« 春のスイーツ | トップページ | 遠い道のり »

2008.03.13

瀬戸内寂聴展へ

今日はずっと見に行きたかった「瀬戸内寂聴展」へ行ってきました。

これといった小説は読んでないのだけど、高校の授業で聞いたこの方の源氏物語のテープが面白くて強烈に印象に残っています。

080313_14550001

瀬戸内寂聴さんが作家生活50周年を記念して開かれたこの展示では、愛用の品々や天台寺の仏像や資料、写真などが紹介されていました。

宇野千代さん、川端康成さん、三島由紀夫さんの直筆の手紙もあり、寂聴さんの人となりがわかるような展示会でした。

「田辺聖子展」の時も思ったのですが、作家さんというのは文章を生み出すだけではなく、絵も描けるし、多才!本当に芸術家なんですね・・・

080313_11020001

一箇所だけ撮影可能な場所があって撮影しました。執筆をされている場所の再現です。

京都・嵯峨野の寂庵での日々をビデオで流していましたが、出家の理由も語られていて興味深いものでした。

いわゆる道ならぬ恋をして夫と娘を捨てて出奔したわけですが、夫にはそのことは言わず「作家になるから」と家を出たので夫と子供のためにも自分は作家にならなければならなったと語っておられました。

娘には本当に申し訳ないことをした、私は地獄に落ちるでしょうとも言っておられましたが、今は多くの人を救っておられる寂聴さんですから大丈夫でしょう。

会場には100円で愛のおみくじをひけるようになっていて、私もひいてみました。

080313_14510001

寂聴さんの素敵な絵が描かれていました。

裏に「吉」

本当の愛は無償です。

お返しを求めないことです。

と書かれてありました。

う~ん、なかなか耳が痛いお言葉です^^;

瀬戸内寂聴展は横浜高島屋で16日までです。ご興味のある方はぜひ行ってみてくださいね。

|

« 春のスイーツ | トップページ | 遠い道のり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ、寂聴展をやっているなんて気がつきませんでした。
行ってみますね。いいこと教えていただきました。
おみくじもやってみたいわ。いい絵ですね。しおりに出来そう?

投稿: つつじ | 2008.03.13 18:15

つつじさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます。

ご存知ではなかったですか?
ご興味がおありなら、お誘いすればよかったなー。

>おみくじもやってみたいわ。いい絵ですね。しおりに出来そう?


おみくじはしおりには厳しいかも。
紙が薄いので。
でも、見ているとなんだかとても癒されますよ。

あと、出口で「老いを照らす」という新書本を買いました。
読みやすいし、これからの人生において参考になりそうなので
読書家のつつじさんにもお勧めですgood

投稿: ぶんぶん | 2008.03.13 19:20

また、うらやましいお出掛けで・・・(^^)

ずーっと昔(ハタチ頃)『女徳』を一気に読んだことがありました。
瀬戸内さんはお元気ですよね~
札幌でも開催されないかしら・・・高島屋はないから無理かな

「老いを照らす」読んでみようかな

投稿: yoshi | 2008.03.14 00:05

>本当の愛は無償です。

>お返しを求めないことです。

ウチの奥さんがよく
「あんたには何も期待してないから」
と言っているのはこのことでしょうか?^^;

投稿: くま | 2008.03.14 14:12

yoshiさん、くまさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

yoshiさん

yoshiさんは瀬戸内晴美の時に読まれたのですね。
私は寂聴さんになってからの方です。

>瀬戸内さんはお元気ですよね~

ほんと、お元気ですよねー。
声にもハリがあるし、とても今年86歳には見えません。
北海道にも展示会があると良いですねー。

>「老いを照らす」読んでみようかな

寂聴さんの法話、講演の傑作選なので、とっても読みやすいですよ。

くまさん

爆))

こんなに尽くしてあげているのに、~してくれないとか相手にも同じことを求めちゃいけないってことですよね^^;


投稿: ぶんぶん | 2008.03.14 19:37

私も本を読んでいないのですが、
お話をお聞きして、すごく共感したことや
教えて頂いたことがありました。

このおみくじって手書きなのですか?
すごく素敵なおみくじですね。

執筆のお部屋はミニチュアでしょうか?
手を伸ばせば何でも届くようなお部屋で
私なら何もしないでゴロゴロしちゃいそうです。(^^;)

投稿: 陶片木 | 2008.03.14 20:33

陶片木さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

寂聴さんのお話ってユーモアがあっていいですよね。

>このおみくじって手書きなのですか?

手書きのものを印刷されているようです。
これを4月8日の花祭りのときに寂庵でぱ~っと配って拾うみたいです。
会場では箱の中から自分で選ぶようになっていました。

>執筆のお部屋はミニチュアでしょうか?

ミニチュアではなく、実物と同じような形で部屋が作ってありました。
寂聴さんもごろっと横になってしまうので、いくつもめがねをつぶしたとおっしゃっていました^^;

投稿: ぶんぶん | 2008.03.15 14:16

寂聴展行ってきました。
こちらにトラックバックしたかったけれどなんだか私の管理画面からトラックバックするスペースが消えてしまっているの。そんなわけでトラックバックすることが出来ませんがぶんぶんさんの所を記事内リンクしましたのでお知らせいたします。
ちなみに恋占いは大吉でした。

投稿: つつじ | 2008.03.15 20:34

つつじさん

記事内リンクありがとうございます。

昨日の雨の中を行かれたんですね^^

寂聴さんのお宝、沢山あってその中でも交友関係が羨ましいと思いました。
お食事をされているお顔も良いお顔をしていらっしゃいましたね^^

投稿: ぶんぶん | 2008.03.15 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/40485946

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内寂聴展へ:

« 春のスイーツ | トップページ | 遠い道のり »