« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.30

ママ友との再会にあれこれ思う

昨日は長女の幼稚園の時のママ友達と宴会してきました。

付き合いとしてはかれこれ15年?くらいになるかと思います。幼稚園の頃は園バスでお友達の家でおろしてもらい、その子の家で遊ばせてもらったその後親たちが迎えに行き、あがりこんでお茶をして帰ってくるというような生活でした。

当時は私達も狭い賃貸アパートに住んでいて、その狭いアパートに親も子供も集まるとそれこそ靴も玄関に入りきれない感じで、今思い出すとあの忙しい頃に手作りのお菓子も作ったし、よく人寄せをしたなぁと・・・昔の方がきちんと家事してたな>自分

一品料理を持ち寄ってお昼にしたこともしょっちゅうで、私などはそこで料理をだいぶ覚えたものです。

子供が小学生になると、もう互いの家に子供を連れて遊びに行ったりということも次第になくなり、専業主婦だったママたちもいまやパート主婦になり、どうしているかな?と思いながらも忙しく月日だけが経ってしまった近頃でした。

今回「集まろうよ」ということになり、当時仲良しだった7人のうち5人が集まりました。いったい何年ぶりだったんだろう?

まぁ、しゃべった、しゃべった。今朝は喉が痛かったです。

やっぱり娘の近況話と自分の仕事の話、最後は健康話に落ち着きましたがまだ墓の話が出ないだけ良いか?^^;

娘と同い年の子たちはそれぞれの道を歩きはじめていて、もう社会人になった子もいればうちと同じように厳しい就職活動をしている子もいたり、はたまた一番びっくりしたのはもうママになっている子もいたってことでした。

赤ちゃんを見せに顔を出してくれましたが、すっかり母の顔になっていました。

彼氏すらいない娘と何たる違い^^;;

他所の子はいつまでも幼稚園生の小さいイメージしか持っていないわけで・・・でも年月は明らかに経ってしまったんだということを思い知らされました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.05.27

鎌倉芸術館へ

今日は鎌倉芸術館に行ってきました。

私の姉が長年パッチワークを習っていて、そのお教室の作品展があったので観に行ってきたのです。就職活動に苦戦中の長女も気晴らしになるかと連れて行きました。

鎌倉芸術館の中庭には竹が植えられているので、ちょっと気持ちが落ち着く良い所です。

ガラス越しなので、携帯のカメラが映りこんじゃいましたsweat01

101

今日は私の姉も当番で受付にいたので、久しぶりに姪である私の娘にも会えて喜んでいました。

099

姉の作品。「里山の春」というタイトルがついていました。うまいことタイトルつけたなぁ~^^;

色合いは地味ですが、ログキャビンのパッチワーク、細かくて大変だったろうと想像できます。

姉も仕事をしているので、時間がなくてほとんど夜なべをしての作品作りだったとのこと。

皆さん、大作ばかりです。

やっぱり手作りって世界に一つしかないし、温かみがあって良いな~と改めて思いました。 私の作りかけのベッドカバーもなんとかせねば・・・(汗)

ランチは鎌倉芸術館前のお店「ラ・パットーラ」でイタリアン

091_2 092

094

安くて美味しいランチでした。娘の買い物にも付き合わされて、足が痛くなって帰ってきました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010.05.21

雨の日は美術館オフ

昨日は先日行きそびれた人形町の甘酒横丁へ行こうと計画していたのですが、あいにくの雨になってしまいました。

それでもお江戸3人娘は出かける気満々だったので、雨でも楽しめる場所ということでTompeiさんご提案の最近リニューアルされた根津美術館へ急遽変更となりました。

042_2

表参道から歩くこと8分の場所にあります。

根津というのは地名ではなく、この美術館を持っていらっしゃる根津さんのお名前からきています。

初代根津嘉一郎さんは東武鉄道などの社長を務め実業家だったということですが、すごいコレクションの数々。ロビーはフラッシュなしで撮影可でした。

013

現在、特別展琳派コレクション「国宝燕子花(かきつばた)図屏風」開催中です。 雨の日ですいているかと思いきや、続々と人が・・・

どうやらTVで何度も放映されたので、混んでいるみたいでした。

展示物はよくぞ集めたねという物ばかり。尾形光琳のカキツバタの絵はもちろんだけど、中国の青銅器、良かったな~。お茶の道具、器もありました。絵をお披露目するために茶会を催す、お茶の世界って奥が深いですね。

