« 初夏の鎌倉(妙法寺) | トップページ | プチお江戸オフ(「龍馬伝」展と人形町) »

2010.05.11

今年の母の日は

今年の母の日は5月9日でしたが、日帰りで姉と一緒に実家に行っていました。

母の日だからってこともありますが、伯母(母の実姉)が入院→退院して実家の母が家で世話をしていたので、私達も顔を出してお見舞いに行ってきたのです。

伯母は茨城でひとり暮らし、子供がいないんです。こういう場合、兄弟が看るしかないんですよね。

もちろん隣近所の方も何かと気にかけてくださってはいますが、今回のように急に具合が悪くなった場合、連絡先が私の母のところに電話がかかってくるわけです。

母は77、伯母は84。まさに、老老介護ですね、実感しました。

父がまだ元気だからいいけど、これで父も具合が悪くなっていたらどうするのかな・・・

伯母はとりあえず元気になったので、また自分の家に戻るようになるとは思うのですが、やせ細った杖をついたあの姿をみてしまうと、一人で大丈夫かな~とかなり心配。

伯母は頭のほうはしっかりしているで、母に対しても食事にぶつぶつ言うらしく、母もかなり疲れて私達が来る前日「面倒をみてるのはどっちよ」「いいよ、私はもう帰るから!」「一人で帰れるなら帰れば?」てな具合に、とうとう大喧嘩したそうな。

血のつながった姉妹でも、いやつながっているからこそ喧嘩にもなるだろうし、一緒に暮らすというのはきついものです。

日本はこの先、こんな話ばかりだろうと思います。

子供の数は足りないし、子供のいる私だって決して当てにはできないし、したくない。

病院に入ってもすぐに出される、施設に入るのも順番待ち、もちろん大金がなければ入れない。

こういう庶民の実態、ボンボン育ちの鳩山さんわかっているのかなぁ~。

なんてことを思った母の日でした。

最後に今年私が娘達からもらったもの

138_2 139 

私は母にSuicaカード、義母にはお花の寄せ植えを贈りました。

|

« 初夏の鎌倉(妙法寺) | トップページ | プチお江戸オフ(「龍馬伝」展と人形町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カーネーションのわんこ、可愛い! 白バラはハンカチかしら?

伯母さまのお話、他人事ではありません。兄弟はもちろん、甥姪には絶対面倒をかけたくないけれど、どんなことで厄介になってしまうとも限らず心配です。適当なところでころっといきたいけれど、こればかりは自分ではどうにもならず……。

最近の政治はもう何が何だか……┐( ̄ヘ ̄)┌

投稿: Tompei | 2010.05.11 16:21

老老介護、家の夫君の両親のところもそうだわよ~
二人とも80を過ぎて…
お互いに体が弱ってきて一人暮らしは無理。
どちらかが先立つ日は必ず来ますから
そしたらどうしようかと思います。coldsweats02
義妹が同居するって言うけどアパート暮らしだし
家もだしさ…
近い将来必ずぶつかる問題だもの。
どうしてあげたらいいか…
何が出来るか…悩むわいthink

ハトポッポ君は
自分の持ってる豆を庶民に分けたらどうよね…
過疎化して高齢者ばっかりの村に寄付でもすればいいのさpresentど~んと!

何年か前にどっかのお金持ちのおばあさんが
何億だかそんなことしてたニュースがあったじゃない。

あ!もらってたお小遣で無人島を買って
そこにあの基地を持ってってもらうのはどうよd(-_^)Good!!

そうしたら支持率も上がるし
沖縄の県民にも感謝されると思うさ~~~♪

投稿: さん♪ | 2010.05.11 17:17

Tompeiさん、さん♪ちゃん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

Tompeiさん

>カーネーションのわんこ、可愛い! 白バラはハンカチかしら?

わんこ、可愛いですよね。あれほしいな~と少しずつマインドコントロールしていました(笑)
白薔薇は布でできていて、香水のびんに差してあるので吸い上げて薔薇の香りがするんですよ。

>適当なところでころっといきたいけれど、こればかりは自分ではどうにもならず……。

そうなんですよー。そのうち、笑い話ではなく、自分がころっと逝きますようにというお願いを神社にするようになるかもしれません。


さん♪ちゃん

さん♪ちゃんも他人事じゃないですよね。

姉のところは義母がこれまた痴呆になってしまって、大変なの・・・

うちも義母と実家の両親と3人同時期に倒れたらどうしようって思います。
今できることはとにかく自分の健康だけはしっかりしておかないと・・・
それと貯蓄も必要よね。


>ハトポッポ君は
自分の持ってる豆を庶民に分けたらどうよね…

本当にそう思います。皆に良い顔をする割にそういう発想はないのかしらね?
もらうことになれていて、自分の懐から出すということを知らないのかも^^;

誰がなっても変わらないのかしら、この国は・・・


投稿: ぶんぶん | 2010.05.11 19:23

>自分がころっと逝きますようにというお願いを神社にするようになるかもしれません。
×2。いや、みんなでお参りで歩き回りましょう。歩き回って足腰鍛えてそのままあちらに、ってなりたいけれど、自分ではどうにもならないことですね。

本当に他人事でなくというか直面しております、私。
遠距離という要素も加わりますしね。

母の日のプレゼント、可愛いですねえ^^
嬉しいこと気になること、そんなもろもろすべて含めて生きていることであり、人生であり、まわりのことに思い至れる状況であることが有り難い事ではあります。

投稿: 桜桃 | 2010.05.11 22:35

桜桃さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

まさにそうですよね、直面されてらっしゃいますよね。
遠距離は通うだけで金銭的にも体力的にも大変ですね~。
うちも千葉とはいえ、田舎なのでこちらからだと2時間半かかるんですよ~。
これが1時間ならずいぶん楽なのにと思います。

足腰は本当に大事。足が弱って転んで骨折が一番怖いです。
お江戸歩きで鍛えましょう。脳もね^^;

>嬉しいこと気になること、そんなもろもろすべて含めて生きていることであり、人生であり、まわりのことに思い至れる状況であることが有り難い事ではあります。

色々あるから人生なんですよね。
今は両親と義母が元気でいてくれるので感謝です。
私もいつ介護する立場(逆に介護される立場?)になるかわかりませんから今日できることは今日やってしまうつもりで毎日をすごさなければと改めて思いました。

投稿: ぶんぶん | 2010.05.11 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/48329968

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の母の日は:

« 初夏の鎌倉(妙法寺) | トップページ | プチお江戸オフ(「龍馬伝」展と人形町) »