« プッチンプリン | トップページ | 瀬戸内寂聴展へ »

2008.03.10

春のスイーツ

080309_07120001

週末、ホワイトデーのお返しを買うために行った美味しいケーキ屋さんで季節限定もののスイーツが売られているのを見て買ってしまいました。

桜餅のようなもちっとしたババロア風のムースとでもいいましょうか・・・

美味しかったわ~^^

それ以上に気に入ったのがこのムースが入っていた器。

桜の柄がなんともかわいらしいこと。まさに私好み。

080310_11570001 

080310_08520001三つ足のところも気に入り、中にも桜の花びらが。

いちごを入れたりするデザート皿にするのに手ごろな大きさですし、なんてことのない煮物を入れても美味しく見えそう^^

娘には「この容器が欲しくてこれにしたでしょ?」といわれましたが、図星ですhappy02

|

« プッチンプリン | トップページ | 瀬戸内寂聴展へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそう!
もちっとしたムースってどんなのなんでしょう?想像してぽわーんとしてしまいます。
そして桜の器とてもかわいいですねぇ~♪
私も三つ足の器好きです。
これに筍の煮物とかをささっとのせたら春っぽくてよいですね~。

投稿: はますけ | 2008.03.10 13:31

はますけさん

コメントありがとうございます。
体調その後いかがですか~?

>もちっとしたムースってどんなのなんでしょう?想像してぽわーんとしてしまいます

なんていえば良いかな~。
上の層は普通のバニラムースで下の層が桜色の桜餅っぽい食感なんですわ!
いちごも入っていて美味しかった~^^

>これに筍の煮物とかをささっとのせたら春っぽくてよいですね~。

私のセンスのない料理も器でカバーできそうですよー(*^^*)

投稿: ぶんぶん | 2008.03.10 14:07

これからの季節にいいですね~
大きさはどのくらいなのでしょう?

投稿: TOKIKO | 2008.03.10 17:46

可愛いですねえ!
中身も食してみたかったですよ。

そんなに大きな器ではないんですよね?

投稿: ゆれい | 2008.03.10 18:00

TOKIKOさん、ゆれいさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

TOKIKOさん

春らしくていいですよね。
大きさはこの間生楽ちゃんからいただいたお茶碗をひとまわり大きくした感じかな。


ゆれいさん

ピンク色も優しい感じで好みです^^
ここのケーキ屋さんは地元では有名なんですけど、車じゃないと行けないのです。
でも、近かったら毎日通っちゃうからちょうどいいかも^^;

>そんなに大きな器ではないんですよね?

今計ってみたら直径9センチありました^^高さが5センチほど。
だから小鉢代わりにきんぴらとかもちょこっと入れられて、いい感じです。

投稿: ぶんぶん | 2008.03.10 19:30

ぶんぶんさんは どうしてこんなに美味しそうな物を見つけるのが上手いんでしょ!
どちらかと言うと甘党の私にはたまりません!^^

投稿: くま | 2008.03.10 21:57

まんなかの緑は、ミントじゃなく木の芽(参照の葉)に見えるのですが・・。
正解はなんだったですか?ところでこの器がいくつそろったんですか?(笑)

投稿: | 2008.03.10 23:23

くまさん、惑さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

くまさん

>ぶんぶんさんは どうしてこんなに美味しそうな物を見つけるのが上手いんでしょ!

やっぱり食いしん坊だからでしょう(笑)
それとも出歩くせいかな?^^;

このところ体重がオーバー気味で控えなければ・・・と思いつつ
食べちゃいます(;´д`)

惑さん

そう、そのとおり!これ、木の芽です。真ん中には桜の葉(塩漬け)も入っていました。
和風スイーツって感じかな・・・


>ところでこの器がいくつそろったんですか?(笑)

本当は6個そろえたかったんですが、4個までで売り切れでした。
全部買い占めた私(笑)

投稿: ぶんぶん | 2008.03.11 07:20

こんにちは~。 これ、おいしそうですね~~♪ 
そういえば、ムースって何年も食べていないような気がします。
久しぶりに食べたいです。 上に乗っているのはいちごですか? 桜かしらん?
そして、桜の器がまたかわいいですね。happy01
ぶんぶんさんはその器になにを乗せて食卓にだすのでしょうか。楽しみです。heart04

投稿: ちょこわ | 2008.03.11 19:47

テルミニストのちょこわさんhappy01こんばんは~。
コメントありがとうございます。

これねー、とっても美味しかったですよー。

>上に乗っているのはいちごですか? 桜かしらん?