展示物を見終えた後はお庭の方を見てまわりました。

016

池の前では、傘をさしながら写真を頑張ってみました^^;暗いけど自分では好きな写真。

022_2

030 雨に濡れた新緑が綺麗でついつい沢山撮りすぎてしまいました。

034 さりげなく置いてあるものがお宝の数々です。

037

カキツバタがもう終わりながらも、風情があります。ここが都会の真ん中だなんて信じられない・・・広大なお庭でした。

038

紅葉が多いので、秋も相当綺麗に違いありません。

ゆっくり見てまわったので、もうお昼。さぁ、ランチです。Tompeiさんが見つけてくださったイタリアンのお店。

061

ピザとラザニアとパスタと3種類をシェアして食べました。

写真を撮ったのだけど、あわてて撮ったせいかボケボケなので美味しそうなお写真は桜桃さんのところでどうぞ。↓はパンナコッタのデザート

060

楽しくて美味しい半日でした。ご一緒してくださったTompeiさん、桜桃さん、ありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2010.05.15

東京ビッグサイトへ

今日は午前中家の仕事をやっつけて、午後から東京ビッグサイトへ行ってきました。

ゆりかもめ初乗車~♪

眺めがいいこと~。そっか、海が見えるんですね。だからゆりかもめ?今更なんですけど^^;

車窓からの素晴らしい写真を撮りたかったけど、誰も撮っていないので気がひけて撮れませんでした。

東京ビッグサイト

006

え?何しにきたかって?

今日と明日の2日間ここでデザインフェスタをやっているのです。

ここで昔からのココロガー仲間のほほん*のほのさんが出展されるために上京されたことを知った時、これは実際の作品を見たいと思ったし、どんな方が可愛いフエルト作品を作っているのかなぁと一目お会いしたかったのです。

とはいえ、行けるかどうかいまいちはっきりしなくて前売り券を入手していなかった私、読みが甘かったです。

建物を囲んでぐるっと外までチケットを買う人の行列が~~shock

周りは若いアベック(死語か^^;)カップルがほとんど。係員が「4列に並べ」と言う。

カップルの横に私は並んだけど、私は一人だから私の横にもう一人並ばなきゃいけない。

けど、後ろもカップルだから別れたがらない・・・後ろで「何で4人なんだよ」とぶつぶつ言う声が聞こえる・・・肩身が狭いよ~~

どうにか中へ入りまして、いやいやもうもう、その熱気たるやすごいものでした。

若いアーティスト、これはプロでもアマでも問わない誰でも参加できるそうですが、素晴らしい作品の数々。

なんていうか、その芸術的センスがお洒落で原宿を歩いているような感覚にとらわれました。

すごい、すごい!の言葉しか出ません。あぁ、才能がある人っていいなぁ。若いっていいなぁ。

そしてほのさんのブースにたどり着いたんですけど、お初のほのさんの、まぁ!可愛らしいこと。萌え~~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

ブログのほのぼのしたそのまんまの方だったのがとっても嬉しかったです。

こんなおばさんが話しかけていいやらと思いましたが、勇気をふるって声をかけ、「ぶんぶんです(恥)」と言ったらわかってもらえて良かっです~~。

ブログ通りの素敵な作品が沢山並んでいました。

008

こんなかわいい作品ですから、ほのさん達のブースはひっきりなしにお客さんが。

今日はこんなおばさんの問いかけにも快く返事してくださってありがとうございました。

これからも応援しています。ほのさん、頑張ってね!

ちなみにほのさん達は一日限りの出展。でも楽しいですので興味のある方はぜひ行ってみてください。明日のお天気も良いですよ。

ほのさんのストラップは売り切れてしまったので、私は他のブースでこんなものをゲットしました。

009

文鳥きんちゃくに文鳥マグネット。

文鳥グッズがあるとは思わなかったので嬉しかったです~。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010.05.11

プチお江戸オフ(「龍馬伝」展と人形町)

 昨日は桜桃さんとゆれいさんとTOKIKOさんとプチお江戸オフをしてきました。

江戸東京博物館で「龍馬伝」展を開催中なので、それを観るのが第一目的、そのあとは人形町でランチしましょうということになりました。

140

先に行かれたTompeiさんの話によると、ものすごい混みようだと聞いて覚悟していたんですが、意外や意外、割合すいていてゆっくりと観ることができました。

月曜日は通常お休みなので、やっていないと思ったのでしょうね。

さて、その龍馬ですがすごく筆マメだったんですね~。しかも長い手紙が沢山展示してありました。

上手なんだか下手なんだかよくわからない字なんですが、味のある大物らしい字だと私は思いました。

それに書いてある内容もかわいいというか、素直でいてまっすぐな性格なのが伝わってくるし、すごく家族に愛されて育った人なんだなぁというのが伝わってきました。

特に姉の乙女さんの存在は大きかったでしょうね。

龍馬は33歳で近江屋で暗殺されますが、その暗殺現場を実物大で復元してあり、斬った刀も展示されていました。錆びて、刃こぼれしていて怖かったです。

血しぶきのかかった屏風も展示されていてリアルでしたsweat01

龍馬のものだけでなく、他にも岩崎弥太郎や勝海舟、平井収二郎が爪で書いたという辞世の書や武市半平太関連のものもあり興味深かったです。

歴史的な内容はこの時代いくつもいくつも事件があって100パーセント理解できませんでしたが、この時代何人も若者が時代に翻弄されて命を落としていったんだなぁと。

見ごたえのある「龍馬伝」特別展でした。

江戸博を出た後は人形町まで桜桃さんのiphonナビが大活躍で、両国からの2.4キロを歩きました。

途中で笠間稲荷神社を見つけてお参り。パンパンo(_ _)oペコッ

008

ランチは芳味亭で。洋食屋さんなのにお座敷に通されて小料理屋さんみたいに雰囲気がありました。

014

カニクリームコロッケ、半分に切ったところ。美味しかったです~restaurant

ゆれいさんの食べた洋食弁当も美味しそうでしたので写真を撮らせていただきました。

011

この後、ご用事のあるTOKIKOさんとは別れて3人は水天宮の方へ。

と、松嶋神社を見つけてお参り。ビルの中にあるんですよ~。パンパンo(_ _)oペコッ

015_2

ご存知、ドラマ「新参者」の舞台にもなった水天宮。パンパンo(_ _)oペコッ

018

016

この日は大安で赤ちゃん連れでお礼参り?の親子を沢山見かけました。

人形町のからくり時計。ちょうど2時に近かったので5分待って見ることに。

019

025

谷崎潤一郎はこのあたりで生まれたのかぁ~などと思いながら

小網神社へ。強運のパワースポットです。

東京大空襲のときは、周りが焼け野原となる中、小網神社は奇跡的に無傷で残り、 太平洋戦争の時には、小網神社でお札を頂いたところ、お札を頂いた兵士の全員が生還したという恐るべしの強運神社なのです。

というのをこの間TVで放送したせいか、次々と人がやってきます。

026

  パンパンo(_ _)oペコッ。

え?さっきから何をパンパンしてるのかって?そりゃもう長女の就職成就祈願ですよ~。

藁にもすがる思い。3ケ月前は次女の合格祈願と、まぁ次から次へとお願い事は湧いてくるものです。

その後小伝馬町に向かって歩き、

椙森神社

江戸名所図会にも載っている創建1000年以上超える由緒のある神社です。

029

ここには富塚があります。

江戸時代は火災が多く寺社が度々焼失し、その再建の費用のために有力寺社で当りくじである富くじ興業が行われました。現在の宝くじの元祖の神社です。

030

「ここで宝くじが当たるようにお願いしたら当たるかしら?」と桜桃さんに聞いたら「そういうことを考えている時点で駄目じゃないの?」と言われました(笑)

十思公園に保存されている「本石町の時の鐘」

031

江戸時代はこの時刻の数だけ撞く鐘の音を聞いて時刻を知ったんです。

その際捨て鐘3つを鳴らして、まずは注意をひいたそうな。

この十思公園の中に小伝馬町牢屋敷跡がありました。

033

安政の大獄で捕えられた吉田松陰の終焉の地の碑もありました。

と、ここで時間は15時。雨が降りそうだったのでここでお江戸歩きも解散することにしました。

私とゆれいさんは馬喰町まで歩いて電車に乗ることにしましたが、万歩計持っていけばよかったなぁ。なんだかんだと歩いた気がします。

朝10時から充実した半日でした。ご一緒してくださった皆様、どうもありがとうございました。

長くなってしまった記事を読んでくださった皆様もありがとうございます!

| | コメント (15) | トラックバック (1)

今年の母の日は

今年の母の日は5月9日でしたが、日帰りで姉と一緒に実家に行っていました。

母の日だからってこともありますが、伯母(母の実姉)が入院→退院して実家の母が家で世話をしていたので、私達も顔を出してお見舞いに行ってきたのです。

伯母は茨城でひとり暮らし、子供がいないんです。こういう場合、兄弟が看るしかないんですよね。

もちろん隣近所の方も何かと気にかけてくださってはいますが、今回のように急に具合が悪くなった場合、連絡先が私の母のところに電話がかかってくるわけです。

母は77、伯母は84。まさに、老老介護ですね、実感しました。

父がまだ元気だからいいけど、これで父も具合が悪くなっていたらどうするのかな・・・

伯母はとりあえず元気になったので、また自分の家に戻るようになるとは思うのですが、やせ細った杖をついたあの姿をみてしまうと、一人で大丈夫かな~とかなり心配。

伯母は頭のほうはしっかりしているで、母に対しても食事にぶつぶつ言うらしく、母もかなり疲れて私達が来る前日「面倒をみてるのはどっちよ」「いいよ、私はもう帰るから!」「一人で帰れるなら帰れば?」てな具合に、とうとう大喧嘩したそうな。

血のつながった姉妹でも、いやつながっているからこそ喧嘩にもなるだろうし、一緒に暮らすというのはきついものです。

日本はこの先、こんな話ばかりだろうと思います。

子供の数は足りないし、子供のいる私だって決して当てにはできないし、したくない。

病院に入ってもすぐに出される、施設に入るのも順番待ち、もちろん大金がなければ入れない。

こういう庶民の実態、ボンボン育ちの鳩山さんわかっているのかなぁ~。

なんてことを思った母の日でした。

最後に今年私が娘達からもらったもの

138_2 139 

私は母にSuicaカード、義母にはお花の寄せ植えを贈りました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.05.08

初夏の鎌倉(妙法寺)

前記事のつづき

妙法寺は安国論寺のすぐ近くにあります。

護良親王の菩提を弔うために、息子日叡上人が建立しました。

083

江戸時代に入ってからも将軍や大名の崇敬が篤く、11代将軍家斉も何度も訪問したようです。
現在の本堂は、江戸時代に熊本藩細川家が再建したもの、法華堂は文化年間に水戸家が再建したものです。

084

085

仁王門の背後の石段には苔やシダが密生していることから、「苔寺」として広く知られています。

087_2

この苔の階段は登ることができず、横に階段があるので、横の階段を登ります。

089

階段横にすごい灯篭です。灯篭に木がまとわりついてます。

将軍さんは苔の方の階段を登ったのでしょうね・・・

上から見るとこんな感じ

101

いい感じでしょう~?

法華堂

090

092

法華堂脇に日叡上人お手植えのそてつがありました。

ここからさらにさらに登ります。きつかった~sad

頂上に日叡上人の父君、護良親王のお墓がありました。

098

いつも海を眺められる良い場所に作られたのですね~。

096

実はこの後、私見落としてしまいました。母君と日叡上人ご本人のお墓もあったようなのですが、道を見つけられず元来た道をひきかえしてしまいました。次回への宿題だわね(汗)

それまでにまた身体を鍛えておかなければ・・・

さて、ヨレヨレになりながら帰り道

ここの安養院隣の藤の花が野性的な感じで綺麗でした。

052

半日くらいの鎌倉行きの話が長くなってしまいました。

もしどなたかの鎌倉へお出かけの際の参考になったら嬉しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.05.07

初夏の鎌倉(安国論寺)

前記事のつづきです。

安国論寺

1253年から20年にわたって、日蓮上人が布教活動の拠点とした松葉ヶ谷庵跡。

門のたたずまいから風情があります。つつじが綺麗。

070

門をくぐると・・・

071

いい感じですよ~。

074_2   

073

072

ここには法華経を読誦した富士見台があり、延々と続く細い階段を登ってみました。

相当高いんです。疲れました~。

でもこの景色!海が見える~。

075

そのあとの延々と続く山道。

079

写真じゃわかりづらいかもしれないけど、道幅は狭く木の根っこが飛び出て歩きづらく右側は崖なんです~。左側はお堂とお墓が木々の合間から見下ろすことができました。

そして誰もいなくて、私一人。この道でいいんだろうか?途中で落ちたら誰か気づいてくれるのだろうかとすごく不安になりました。

登ってしまったことを後悔しつつも、もはや後戻りすることもできずsweat01

こんなところを日蓮さんは日夜修行の場として登ったり降りたりしていたのですね・・・

やっと下る階段を見つけ降りた中腹に南面窟がありました。

081

この南面窟はコンクリに固められているから昔の面影はないと思うのですが、なんだか怖くてですね~。いつもなら入り口を覗いたりするけど、寄せ付けない何かを感じる!お地蔵さまみたいなものが二体置かれていたようです・・・?

で、この南面窟って何?って思うでしょ?

ここは日蓮さんが白猿に導かれて難を逃れた場所なんです。

日蓮さんはこの時代「立正安国論」というものを書いて北条時頼に建白したり、他宗教を批判したりしたので、出る杭は打たれるではないけど、この松葉ヶ谷を焼き打ちされたんです。その難を救ったのが白猿というわけらしいです。

山道を下ってくるとちょうど墓地の中に降りてきて、それがまた怖かったんですけどね(汗)

とにかく雰囲気のある霊場の安国論寺でした。

次はもっと雰囲気の良かった妙本寺ですが、長くなってしまったので更に記事を引っ張ります^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.06

初夏の鎌倉 (妙本寺と安養院のつつじ)

GWも終わりましたね。今日はやっと私の休日になったので、ぶらっと鎌倉へ出かけてきました。

鎌倉駅周辺は相変わらずの混み様でしたが、私は反対方向へ散策です。

妙本寺

041_2

もみじの新緑が美しかった・・・秋の頃にもう一度来よう!

040 046_2

白い花はシャガです。

039_2

次に目指すは北条政子ゆかりの 安養院のつつじ

今年はどうも見頃が遅れているようです。

054_2

でも、ここの槇の木がすごいです。樹齢700年

058

その槇の下に群生しているエビネの花。

069

064

この後、安国論寺と妙法寺へ行ったのですが、山登りでした^^;;

写真が増えそうなので次の記事にしますが、お昼の腰越海岸朝どりの生しらす丼だけアップしておきましょうbeer

Ca3909860001

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.05.01

大船フラワーセンターへ

今日から5月。今年のGWは珍しくお天気が続くそうですね。

皆さんいかがお過ごしですか?

我が家も私以外は5連休。でも今日は私も仕事が休みでした。

朝から長女は就活、次女はサークルのバーベキュー、そして残された中年夫婦と高齢の義母は、このお天気にムズムズ、「どこへ行く?渋滞もない近場で、藤の花が綺麗なところ!」ということで大船フラワーセンターへ車で行ってきました。

お昼近くに着いたので駐車場が埋まっているかしら?と思いましたが、意外にもすいていました。皆さん、遠出しているのかな?

さて、はんかちの木ってご存知ですか?

003_2

わかりづらいですよね。

アップにしてみると

005

白いハンカチが木にぶらさがっている感じといえばいいでしょうか。

黒いのは実かな?私はこの木に花が咲いているのを初めて見ました。

011

藤棚はちょうど見ごろです。

  019

私は紫よりこちらの白くてほんのりピンク色に染まる藤の花が綺麗だなぁと思いました。

大船フラワーセンターには温室もあり、冬は気持ちいいのだけど、今日は暑かったです。

こちらも珍しい花が咲いていましたのでご紹介。

038

すごい色でしょう?「ひすいかずら」といいます。マメ科のフィリピン産だそうでまるで藤の花のようにぶらさがっています。

このフラワーセンターには何度も訪れていますが、この花が咲いたところを観たのも初めてでした。

あと、もうひとつ。

039

鮮やかなピンク色のこの花。

しょうが科トーチジンジャーの花です。

他にも沢山春の花が咲いていましたが、珍しい花を集めてアップしてみました。

皆さまも良いGWをお過ごしください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »