« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.30

トールペイント完成!

今日はまた朝からさん♪ちゃん先生のところにお邪魔してこの間のトールペイントの作りかけの作品を完成させてきました。

目を恐る恐る描き、次に葉っぱの部分。

001_2

筆使いが難しくてね~、苦労しました。

スワンの片側の絵だけで午前中が終わってしまったので、今日は完成するのは難しいかもしれないとあきらめたのですが・・・

だんだん要領がつかめてきて、午後からは一気にペースアップ。

じゃ~ん、完成です!いささかしおれかかったマーガレットになってしまったけど(笑)、

私にしては会心の出来です。

003

お友達のふくちゃんの作品も載せますね。

002

上手でしょう?ピンクのお花でとっても素敵。私のと比べちゃいやぁよsweat01

お手本ではスワンの首にもリボンを描くのだけど、難しそうなので逃げてうちにあったリボンを巻きました。

004

これからコーヒータイムが楽しみになりそうです。

さん♪ちゃん、どうもありがとうございました。またお教室を開いてくれることを期待しています^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.04.27

快復

その節はインコのふくちゃんのことでご心配いただき、ありがとうございました。

本日また病院予約日で連れていきました。

駅までの桜の木が新緑で綺麗でしたよ。

004

電車を乗継ぎ、30分ほど。小さい鳥かごに入れて大きめの袋に入れて持っていきます。

たまに袋の中をこっそり覗くと、ものすごい顔でにらみつけ、天井にはりついていましたsweat01

先生からは「あ~、いいですね。骨盤が閉まってますよ。もう注射は打たなくても大丈夫。」とのお墨付きをいただきました。

今更ながら、骨盤が開いた状態だったのだなぁ・・・と。本当に人間と変わらないですよね^^;

前回卵詰まり、今回卵巣嚢腫ということで排卵異常があるので、なるべく発情させないように気をつけなさいとのこと。次回、発情したらまた今回のような注射をうたなければいけない可能性が高いそうですsweat02

発情させないということは次女を近寄らせてはいけないってことなのよね・・・

006

狭いかごから広いかごに戻した直後の、げんなり気味のふくちゃん。

好きな対象がちーちゃんじゃなくて良かったけどね・・・でもちーちゃんが追いかけまわさないように別のかごにしています。

009_3

帰ってきてくれたのね~と熱い視線をふくちゃんに送るも知ら~んぷりのふくちゃん。

010_2

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.04.23

窓ガラス修理

今日も先日に引き続き家のメンテナンスの日でした。

我が家は建ててから9年経ち、汚れつつもいまだに快適に過ごしてはいるんですが・・・

窓ガラスをすべてペアガラスにしていて、ペアガラスは皆さんご存じのように窓が二重になっているので、冬の間結露が出来なくて、防音や防犯にもなるし、とても良いものです。

、ガラスとガラスの間(内側)に結露が出来ちゃって、窓が曇って外が見えない!というありえない不具合が生じました。

何故か、よりによって2Fの娘の部屋の窓ガラスだけ不具合が出てきまして交換している有様です。

これで4枚目ですよ、奥さん!crying毎年のように次々と・・・

きっと建てた時の窓ガラスの切り方、あるいはゴムパッキンが悪かったんじゃないかと思うのですが・・・

無償で交換してくれるから良いようなもののangry

窓ガラスを交換するってことでお天気の良い日、かつ私も家にいなきゃいけないってわけで、出かけようと思っていた予定が狂って がっくりsweat02

一番大変なことは娘の部屋を片付けなきゃいけないってわけで、この間からうるさく片づけろ~、片づけろ~と言ってやっと床が見え^^;綺麗になりました。

窓も綺麗になったことだし、この状態をなんとかキープしてほしいです。

今の子ってなんでしょうね?床に物を置くんですよね。この間、TVで片づけられない女特集?をやっていましたが、将来あんなふうになるんじゃないかと心配sweat01

ゴミをゴミ箱に捨てられなくて床に捨てるようになったら、かなり危険ですなcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.04.18

