。

せっかく北鎌倉に行くので、さん♪ちゃんと二人で寄り道しました。

東慶寺

002

あじさいが色々。いつ行ってもお庭が綺麗です。003 007

008

いわたばこの花って初めて見ました。岩壁にはりつくように咲いているから、いわたばこって言うのかな?かわいらしい花です。

素敵な洋館の葉祥明美術館

013

ここで、riroさんと待ち合わせをしました。

お庭のあじさいも綺麗でした。

014

葉祥明の絵は色も綺麗で、添えられている言葉も深くていつまでも眺めていたい感じ。

美術館を出て、明月院はすぐそこなのですが、とにかく昨日は暑くて暑くてsun

お二人とも今、体調が万全ではないので、人ごみはパスして入り口前のあじさいだけ見て、つつじさん宅に向かいました。

017

そうしたら、つつじさん宅のお庭から明月院の紫陽花の苗木が沢山見えるじゃないですか^^

ここで十分、得した気分です♪

020

023

お庭を眺めながらお稲荷さんをつまんだり、ケーキやハーブティーをいただいたりしました。

つつじさんがソファに座るさん♪ちゃんに色々矢継ぎ早に質問するのを「徹子の部屋ならぬつつじの部屋だね」とriroさんと茶化したり、つつじさんの不動産屋さんへの武勇伝を伺ったりして、とっても楽しいひと時でした^^

026

つつじさん、お忙しい中長々とお邪魔させていただきありがとうございました。

riroさん、さん♪ちゃんもお初とは思えないくらい話しが弾んで良かったです。

またご一緒してくださいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.06.27

さくらんぼ狩り

昨日は仲の良いご近所さん達と山梨へ日帰りバス旅行に行ってきました。

ちなみに昨年は上高地でした。

昨日は残念なことにあんまり良い天気ではなかったのですが

001_2

富士山が見えました。いつ見ても富士山を見ると心が洗われます。

さくらんぼ

002

30分食べ放題ということで食べつくしました^^;

甘くて美味しかった~。

お次はマルスワイン工場に連れていかれ、説明を聞いたあと片っ端から試飲wine

片っ端からと言っても、カップは一口サイズで小さいの。

005

こちらも美味しかった~~。

河口湖

020

ハーブフェスティバルをやっていました。

本当は富士山も見えるはずだったのですが、残念!富士山がこの時は見えなかったsweat02

色々なお花が咲いていてラベンダーの香りがプンプン。綺麗でしたよ~。

014

お次は強羅へ。

バスから降りて、あじさい電車に乗りました。 021

満員電車です。

走る車窓からのあじさい撮影はことごとく失敗して写真はありませんsweat01

でも箱根のあじさんはまだまだ。見ごろは1週間後くらいじゃないかなぁ~。

022

終点の箱根湯本の駅からまたバスに乗り、鈴廣でおみやげを買ってこの日の行程は終わりました。

それほど渋滞にもはまらず、ガイドさんの案内もとっても良くて充実した一日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.06.22

スカイツリーと人形町散策オフ

昨日は平日にご都合がつくお仲間達(TompeiさんTOKIKOさんアリスさん、ゆれいさん)と一緒に現在建設中のスカイツリー(現在398m)を間近で見てきました。

で、その後は人形町に流れてランチ、甘酒横丁ぶらりと散策を楽しみました。

Tompeiさんの地元、そして人形町は昔お勤め先だったということで、全てお任せ。楽させていただきました^^

スカイツリーは午前中に行った時は曇っており、上を見上げるにはまぶしくなくてよかったのだけど、ボディーのシルバー姿が曇り空のグレーと重なってどうも写真映りが良くありません。

