« 6月1日 | トップページ | 第22回お江戸オフ(その2) »

2010.06.07

第22回お江戸オフ(南千住~北千住)その1

昨日は良いお天気に恵まれた中、お江戸オフをしてきました。

当初予定していたのは南千住から千住大橋まで歩くというものでしたが、時間が余ったため、北千住まで歩くことができました。

昼間ご一緒してくださった皆様

Tompeiさん、桜桃さんTOKIKOさんアリスさん陶片木さん、ゆれいさん、途中合流くっきもさん。

今回のコース

JR南千住駅13時集合→小塚原回向院→延命寺(小塚原刑場跡)→ 浄閑寺→ 永久寺(目黄不動)→休憩→公春院→真正寺→ 円通寺→ すさのお神社→ 荒川ふるさと文化館→熊野神社 →千住大橋 →大橋公園 →橋戸稲荷 →千住宿歴史プチテラス→やっちゃ場跡→橘井堂医院跡→本陣跡→JR北千住駅 →上野の宴会場所18時より「土古里」beer

まず、千住という土地について。

千住は寛永2年(1625)に日光(奥州)街道の初宿と定められて参勤交代ばかりでなく日光東照宮への往還でも賑わった場所でした。また芭蕉「奥の細道」の歩き始めの場所でもありました。

これから私達が向かうのは小塚原刑場跡です。

この人通りの多いところに刑場を作ったのは鈴が森刑場同様、みせしめにするという意味もあったのでしょう。

昨日はすさのお神社の天王祭とちょうどぶつかったため、賑やかでこの祭りのお囃子にかなり救われましたが、回向院と延命寺界隈は非常に空気が重たく、気温が高かったのにかかわらず寒気がしました。

そんなわけで今回写真はちょっと角度を変えて撮ったり看板だけ取ったりしています。

回向院

051_4 

両国の回向院の別院として創られました。刑死者は解剖にも使われたんですね。

050 

入り口に、あの戦後最大誘拐事件の犠牲になった吉展ちゃんの慰霊地蔵尊が立っていました。

回向院の中の墓地は左右二つに分かれていて一般人のお墓には立ち入らないようにと但し書きが。向かって右側にいわゆる歴史上の人物、橋本左内、吉田松陰のお墓、ねずみ小僧のお墓がありました。ちなみにねずみ小僧のお墓は両国にもあり、あちらの方が明るい雰囲気だった気がしますsweat01

延命寺(小塚原刑場跡)

首切り地蔵が目に飛び込んできて、怖いっ。遠くからおそるおそる写してみました。

054

刑死者を弔うお寺の名前が延命寺とは、なんとも皮肉な名前です。

説明書きが塀に貼ってありまして・・・「(刑死者の)埋葬とは名のみであって、土中に浅く穴を掘り、その上にうすく土をかけおく丈であったから雨水に洗われて手肢の土中より露れでること決して珍しくなくとくに暑中の頃は臭気粉々として鼻をつき、野犬やいたちなどが死体を喰い残月に嘯く様は、この世ながらの修羅場であった 」    
220余年の間に埋葬された屍体は20余万だそうです。
もしかしたら、今自分が歩いてきた場所、いや今立っている場所にも・・・と想像してしまって・・・shock
ご冥福をお祈りいたします。

江戸の二大刑場についての詳しく書かれているサイトを見つけたので、ご興味のある方はこちらでどうぞ

浄閑寺
056
安政の大地震で沢山の吉原の遊女が亡くなってこの寺に投げ込んだことから投げ込み寺といわれています。ここも空気が重たい・・・
墓地の中にはこの近辺をこよなく愛した永井荷風の碑もあるらしいのですが、どうも足がすくんで入れず・・・探せませんでした。
永久寺
061
江戸五色不動(目赤、目白、目黒、目青、目黄)のひとつといわれる目黄不動が祀られています。こじんまりとしたお寺さんでした。お不動さんはほっとします。
一同すっかり重たい空気を背負ってしまったので、マックでしばし休憩。
鍼灸マッサージお勉強中のアリスさんに肩をもみほぐしてもらい、気持ちよかった~good
顔の皺を伸ばすマッサージの講習も受け、盛り上がりました^^
円通寺
067

ここは明治維新の折上野戦争で亡くなった彰義隊の隊員をこの寺の仏磨和尚が葬り供養したということで、上野寛永寺の黒門が明治四十年十月帝室博物館より下賜されました。

068_4

ちょうどここに荒川区の歴史ボランティアの方がいらして、詳しく説明してくださいました 。

彰義隊の隊員はほとんどが鉄砲玉に当たって亡くなり、ちょうど黒門の向こう側が墓地になっています。写真をクリックすると鉄砲玉の痕がはっきりわかるかと思います。

源義家が奥州を鎮定する時に討ちとった48人の首を寺域内に埋めて塚を築いたとされる首塚もあり、その築いた塚からこのあたりを小塚原と呼ぶようになったとか・・・

(長くなるのでつづく)

|

« 6月1日 | トップページ | 第22回お江戸オフ(その2) »

お江戸オフ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
暑かったのに、そこだけ重い空気でしたね。

霊感はないのに、やたらと行きたくない気分で
遠巻きに見ていました。
あらためてお写真を見てもやっぱり怖いです。
いろいろな人の想いがこもっているんでしょうかね。

塀に貼ってあった内容は、考えられないような修羅の世界ですね。
そんなことが現実にあったって考えると、
あらためて、今の平和のありがたさを感じます。

ボランティアの方の説明はわかりやすくて面白かったので、みんなで一緒にお聞きすれば良かったですよね。
でも、そういう方とは知らなかったので、私も最後は逃げ腰になっていたんです。(^^ゞ