刻んだいちごが散りばめてあるのと、桜も入っていました。
それで色合いが綺麗なんですよね~。

器も入って400円なんですけど、けっこう満腹になりました^^

>ぶんぶんさんはその器になにを乗せて食卓にだすのでしょうか。楽しみです。

てんつゆを入れてもいいかな~と。
色々使い道がありそうです^^

投稿: ぶんぶん | 2008.03.11 21:14

うわわ~、おいしそうっっ。
画面見てたら…おなかがグーっと(エド・はるみ風に)
春は特に新作スイーツが花盛りですよね~。
新作じゃないけど、先日までは毎日のように桜餅食べてたな(;´Д`A ```

にしても惑さんの、
>ところでこの器がいくつそろったんですか?(笑)
もツボでしたけど、ぶんぶんさんの
>本当は6個そろえたかったんですが、4個までで売り切れでした。
全部買い占めた私(笑)
には笑いました~。
惑さん、ぶんぶんさんのこと読み切ってる?!(笑)

投稿: ai | 2008.03.12 07:25

aiさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。

>画面見てたら…おなかがグーっと(エド・はるみ風に)

グー、グーグッグッグ~~♪
お味もグゥ~♪
おまけに器もグゥ~♪

でございます^^

>新作じゃないけど、先日までは毎日のように桜餅食べてたな(;´Д`A ```

桜餅は母乳を出すのにもグ~
くぅたんも可愛さグ~

ってとまらないじゃないのー(笑)


>には笑いました~。
惑さん、ぶんぶんさんのこと読み切ってる?!(笑)

そうなんですよね。
惑さんに限らず皆さん色々と突っ込んでくださるのが楽しくて嬉しいですhappy02

投稿: ぶんぶん | 2008.03.12 16:26

おいしそ~♪
コメントを読んでパンナコッタの味を思い浮かべました。

私もババロアやムース系、だ~い好き(^^♪
かまずに食べちゃうからたくさん食べたくなってしまう。

この器に、春の山菜を盛りつけたら
季節感たっぷりでいい感じ♪

桜の絵柄は私も見つけると気をひかれます。
トールでも桜の柄を描いてって頼まれるし、桜の柄は人気ですよ~♪

ここ数年、桜ブームが続いていて「桜のアンコ」が入っているパンや
今川焼きなどもあるでしょう。
あの桜アン、大好き♪(^ー^♪

歌も「桜」を歌った歌がずいぶんヒットしたよね~

投稿: さん♪ | 2008.03.12 16:50

おいしそう~heart04
また器もイイですねcherryblossom

もしかして、4個買い占めて、お一人で全部召し上がったんぢゃ・・・!?(^^;
ぶんぶんさんも一緒に「骨盤トントン体操」しましょうよ~♪

投稿: アリス | 2008.03.12 18:04

さん♪ちゃん、アリスさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

さん♪ちゃん

パンナコッタも好きですよー^^

>この器に、春の山菜を盛りつけたら
季節感たっぷりでいい感じ♪

今日は春の山菜ではないけれど、きんぷらを盛り付けてみました。
なんとなく高級感っぽいきんぴらに見えましたよ^^

>桜の絵柄は私も見つけると気をひかれます。
トールでも桜の柄を描いてって頼まれるし、桜の柄は人気ですよ~♪

やっぱり日本人って桜が好きなんですよねー。
どうしても桜に惹かれます。

そういえば納豆のパッケージを桜バージョンにしたミツカンってなかなか商売上手ですよね^^

関係ない話だけど、今日はヨッシーをさん♪ちゃんの代わりに残業することもなく、無事に仕事が終わりましたscissors

アリスさん

>もしかして、4個買い占めて、お一人で全部召し上がったんぢゃ・・・!?(^^;


あはは!まさかですよーー
6個買ったら余ったぶんを食べる手もあったのだが・・・^^;


>ぶんぶんさんも一緒に「骨盤トントン体操」しましょうよ~♪

アリスさ~ん、この私が骨盤トントンを試していないわけがないじゃないですか。
痩せてたら記事にしましたって^^;

でも、人によって効く効かないがあると思うので、アリスさんは頑張って続けてくださいね!


投稿: ぶんぶん | 2008.03.12 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/40450149

この記事へのトラックバック一覧です: 春のスイーツ:

» エコバッグ [エコバッグ]
また来ます!私のサイトにも遊びに来てみて下さい。 [続きを読む]

受信: 2008.04.04 08:36

« プッチンプリン | トップページ | 瀬戸内寂聴展へ »