もっと晴れていたらねぇ~なんて言いながらも、バシャバシャ撮りましたが同じような写真ばかりなので私は2枚だけ載せておきます。

逆さ富士ならぬ逆さツリーが写る十間橋での一枚

001_3   

人形町に行った後にカンカン照りになったので、再度青空の下で撮った別の場所からの一枚。

023

やっぱり青空だと違いますね~。

人形町

TBSドラマ「新参者」の舞台になった町なので、そこかしこにポスターが貼られています。

018

まずランチは「よし梅」で。

011 012

ここがとっても雰囲気のある料理屋さんで良かったです。

Tompeiさんが召し上がったえび雑炊は土鍋で、びっくり。

008

私が食べたのはなすのはさみ揚げ定食。1000円也

009

なすの間に挟んであるのは肉のミンチではなく、鰯?のミンチ。蜆の味噌汁と一緒に美味しかった~restaurant

雰囲気のある料理屋さんといえば、ドラマの舞台となった「きく家」(ドラマでは「まつ矢」)を遠目から。ちょっとした路地が趣があります。

013

こちらも雰囲気のある人形町老舗「うぶけや」

014

江戸時代から続く刃物屋さんです。

私は本当は毛抜きがほしかったのだけど、最低でも3000円するのに躊躇して、千円ちょっとの爪きりを買いました。

026

ここのおかみさんがお年を召してらっしゃるけど、とっても素敵な方であんな風に歳を重ねられたらなぁ~と思いました。

柳屋の鯛焼きはものすごい行列なので見送り、「草加屋」のお煎餅屋やさん(ドラマでは「あまから」)に寄りました。

017

日本橋ゆうま(ドラマでは「ほおづき屋」)

016

ドラマの重要アイテムとなった犬の置物は売り切れでした。

あっちこっち覗きたくなるお店があって、人形町は楽しいです。

他にもお土産を沢山買っちゃいました(汗)

025

この中で、豆腐屋さんで買った銀杏がんも!

昨日の夕飯でさっそく煮ていただきましたが、ひとつのがんもに7個も丸々銀杏が入っていて、美味しかった~~。近かったら毎日買いたくなっちゃうな。

お買い物ツアーみたいになっちゃいましたが、とっても楽しかったです!この日もなんだかんだと1万歩は歩いたようです。

ご一緒してくださった皆様、どうもありがとうございました。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2010.06.19

また病院へ

最近、ブログにもアップしていなかった、インコのふくちゃんの話です。

ふくちゃんは青い方ね。

Ca390993_2 

元気はあるんですけど・・・お尻の具合が2,3日前から気になりだして・・・

お食事中だったら汚い話でごめんなさい。。

糞キレが悪いというんですか、お尻から糞が垂れ下がって、下に落ちない。そんな状態でお尻がベタベタ汚くて、気になっていました。

お腹はふくらんでいないので、卵詰まりはなさそうで、となると、メガバクテリア再発?と思って昨日小鳥の病院に連れていきました。

昨日は仕事が忙しかったので、一度家に帰ってきてまた電車と歩きで行くのには正直言って疲れました~~。

けど、やっぱり可愛い家族の一員ですからね。ほっとけないじゃない。

小鳥の病院はそんな飼い主さん達で待合室はいっぱい。予約制だけど、30分は待たされたかな。

でも、診察も説明もそれこそ私達人間の診察より長く丁寧に看てくれます。

遠くても良いかかりつけのお医者さんに恵まれたので、ふくちゃんは幸せです。

で、ふくちゃんの病気。

糞も採取して調べましたが、細菌はあるけれどメガバクテリアではないとのことで、一安心。

そして、卵詰まりもない。でも、発情期であると。

よって、前回発情期の時に卵巣嚢腫をわずらい、治ったと思うとすぐに妊娠^^;卵詰まりになった経由を考えると、またなんらかの病気が引き起こされる前兆かもしれないので、また発情をとめましょうと。

インコのメスは発情期になるとどうしても糞をためてするようになり、お尻が汚れがち。そうなると色々な細菌がつきやすくなり、腸の調子も悪くなるとのこと。

発情をとめる注射を1本、お薬はビタミン剤と整腸剤をいただいてきました。今回の治療費+お薬代7308円也。

あと、最近うちの畑でお野菜が沢山採れるので、無農薬だし新鮮だしと毎日あげていたんですが、それも発情を促すようで今の時期は控えてくださいと言われました。

昨日の注射とお薬のおかげで、まだ一日と経っていない現在、もう糞の状態はベストになりました。回復はやっ!

最後にチーちゃんの写真

Ca3909820001

この子、道具を使うお利口さんです。お人形のしっぽをつかんで、上手に自分の頭をマッサージしているんですよ。病気も全然しないし、手乗りにはならなかったけれど、世話のかからない良い♂です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010.06.17

眼鏡スタンド完成

今日は2度目のトールペイント教室でした。

じゃ~ん、完成です!