よしのぶちゃん事件、調べたら円通寺境内で遺体が見つかったそうです。
だからあそこにあったのですね。

投稿: 陶片木 | 2010.06.07 20:35

陶片木さん

昨日はどうもありがとうございました。
今回は今までの中で一番重たいオフだったかも~。
でも、皆で行かないと行けない場所だし、行かれてよかったです。

あのあたりは本当に空気が違っていましたね。
私も怖かったです。成仏してくださいと手を合わせました。


>よしのぶちゃん事件、調べたら円通寺境内で遺体が見つかったそうです。

私もこれを書くのに調べていて知りました。だからだったんですねー。

投稿: ぶんぶん | 2010.06.07 21:14

昨日はお世話になりました。

お天気のいい中、懐かしい土地を歩けて楽しかったです。

ちょっと頭が重かったですが…

投稿: ゆれい | 2010.06.07 22:38

お世話になりました。
千住か、懐かしい場所だなと思いながらの参加でしたが、
悲しい歴史がたくさんある場所だったのですね。

そういうわけでよしのぶちゃんのお墓はあそこにあったのですか。
あの事件の後、私の親も周りの親も、
子供が誘拐されないか心配しながら
学校へ送り出してたなぁ

投稿: TOKIKO | 2010.06.07 23:31

今回もいろいろお世話になりました。
小塚原、浄閑寺、よしのぶちゃん事件……なかなかディープな場所でしたね。
すさのお神社のお祭りじゃなかったら、さらにどんより重く感じたに違いない。

結局今日はアップできなかったので、明日アップしたらTBを送らせていただきますね。お互いに頑張ってまとめましょう!(^^)

投稿: Tompei | 2010.06.08 00:29

ゆれいさん、TOKIKOさん、Tompeiさん、おはようございます。
一昨日はどうもお世話になりました。


ゆれいさん

ゆれいさん、霊感あるから感じたでしょう?
なんかついてきたら困るなと思って、クリスタルを身に付けていました^^;
上野もいまやお花見の名所で人も年中多いけど、彰義隊の方たちが沢山亡くなっているんだなぁ~と。
歴史を知ると、また見方が変わってきます。


TOKIKOさん

TOKIKOさんも懐かしい場所だったんですね。
あのあたりはまだ昭和の香りが残っていて、私も懐かしい感じがしました。

よしのぶちゃん事件は私自身は記憶にないのですが、過去の犯罪ドキュメンタリー番組で必ず出るニュースですよね。


>あの事件の後、私の親も周りの親も、
子供が誘拐されないか心配しながら
学校へ送り出してたなぁ

親の身ならすごくショックが大きかったでしょうね。


Tompeiさん

お天気とすさのお神社の御祭に救われました。怖くて、Tompeiさんを先に行かせてしまってごめんなさい^^;;
宿場町は遊女の悲しいお寺が必ずありますね・・・

TBお待ちしてまーす。

投稿: ぶんぶん | 2010.06.08 07:33

重いお題だったけれど、一度は行ってみたいスポットだったので念願叶ってよかったです^^

人々の今の普通の生活の場と過去との堺がちょうどあの小塚原処刑場辺りかのような、異次元空間の入り口のように感じましたね。

吉展ちゃん事件、私はリアルタイムでしっかり覚えています。やりきれない事件でした。

忘れないこと、語り継ぐこと、繰り返さないこと、これっていつの時代もどの世界でも必要なことかもしれませんね。今の世だって十分コワイ。

投稿: 桜桃 | 2010.06.08 09:51

桜桃さん

TBありがとうございました。
そうそう、重くて避けたいところだけど、こういう過去の歴史を知ることは大事ですよね。私も皆さんと一緒だから行けたと思うし、良かったです。
供養になるような気もしますよね^^;

>今の世だって十分コワイ。

今は理由がなくて殺されたりする時代ですもの。
じゅうぶん怖いです。

投稿: ぶんぶん | 2010.06.08 21:08

こんばんは!

6/6と一昨日はお世話になりました。
この日はあん摩の練習台になって下さってありがとうございました (^-^)

遅ればせながらこのときの記事をアップしましたので、TBさせて頂きました。

投稿: アリス | 2010.06.23 23:42

アリスさん、こんにちは!
月曜日とその前のオフではお世話になりました。
マッサージありがとうね~。

記事、お忙しいのに頑張って書いたのですね。えらいっ!
後でTBさせていただきますね。

投稿: ぶんぶん | 2010.06.24 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/48566987

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回お江戸オフ(南千住~北千住)その1:

» 第二十二回お江戸オフ ~千住宿~ その1 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
6月6日(日)、恒例のお江戸オフでした。 今回のお題は、第十七回に引き続き市中引 [続きを読む]

受信: 2010.06.08 08:52

» 第22回お江戸オフ≪千住宿≫ その1 [葉桜日記]
 今回のオフは小塚原から北上して北千住まで。東海道の最初の宿駅「品川」を制覇した [続きを読む]

受信: 2010.06.08 09:23

» 久々お江戸オフ [アリスとお茶を]
6月6日(日)は『第22回お江戸オフ』にお邪魔させて頂きました (^-^) 皆さ [続きを読む]

受信: 2010.06.23 23:40

« 6月1日 | トップページ | 第22回お江戸オフ(その2) »