インコのふくちゃんの次なる病気

またもや1年ぶりに病院通いになりましたsweat02

1か月前くらいから発情期(次女に対しね^^;)が始まり、なんとなくお腹が出てきているなぁとは思っていたのですが、ものすごく元気もあり糞の状態もいいので、ずっと様子を見ていたんです。

前回のように卵を産むようなりきむ様子が全くなく、でもお腹は膨れたまま。

う~ん、また卵詰まりか?と思い、今朝小鳥の病院へ連れていきました。

先生、光を腹部にあて、「卵じゃないですね。これはもっと厄介かもしれません。レントゲンと超音波(MRI?)を撮って詳しく調べましょう」と。shock

あ~、もっと早くに連れてくればよかった・・といつもながら申し訳なく感じる私。

ここからは覚書として、そして同じくインコを飼っている方が検索で来た方の役にたつように載せておきます。

↓の写真が超音波画像です。ふくちゃんは排卵障害から起きる卵巣嚢腫、あるいは嚢胞性卵管であるということでした。お腹の中は液体がたまっているそうです。

Ca390400_2 この画像を見ても素人はさっぱりわからないですが、先生は詳しく説明してくださいました。

お腹が大きいため、通常の位置より胃も少し上の位置にあがっている。このままだと肺にも影響して息が苦しくなるとのこと。

治療としては外科手術と内科治療がある。

外科手術となると危険を伴うことと嚢胞性卵管の場合は効果。が、卵巣嚢腫の場合効果はである。そして費用は84000円( Д) ゚ ゚

一方内科治療は注射、あるいは内服薬でお腹を小さくするというもので効果は嚢胞性卵管、卵巣嚢腫共に。注射費用は3675円。

先生「ふくちゃんはまだ若いし、内科治療をしながら駄目だったら外科手術をするということで様子を見るのがいいかと思います。内服薬と注射とどちらにしますか?」と。

内服薬だと水に混ぜてで、どのくらい飲んだかわからないし、確実な注射にしてもらいました。

注射の中身は発情を抑える薬だそうで、人間にも使われる薬とのこと。

発情を抑えるとお腹も小さくなるんですって・・・

でも、その時羽毛がごっそり抜けるらしい。なので、ちょっとその時元気がなくなるかもしれませんってsweat02

とにかく次女を見ると喜んでしまうふくちゃんなので、次女にも極力接触をさせないようにしないといけません。

今までメガバクテリア症、卵詰まりと患ってはその度ごと元気に復活したふくちゃん、今度も絶対良くなるよね?とりあえず現在の様子は元気なので、それだけが救いです。

♀って人間でも鳥でも厄介な性ですね・・・

♂のちーちゃんは発情しても全然平気なのにsweat01

なんかずるい。まさか鳥には更年期なんてないよね?

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009.04.16

トールペイント

今日は仕事仲間であり、ネット仲間でもあるさん♪ちゃん宅におじゃましてトールペイントを習ってきました。

今回は前回と違って大物ということもあり、午前10時からお弁当を持っての参加です。

スワンの形のコーヒーフィルターケースなのですが、

素材にやすりをかけてくるまでが家の宿題。

033 034スワンの色は白くペイントするのですが、ムラになってしまい、なかなか上手に塗れません。左の写真はまだムラ状態のスワン。

このあと、何度も何度もドライヤーで乾かしながら重ね塗りしていくんです。

これが簡単そうでいて、なかなか時間がかかる作業で・・・

この段階で私のお腹が「ごぉ~~っ」って鳴り、苦笑いcoldsweats01

時計を見たらもうすぐ12時というところでした。

我ながら自分の腹時計の正確さに感心^^;あっという間に2時間経っちゃったのね!