036_2

もうね、ちっともお手本どうりに筆がすすんでくれないんです(泣)

マーガレットの時もそうだったけど、私が描くと散り際のスミレになってしまうの~~sweat01

「うわっ」とか「あぁ~っ」とか一人で騒いでいましたが、さん♪ちゃん先生のご指導のおかげでどうにか仕上がりました。

出来の悪い生徒で申し訳ないです~。

でも、出来の悪い子ほどかわいいっていうよね(違)

世界に一つしかない私の作品で、とっても愛着が湧いています。

お友達のふくちゃんの作品はコチラ↓素敵でしょ。

035 

今度はクリスマスのものですって^^楽しみだなぁ~。

お二人とも過去職場で一緒だった仲間なので、最近の職場でのあれこれの愚痴を聞いてもらい、私はそういう意味でもすっきりしました。

またの機会に宜しくお願いいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.06.14

第3回トールペイント教室

今日はとうとう関東地方も梅雨入りしましたね。

そんな中、さん♪ちゃん宅で第2回トールペイント教室がありました。

ちなみに第1回はキーホルダー、第2回はスワンのコーヒーフィルター入れを作製して、現在うちでも大活躍しています。

今回「やりたいものをやっていいよ~」のさん♪ちゃんのお言葉に甘えて、素材は自分で用意しました。めがねスタンドです。 家族全員メガネをかける我が家、メガネの置き場に困っちゃってsweat01

051

やすりをかけて、それから定着剤を塗り、さらにやすりをかけるという地道な作業が続きます。

そして、下地の絵の具を塗りました。白い絵の具を乾かしながら何度も重ね塗りしたあと、海綿を使ってピンクでぼかしを入れました。ぼかしも3色たたきこんで、こんな感じ↓

008

さん♪ちゃんが「ゴールドでラインを入れるといいんじゃない?」とのアドバイスに恐る恐るラインを入れました。上下にマスキングテープを貼って、はみ出ないようにします。

これも乾かしては3回の重ね塗り。テープを気をつけながらはがしてと・・・

011

若干、上と下で太さが違ってしまったけど(汗)、自分では良い感じ♪

これだけでも十分メガネスタンドになるのだけど、この上にスミレを描きます。

この後、クリアファイルの上でそのスミレの絵の描き方の練習をしました。

時間の経つのが早いこと。あっという間に15時すぎ。ここまでとなりました。

次回の木曜日には仕上がるので楽しみです!

さん♪ちゃん先生、今日はどうもありがとうございました。次回も不器用な生徒を宜しくお願いいたします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.06.09

第22回お江戸オフ(その3)

前記事のつづきです。

元やっちゃ場を抜けてしばらく行くと交差点の角に一里塚跡と高札場跡がありました。

気をつけないと見落としてしまう地味さ・・・

一里塚跡

旅人の目安となるために一里ごとに設置した塚ですが、日本橋から数えて、ここが一里ってことはないから日本橋からここは2里?

109

高札場跡

110

千住宿の高札場は高さ1丈(3m)正面1丈6尺4寸(4m92cm)奥行5尺(1m50cm)あったそうです。結構大きいですよね。

ちなみに高札場というのは江戸幕府の法令や禁令などの触書を木の札に書き記して掲げたところ。なので、人通りの多い橋詰めなど人通りの多いところに設けられました。

千住宿問屋場・貫目改所 跡

113

日光街道では宇都宮に北側の改所があって江戸へ来る荷物は宇都宮で江戸から出る荷物は千住で重量を測り運賃を定めました。

旧街道から右に逸れた細い道に橘井堂医院跡

114

お江戸とはちょっと違いますが、森鴎外の父が開業して、鴎外も陸軍医時代にはここから人力車で通勤した時代があったそうです。現在は都税事務所になっています。

北千住駅の目の前、繁華街の中に千住本陣跡がありました。

といっても塀に看板が貼ってあるだけ・・・

116

と、いうことでこの日の行程は終わり、北千住から上野に移動して「土古里」で乾杯~beer

はますけさんとLeafさんも合流しました。

013_3  014

ホルモン、初挑戦。ホルモンは臭みがなかったけど、牛タンの方が好きかな~。

最近スーパーでもよく見かけて気になっていたマッコリも初めて飲みました。こんな味だったのかぁ~。アルコール入ってる? う~ん、泡あわの方が美味しいぞ(笑)

015 016

017 018 019 020 

TOKIKOさんがこの翌日お誕生日だったので、内緒にしておいてサプライズのお祝いをしました。

お店にお誕生日の人がいることを言っておくと、歌を歌いながらデザートをサービスしてくれるのです。

いきなりお店の人達が乱入してきて、韓国語のハッピーバースデーソングで来たのは想定外。

一緒に歌うことができず、手を叩くくらいしか出来ない私達でした^^;が、良い記念となりました。

というわけで、今回のお江戸オフも無事お開きです。

今回ご一緒してくださった皆様、本当にありがとうございました。またご一緒しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2010.06.08

第22回お江戸オフ(その2)

前記事のつづきです。

素盞雄(すさのお)神社

074

天王祭でにぎわっていました。ほっとします。

この日ほど、神社と寺の違いを感じたことはありません。

瑞光石

077

この奇岩から二柱の神様が翁に姿を変えて現れ、吾はスサノオ大神、アスカ大神なり。我らを祀りなさいということで、この神社を創建したといいます。

こういう由緒は珍しいですね。

境内には芭蕉の句碑も立っているということなのですがお祭りで狭い境内の中はすごい人、人、人。

私は迷子になるわで(汗)、句碑を見つけられず残念。

次に熊野神社へ行く前に荒川ふるさと文化館に立ち寄りました。

荒川区の歴史がわかりやすく、また昭和41年の民家を再現してあったりして、なかなか楽しめました。昔の実家みたい↓

078

夕暮れ時のパーポー♪豆腐売りの荷台で盛り上がる昭和育ち中年の面々には笑えました。

熊野神社

082

逆光になっちゃいました。小さいお社ですが、創建は1050年、源頼家の勧請によると伝えられています。

千住大橋

084

文禄3年(1594)徳川家康が江戸で最初に架けた橋です。隅田川に架かる4つの橋の中では一番古いです。何度も出水のために架けかえられ、現在の橋は昭和2年に鉄橋となりました。

千住大橋から下を覗くと

085

橋のたもとの大橋公園には句碑があります。

「行く春や 鳥啼魚の 目は泪」

089

深川を船で発った芭蕉は千住大橋のたもとに降り立ちここから長い旅路が始まりました。

橋戸稲荷

091

こちらも逆光になってしまいました。ここで、左官の名工伊豆の長八の鏝絵(こてえ)があることを知り、ちょっと興奮してしまいました。

(鏝絵=漆喰彫刻とも言われ、左官職人がこてを使って描いた漆喰の絵のこと)

以前品川を散策したオフの時に寄木神社で初めて知った名前ですが、2度も出てくるとなんかそれだけで嬉しいものです。

にしても・・・「あれ、あそこの神社にあったじゃない、ほらほら。鏝絵を覗こうと近づくとピンポンピンポンうるさかった、あそこよ」

って誰も神社の名前が出てこない^^;とうとう、桜桃さんのiphonのお世話になって寄木神社という名前が出てきた時は一同すっきりしました。

その鏝絵のレプリカ

白狐

092

094

この土蔵でできた本殿の内側の両扉にあるというのだけど、本物はご開帳がある時以外は閉めっきりでカビたりはしていないのかしら・・・?^^;;

土蔵って案外湿度はないものなのか?と心配するのは主婦の発想(笑)

旧日光街道の入り口に芭蕉さんの銅像が立っていました。

096

そしてやっちゃ場(青物市場)の看板を見ながら、散策。

099

101

紙問屋横山家の建物を生かしたギャラリー「千住宿歴史プチテラス」は16時で閉館時間となってしまったので、前を素通りしてやっちゃ場北詰看板を写真に収めました。

108

この日は日曜日で寂しい通りの感じだったけど、昔はセリの声がとびかって活気のある場所だったんでしょうね。

107

やっぱり長くなってしまった・・・

もう少しだけど、次につづく。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2010.06.07

第22回お江戸オフ(南千住~北千住)その1

昨日は良いお天気に恵まれた中、お江戸オフをしてきました。

当初予定していたのは南千住から千住大橋まで歩くというものでしたが、時間が余ったため、北千住まで歩くことができました。

昼間ご一緒してくださった皆様

Tompeiさん、桜桃さんTOKIKOさんアリスさん陶片木さん、ゆれいさん、途中合流くっきもさん。

今回のコース

JR南千住駅13時集合→小塚原回向院→延命寺(小塚原刑場跡)→ 浄閑寺→ 永久寺(目黄不動)→休憩→公春院→真正寺→ 円通寺→ すさのお神社→ 荒川ふるさと文化館→熊野神社 →千住大橋 →大橋公園 →橋戸稲荷 →千住宿歴史プチテラス→やっちゃ場跡→橘井堂医院跡→本陣跡→JR北千住駅 →上野の宴会場所18時より「土古里」beer

まず、千住という土地について。

千住は寛永2年(1625)に日光(奥州)街道の初宿と定められて参勤交代ばかりでなく日光東照宮への往還でも賑わった場所でした。また芭蕉「奥の細道」の歩き始めの場所でもありました。

これから私達が向かうのは小塚原刑場跡です。

この人通りの多いところに刑場を作ったのは鈴が森刑場同様、みせしめにするという意味もあったのでしょう。

昨日はすさのお神社の天王祭とちょうどぶつかったため、賑やかでこの祭りのお囃子にかなり救われましたが、回向院と延命寺界隈は非常に空気が重たく、気温が高かったのにかかわらず寒気がしました。

そんなわけで今回写真はちょっと角度を変えて撮ったり看板だけ取ったりしています。

回向院

051_4 

両国の回向院の別院として創られました。刑死者は解剖にも使われたんですね。

050 

入り口に、あの戦後最大誘拐事件の犠牲になった吉展ちゃんの慰霊地蔵尊が立っていました。

回向院の中の墓地は左右二つに分かれていて一般人のお墓には立ち入らないようにと但し書きが。向かって右側にいわゆる歴史上の人物、橋本左内、吉田松陰のお墓、ねずみ小僧のお墓がありました。ちなみにねずみ小僧のお墓は両国にもあり、あちらの方が明るい雰囲気だった気がしますsweat01

延命寺(小塚原刑場跡)

首切り地蔵が目に飛び込んできて、怖いっ。遠くからおそるおそる写してみました。

054

刑死者を弔うお寺の名前が延命寺とは、なんとも皮肉な名前です。

説明書きが塀に貼ってありまして・・・「(刑死者の)埋葬とは名のみであって、土中に浅く穴を掘り、その上にうすく土をかけおく丈であったから雨水に洗われて手肢の土中より露れでること決して珍しくなくとくに暑中の頃は臭気粉々として鼻をつき、野犬やいたちなどが死体を喰い残月に嘯く様は、この世ながらの修羅場であった 」    
220余年の間に埋葬された屍体は20余万だそうです。
もしかしたら、今自分が歩いてきた場所、いや今立っている場所にも・・・と想像してしまって・・・shock
ご冥福をお祈りいたします。

江戸の二大刑場についての詳しく書かれているサイトを見つけたので、ご興味のある方はこちらでどうぞ

浄閑寺
056
安政の大地震で沢山の吉原の遊女が亡くなってこの寺に投げ込んだことから投げ込み寺といわれています。ここも空気が重たい・・・
墓地の中にはこの近辺をこよなく愛した永井荷風の碑もあるらしいのですが、どうも足がすくんで入れず・・・探せませんでした。
永久寺
061
江戸五色不動(目赤、目白、目黒、目青、目黄)のひとつといわれる目黄不動が祀られています。こじんまりとしたお寺さんでした。お不動さんはほっとします。
一同すっかり重たい空気を背負ってしまったので、マックでしばし休憩。
鍼灸マッサージお勉強中のアリスさんに肩をもみほぐしてもらい、気持ちよかった~good
顔の皺を伸ばすマッサージの講習も受け、盛り上がりました^^
円通寺
067

ここは明治維新の折上野戦争で亡くなった彰義隊の隊員をこの寺の仏磨和尚が葬り供養したということで、上野寛永寺の黒門が明治四十年十月帝室博物館より下賜されました。

068_4

ちょうどここに荒川区の歴史ボランティアの方がいらして、詳しく説明してくださいました 。

彰義隊の隊員はほとんどが鉄砲玉に当たって亡くなり、ちょうど黒門の向こう側が墓地になっています。写真をクリックすると鉄砲玉の痕がはっきりわかるかと思います。

源義家が奥州を鎮定する時に討ちとった48人の首を寺域内に埋めて塚を築いたとされる首塚もあり、その築いた塚からこのあたりを小塚原と呼ぶようになったとか・・・

(長くなるのでつづく)

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2010.06.01

6月1日

今日は6月1日。衣替えには涼しい朝でした。こんな陽気のせいか次女は朝から高熱を出し寝込んでおります。ただの喉風邪。

さて、昨日のこと。

就職で苦戦をしいられている長女と一緒に神田明神へお参りしてきました。

Ca3910290001002_2 

私はしょっちゅう色々な神社でお参りしているけど、考えてみたら当の本人はどこにもお参りしてなかったんです。

湯島天神にもいまや就職お守りなるものがあるらしいのだけど、うちの場合どうも天神さまとは相性が悪い気がして、ふっと頭に浮かんだ神田明神の方に足を運ぶことにしたのです。

「どうかご縁のあるところに就職できますように」

そのご利益がこんなに早く来るとは思いませんでした。本日内定(内々定)をいただくことができました。

昨年に引き続き氷河期といわれるこの学年、娘は本当に最後まで投げ出さずに頑張ったと思います。周りにポツポツ内定が出始めて、夏のスーツも買わなきゃいけないかなぁと思っていましたが、衣替えの今日決まってくれて本当に良かったです。

やっと肩の荷が下りました。ここで応援してくださった皆様にも心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

後は卒業できるのみ!smile

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »