« ビールで乾杯 | トップページ | 浮世絵展と駒形どぜうオフ »

2009.08.24

読書「一瞬の風になれ」

久々に爽やかな小説を読みました。

何年か前に話題になっていて読んでみたかったのだけど、3巻もあるし、もし読み切れなかったらもったいないので文庫になるまで待っていました。本屋で見かけたときは嬉しくて即買い。

確かTVドラマ化されていたのだけど、本より先に見るべきか悩んでいるうちに見逃しました^^;

佐藤多佳子さんが著者。この名前どこかで聞いたことがあるぞと思ったら、「しゃべれどもしゃべれども」を書いた人なんですねぇ~。

あの時は落語、今度は高校生の陸上部が舞台。この作家さん、努力する人の熱い思いを表現するのがとても上手です。

私はスポーツ部じゃなかったし、スポーツ観戦もあまり好きじゃないし、そんな運動音痴の人間が読んでも感動しました。

主人公は高校生の新二。新二が語る一人称小説だからとっても読みやすい。

新二は天才的スプリンター、幼馴染の連とともに陸上部に入部する。そしてそこで出会う先生や仲間、後輩たち。他校の選手。そして恋。青春小説ですね。

とにかく読んでいて気持ちがいい。ところどころにキラキラした言葉が散りばめられています。

人生は、世界は、リレーそのものだな。バトンを渡して、人とつながっていける。一人だけではできない。だけど、自分が走るその時は、まったく一人きりだ。誰も助けてくれない。助けられない。誰も替わってくれない。替われない。この孤独を俺はもっと見つめないといけない。俺は、俺はもっと見つめないといけない。そこは、言葉のない世界なんだーたぶん

新二が一本一本の走りを大事にする姿から、もう中年になってしまった自分も改めてひとつひとつのことを大事にしていかなきゃいけないな~と感じました。

それと過ぎ去った自分の青春も思い出して甘酸っぱい感傷に浸ったり^^;

陸上の世界だけじゃなくても、何か一つのことに打ち込むというのはそこから得られることが大きいし、自分だけでなく周りの人も感動させることができる。

おそらく多くの人がもう読んでいる小説だとは思うけど、お勧めです。

昨年、記事にされた涼さんへTBさせていただきました。

|

« ビールで乾杯 | トップページ | 浮世絵展と駒形どぜうオフ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私はテレビドラマを見たと思うのですが…

自分ではスポーツはしなかったのですが、
若い頃真剣にスポーツできる人って幸せだよな~と思ったかな。

そうか、スポーツに限らず(若い頃に限らず)一つ一つ大事にしないとねcoldsweats01

投稿: ゆれい | 2009.08.24 11:47

ゆれいさん、こんにちは!

TVの方をごらんになったんですね。
主役の新二は誰が演じたのかしら?
本を読み終えるとドラマの方も見たくります^^;

>若い頃真剣にスポーツできる人って幸せだよな~と思ったかな。

私は苦手意識が強くてしなかったんですけど、得意な人がうらやましかったです。

でも、ゆれいさんもそのぶんお嬢さんのスポーツを応援していらっしゃいますよね^^

投稿: ぶんぶん | 2009.08.24 15:51

ぶんぶんさん (^_^)

リンクとトラックバックを、ありがとうございます。
文庫化されたのですね。実は第三部は未読です。文庫だったら、持ち歩けるのに。

今日付いたコメントから、2年ほど前の決心がよみがえりました。一つ一つ、大切に生きていこうと思います。(と、やけに殊勝ですねぇ)

投稿: | 2009.08.24 17:27

http://www.fujitv.co.jp/kaze/index2.html

主役はジャニーズの内君でした。
(未成年なのに飲酒して、Newsを首になった彼ね)

投稿: ゆれい | 2009.08.24 17:32

涼さん、こんばんは!
コメントもせず、いきなりTBを送りつけてすみません。
バッテリーも読んだことがなく、この手の小説は初めてなのですが
爽やかに感動しました。

>文庫化されたのですね。実は第三部は未読です。文庫だったら、持ち歩けるのに。

文庫でも3巻は分厚いから単庫本はなおさら重いでしょうね。

>今日付いたコメントから、2年ほど前の決心がよみがえりました。一つ一つ、大切に生きていこうと思います。(と、やけに殊勝ですねぇ)

涼さんは大切に生きていらっしゃいますよ。
私はとかく楽な方に流れる傾向があるので自分を戒めないと^^;;

投稿: ぶんぶん | 2009.08.24 19:26

ゆれいさん、

教えてくださってありがとうございます!!
NHKじゃなかったのね。フジテレビだったんだ・・・
後で直しておかなきゃ。

で、主役は内君でしたか。
あー、そんな感じかも。でも他はちょっと私のイメージと違うかもです。
再放送やらないかなぁー。

投稿: ぶんぶん | 2009.08.24 19:30

この本いいですよね!
元気出ます。
ラスト気持ちの良い涙流しながらよんでました^^;;

上、中、下、とせずに、イチニツイテ、ヨウイ、・・って付けてあるのがすごくぴったりでお気に入りです。

あまりによかったので、その後処女作のサマータイムも私にしては珍しく買ってsweat01読みましたぁ。

投稿: 桜桃 | 2009.08.24 22:42

桜桃さん

おはようございます!コメントありがとうございます。
佐藤多佳子さん、良い本をお書きになりますね。
最初、軽いタッチの語りに慣れなかったんですけど、そのうちぐぃーっと引き込まれて
私も泣けました。

>上、中、下、とせずに、イチニツイテ、ヨウイ、・・って付けてあるのがすごくぴったりでお気に入りです

そうそう、それも作者が考えたのかしらね?

投稿: ぶんぶん | 2009.08.25 07:53

ぶんちゃん、おはようございます。
すっかり秋めいてきました。
読書の秋到来ですね・・・小説もよかれ、単行本、推理小説など様々な本があるけど、ゆっくり読む時間がないのがしゃくです^^;
鞄の中には一冊の単行本が、ページを開けぬまま居眠りしています。

投稿: peco | 2009.08.26 07:50

pecoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そちらも秋の気配ですか?
私は夏よりも秋の方が好きなので、秋が早く来ることには大歓迎です^^

>鞄の中には一冊の単行本が、ページを開けぬまま居眠りしています。

pecoさん、お忙しいですものね。
私は読みはじめると、一日で読んでしまいたくて他のことがおろそかになってしまいます^^;

投稿: ぶんぶん | 2009.08.26 20:37

おはよう~(*^_^*)
もう読書の秋~?
私の見る本はもっぱら手芸関係ばかりだわ…
トールの新刊が出るのが待ち遠しいのだ~(o^-^o)

投稿: さん♪ | 2009.08.27 07:03

さん♪ちゃん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

今日も朝は涼しかったねー。

読書は高校生のころから好きになりました。
主人公になった気分で妄想するのが好き(爆)

>私の見る本はもっぱら手芸関係ばかりだわ…
トールの新刊が出るのが待ち遠しいのだ~(o^-^o)

私の場合実用本は買っただけでもう自分が作った気分になっちゃうのね。
さん♪ちゃんはちゃんと作るから偉い!
また素敵な作品を見せてくださいね。

投稿: ぶんぶん | 2009.08.27 21:44

この本は、娘のaiが、夢中になって読んでいて私にも「いいよ~」と私にすすめていました。
けど、まだ私読んででいませんでした。
この年で、はたして純粋な青春ものに感動できるものか・・・出来なかったら悲しいかも・・・なんてちょっと尻込みしていました(*^.^*)

子供の頃から結婚するまではいつもいろんな本を読んでいたのに、最近では実用書ばかり、とくにアンチエイジングとダイエットに・・・でちょっぴり情けなくなってしまいます。(*´v゚*)ゞ
小説を読んで感動する感性も錆びさせないようにしなくちゃね

投稿: yoshi | 2009.08.27 23:09

yoshiさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

aiさんは読まれたんですねー^^

>この年で、はたして純粋な青春ものに感動できるものか・・・出来なかったら悲しいかも・・・なんてちょっと尻込みしていました(*^.^*)

私もあまのじゃくで、みんながあまりに感動したーと聞くと、え~そこまで??なんて思っちゃうのですが、間違いなく青春時代に戻って感動します。
ぜひぜひ!!たぶんyoshiさんも泣くに違いない^^

投稿: ぶんぶん | 2009.08.28 18:51

このタイミングで今さらなコメント失礼いたします。
↑yoshiママが言っていたとおり、ワタクシ、読破いたしました。
まだ、くるみがおなかに入っていた頃で、会社帰りに某書店に併設されていた「ブックス&カフェ」に本を持ち込んで、数日間通い詰めて読破。
とにかく文庫本の好きな私、1冊千円近くする本はよほどじゃないと買わないので、読んでみてよかったら文庫になるまで待って買おうかと(笑)

内容は、ものすごくよかったです。私も泣きそうになって涙をガマンしました。青春時代の感受性の強さというか、ちょっとしたことにでも思いっきり傷ついて挫折してみたり、でもまたそこから立ち上がって走り出すことができるしなやかな強さが、どことなく懐かしかったりして。
けど、本を読んでむちゃくちゃ感動したあとで見たドラマは、はっきり言って見なくてもよかったっす(笑)
陸上部の顧問はウッチャンで、もともとそんなに本格的な芝居が上手い人ではないし、主役の内クンも演技力ではどっこいどっこいかと……
しかも2時間枠のドラマだったと思うけどストーリー削りまくってたし、なにより短距離陸部のはずがみんな華奢すぎ(笑)
本のイメージを大切にすることをオススメいたします、はい。

投稿: ai | 2009.09.12 01:29

aiさん、おはようございます。
コメント嬉しいです、ありがとうございます。

なんと、このドラマですが私録画していたんです。娘に頼んでいたみたい(笑)
自分でもそのことを忘れていてびっくり^^;

で、この間さっそく見たんですけどね、原作の良さには全然勝てません。
ちょっと削除しすぎじゃない?って思ったし(怒)

あと、陸上を知らない私が文句言うのも変ですが、連の走りがちっとも綺麗に見えなかった・・・それに連もある種主役な話であると思うから、そのあたりの成長ぶりっていうか、なんていうか、もっと描いてほしかったなぁ~~

ドラマから見て原作を読むとまた見方が変わるのかしらね~。
うっちゃんもやっぱりお笑いのイメージが強すぎるから駄目なのね、私がそういう先入観で見ちゃって。
ほんとがっかりしましたよ。全くaiさんと同意見!

投稿: ぶんぶん | 2009.09.12 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/46009959

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「一瞬の風になれ」:

» 佐藤多佳子【一瞬の風になれ】 [徹也]
新二は、連を抜くことができるのだろうか? [続きを読む]

受信: 2009.08.24 21:26

« ビールで乾杯 | トップページ | 浮世絵展と駒形どぜうオフ »