昼を食べて休憩、そしてまた塗り始めること2時間。

塗り終わると水でぬらした目の細かいやすりで表面を平らにして、くちばしの黄色い部分を塗りました。くちばし下の部分にシャドウを入れて、立体的に。これが難しいんだわsweat01

今日はここまでで時間切れとなりました。

035

この次は羽の部分にいよいよ絵を描きます。できるのか?>自分

でも、下手くそながらもだんだん形になっていく自己満足の世界が本当に楽しいです。

さん♪ちゃん先生、今日はどうもありがとうございました。

出来の悪い生徒で申し訳ないですが、次回もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.04.13

ひとり昼ご飯

今日もとってもいいお天気で、明日からこの天気も崩れるらしいので、仕事休みの今日はどこかへお出かけしたいところなのだけど・・・

今の家を建てて9年目。あちこちメンテナンスが出てきて今日は業者さんが来るので、どこへも出かけられず・・・sweat02朝から大掃除です。毎月来てもらうとこの家は常に綺麗な状態を保てるかと・・・(汗)

本日の昼ごはんは冷蔵庫にあったアボカドとねぎで作りました。

Ca390403

ooLife*オーガニックレシピ手帖*さんとこの

とろ&とろ☆アボカドのねぎ味噌生姜丼

私のはごまがかかっていないので見た目が寂しいですが、とっても簡単で美味しいです。

アボカドが好きなので、何度もリピートしています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.04.09

花見リベンジ王子界隈4(完結)

つづき

名主の瀧公園を後にした私たち、まだ体力が有り余っていたので金剛寺まで足を延ばすことにしました。

その途中、石神井川沿いの遊歩道に桜が延々と続き、咲き誇っていました。

080

077 目黒川沿いの桜を思い出しました。似た感じですが河川の幅が若干広いかな?

そして臭くないのがいい^^;

081

緑の緑地に吊り橋が。揺らして遊びました^^;

金剛寺

083 別名紅葉寺とも言い、やはり八代将軍吉宗の命によりカエデが沢山植えられています。

吉宗さん、やるわよね~~。平成の世まで桜も紅葉も庶民は楽しませていただいていますよ~。

また、源頼朝が伊豆で挙兵した後、隅田川を渡って武蔵国へ攻め入るときに、金剛寺あたりに陣を張ったといわれていて源頼朝の布陣伝承地との説明板が立っていました。
 

頼朝が信仰し、江戸時代も広く信仰の対象となった松橋弁天が安置されています。

094 七福神のうち、弁天様は中に祀られ、他の6人の神様達は外にいらっしゃいました。

086 087 088 089

090

金剛寺から王寺駅に戻ります。

とにかく桜が綺麗!

096_2 

このオフでは一体何回数え切れないほど「綺麗ね~」という言葉を発したことでしょう。

ご一緒してくださった皆様、この美しさを共に味わえて本当に嬉しかったです。どうもありがとうございました。そして、また楽しく歩きましょう!

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2009.04.08

花見リベンジ王子界隈3

前の記事のつづき

王子稲荷神社

050 真正面から撮った写真が思いっきり逆光で失敗だったので、横からの写真になってしまいました。

個人的には今回一番訪れてみたい神社でした。

だって、こちらの神社、大みそかに関東一円のお狐さんが参詣にくるという伝承がある、いわば関東支部代表みたいなお稲荷さんなんです。

すごく怖いくらいご利益がありそうじゃございませんか?

小高いところに狐穴の跡もありまして、さすがにそこは罰が当たりそうで撮影できなかったのですが・・・その下にお社がありました。

053

「御石様」と呼ばれる石が祀られ、願い事を唱えながらその石を持ち上げ、その軽重によって占うというものです。

先陣をきって私、願い事をもごもご念じながら持ち上げてみますと・・・

重っ!!持ち上がらないsweat01

あのですね、私、日ごろ力仕事をしてますので20キロくらいまでは平気。

腕っぷしにはかなり自信があるんですけどsweat01

他の方はどうかというとですね、陶片木さんは軽々と・・・

どうやら私の願い事はかなり難しいらしいですつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

あきらめきれずにもう一度しつこくやってみましたが、わずかに持ち上がったものの私には重たかったです。。。

次の名主の瀧公園へ向かう途中で見つけた桜

057

樹齢何年なんでしょう?かなり遠く離れないとカメラに収まらないくらいの枝ぶりで、もうもうその美しさにうっとりです。子供たちと若いママたちが桜の下で遊んでいて、そりゃのどかな光景です。

実は遠回りになってしまったルートでしたが、この桜に出会えて良かった!

058

名主の瀧公園

江戸時代後半、王子村の名主であった畑野家が、湧き水を利用して庭に開いたもので、落差8メートルの迫力ある男滝をはじめ、女滝、独鈷の滝、湧玉の滝の4つの滝があります。子村の名主・畑野家が屋敷内に滝を開き、一般の人たちも利用できる避暑施設として誕生しました。
073_2 062

男滝

064

067

女滝もなかなかの水流です。

ここは紅葉の新緑もすごく綺麗で、マイナスイオンを身体いっぱいに感じました。

070

まだつづく

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.04.07

地元の桜@柏尾川2009

お江戸の桜ばかり褒めていると地元の桜が可哀そうなので、今日は地元の桜も愛でてきました。

このところ柏尾川の花見で検索してこられる方が多いので、本日の柏尾川の桜を載せておきましょう。

満開を過ぎて散り始めていますが、まだ楽しめますよ。

005

010014 

ほんと、桜って癒される~~ 最後に家の近くの公園の桜です。

なかなかの枝ぶりでしょう? 028

今日も暖かくて気持ちの良い一日でした^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

花見リベンジ王子界隈2

つづき

音無親水公園

042

日本の都市公園100選に選ばれています。

石神井川の旧流を整備して造られたのが音無親水公園で、音無川という名前の由来は、八代将軍吉宗が紀州の音無川にちなんで命名したということです。

本当にここの桜が綺麗で、上から花びらが降ってくるんです。癒されました。

038_2 ←音無橋

041046 ランチは王子神社近くのカレー屋さん「インドのライオン

インドビール飲もうか、どうしようか?なんてモタモタしているうちに、料理を見たらすごい量で飲むのを控えました^^;

普通の辛さにしたら、ちと物足りなかったな~。

それと、カレーが熱くないのがちょっと不満sweat01だけど、皆で食べれば何でも美味しいのよ^^;

王子神社

047 初代家康公は天正十九年、二百石の朱印地を寄進し、将軍家祈願所と定め、この後代々将軍の崇拝を受け、「王子権現」の名で江戸名所の一つとなりました。

王子神社の境内には「髪の祖神」関神社がまつられています。

049

「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」で有名な「蝉丸公」は延喜帝の第四皇子にして和歌が巧みなうえ、琵琶の名手であり又 逆髪で嘆き悲しむ姉君のために侍女に命じて「かもじ・かつら」を考案して髪を整える工夫をしたことから「髪の祖神」として崇敬を集め、江戸時代奉斎したことが始まりとされています。

(またつづく

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2009.04.06

お江戸オフ番外編(花見リベンジ王子界隈)1

今日は先月末の新宿御苑の桜が満開ではなかったのが悔しくて、もう一度花見オフをしてまいりました。日ごろの行いが良いのでしょう^^お天気に恵まれ、しかも満開で大感激のオフでした。

今回も歩きましたよ~~。メンバーはTompeiさんTOKIKOさん桜桃さん陶片木さんhichaさんと私の6人です。

本日のコース

南北線「西ヶ原駅」11時集合→①一里塚→②七社神社→③飛鳥山公園→④音無親水公園→カレー屋さんでランチ→⑤王子神社→⑥王子稲荷→⑦名主の滝公園→⑧金剛寺→川沿いの桜を堪能しながら→王子駅で解散(15時45分)

まずは①一里塚

008_3  江戸幕府は日本橋を起点として全国の街道に一里塚を設置しました。

一里塚には榎などの木が植えられ、木陰で旅人が休息を取れるように配慮されていました。

この一里塚は日光御成道の日本橋から二里目に当たります。

七社神社

当初、行く予定に入っていなかったのですが、あまりに立派な鳥居に導かれてお参りしてきました。ここがとっても気持ちが落ち着くお社で寄ってよかったと思いました。

011_3

江戸時代には西ヶ原村の鎮守で、無量寺境内の高台、現在の旧古河庭園内にあったそうで、 明治初年に、神仏分離により現在の地に移されました。

だから境内には古河家寄贈の孔子像と孟子像があったのね~と後でわかるのはいつものこと^^;;

015 014

社殿の左に八重桜「御衣黄(ぎょいこう)」が咲いていました。

花は淡い緑色で、日が経つにつれ花の中心が紅色になり、やがて花びらが部分的に薄紅紫色になる桜で、私は初めて見ました。珍しいですよね~。

飛鳥山公園

017 飛鳥山公園は八代将軍吉宗が享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、飛鳥山を桜の名所にしたという、江戸時代から続く由緒正しき花見場所なのです。

当時、桜の名所地では禁止されていた「酒宴」や「仮装」が容認されていたため、江戸っ子たちは様々な趣向を凝らして楽しんだということです。

どこを見ても満開の桜。

風が吹くとはらはらと散る花びらに私達一同うっとり~。

030

公園の中にある青淵文庫は渋沢栄一の傘寿の祝いと、 男爵から子爵に昇格した祝いを兼ねて竜門社が寄贈した建物で、国・重要文化財です。

020 

ステンドグラスとタイルが美しかったです。

021 建物脇に咲く大島桜

022_2 

私たちも桜の下でお弁当を広げたいところですが、おやつだけに留めておきました。

033 032

つづく

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2009.04.01

第14回お江戸花見オフ(その3)

前記事のつづき)西念寺の隣なのに、愛染院は道がわからなくて探すのに時間がかかりました。一人だったらあきらめたと思うけど、皆が一緒だと迷うのも楽しいから不思議^^;

愛染院

052 愛染院には『高松喜六の墓』と『塙保己一の墓』が残されています。

残念ながらお二方の墓は見つけることができませんでしたが・・・

喜六は内藤新宿の“生みの親”。

そして、塙 保己一(はなわ ほきいち)は幼い頃に肝臓を病み、7歳で失明。

13歳で江戸に出て、音曲・鍼医術を修め、国学、漢学、和歌、医学など幅広く学びました。和学講談所を設立して多くの門人を指導し、41年の歳月をかけて編さんした「群書類従」を刊行した苦学の人です。

180px100_views_edo_086_2

内藤新宿についてはTompeiさんがわかりやすく書いてくださっているので、そちらにお任せすることにして、 私は歌川広重『名所江戸百景』の中の「四ツ谷内藤新宿」の錦絵を載せておきましょう。馬の足を前面に出したこの構図が斬新というか、素晴らしいです!

ということで、やっと本日の予定全コースを終えて、市ヶ谷の宴会場所へと向かうことになりました。もうお腹ぺこぺこ~。

この時、すでに5時をまわっていたので、四谷から市ヶ谷の一駅を歩けるかしら?宴会予約時間に間に合うかしら?と思いましたが、案外近いのですね。

四谷の外濠の二分咲きくらいの桜を眺めおしゃべりしながら歩いていたら15分くらいで着いてしまいました。

夜の部から桜桃さんはますけさんも参加し、賑やかに乾杯。写真はほんの一部。最後の〆にそばを食べるのって初めてだったけど、すごく美味しいのね~。くせになりそうです^^;

054 056

057 058_2 055_2

4月から鍼の専門学校に通われるアリスさんにツボ押しをしてもらったり肩を揉んでもらったりと、今回は豪華ケアつきお江戸オフとなりました。

私って自分では肩コリじゃないと自覚しているんだけど、本当は少し凝っているらしい・・・

鈍いのは頭だけじゃなかったようで(爆)

楽しい宴会はあっという間に時間が経ちお開きとなりました。

本当はこのあと、千鳥が淵の夜桜見物という企画もあったのですが、桜が満開には程遠かったのでやめて帰りました。

ご一緒してくださった皆様、本当に楽しかったです!どうもありがとうございました。

また江戸歩きしましょうね!

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »