« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.29

うさぎやのどら焼き

昨日、日本橋に行った時、こじんまりとした和菓子屋さん「うさぎや」に行列が出来ていました。以前ここのどら焼きが美味しいと聞いたので、おみやげに買って帰りました。

080228_17420001

080228_17430001_2   

アップ写真が近すぎてボケちゃったけど、本当に感激ものの美味しさでした。

北海道産の柔らかく煮たあずき(粒餡)がずっしりと。

皮はしっとりふわふわと。あずきもしつこく甘くないんです。皮とあずきのバランスがすごくいい!

こんなに美味しいどら焼きは初めて食べたといっても大げさではありません。

本店は上野のようですが、ぜひ皆さんも召し上がってみてください。本当に美味しかったの。

お店の回し者ではありませんよ^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.28

「篤姫展」と「北斎展」はしご

今朝の良い天気を見て布団を干したい、美容院に行きたい、窓拭きしなきゃと、色々したいことがあったのだけど、一番したいことは・・・江戸東京博物館へ「天璋院篤姫展」を見に行くこと!えぇい!行っちまえ~!

となると、せっかくのお江戸入りです。日本橋の三越新館でやっている「北斎展」も見たい!

北斎展は富士山の写真か自分で描いたイラストスケッチを持っていけば900円の入館料が無料ということを惑さんの記事で教えていただいたので、写真のない私は朝から富士山の絵をお絵かき^^;

とにかく急がねば!!ひととおりの家事をこなし、10時に家を出発。

目指すは江戸東京博物館。

080228_11180002

チケット買うところから並んで、さらに500円を払って音声ガイドをゲット。

うぅ、結構混んでるよー。やっぱりNHK大河ドラマを見ている人は多いのね。

めげずに中へ進みます。松坂慶子の音声ガイドがとてもいいです。ガイドも幾島になりきって説明をしているので、とても分かりやすかったです。

篤姫ゆかりの品々もさることながら、直筆の手紙、幕末の騒乱を伝える歴史資料もたっぷりでかなり見ごたえのある展示会でした。

最後の方の展示で自分は徳川の人間であるから薩摩には戻らない、もし連れ戻そうとするなら自分は自害する、徳川家の存続をお願いする手紙があるのですが、見てたら篤姫の思いが伝わってきて泣きそうになりました。

将軍家定は急死してしまったから嫁いだものの1年半くらいの結婚生活だったわけで、それなのにそこまで嫁ぎ先に生涯をかけるなんて、今の女性ならできないんじゃないかな・・・私なら実家に帰っちゃうと思う(ボソリ)

女の生き方に深く感動して江戸東京博物館を後にしました。

次は日本橋三越新館へ

080228_14130001

東京駅から歩くと、やっぱり上の高速道路がうっとうしい日本橋。

北斎 富士を描く展」は3月2日まで。

幼稚園児並のイラストを恥ずかしげにおどおどと入り口で出して、中へ入りました。

結構混んでいました。(さん、すいてるって言ったじゃないのよ~^^;)

北斎の描いた富嶽三十六景と富嶽百景が展示されていて、これまた素晴らしい!

この間見た「広重の名所百景」も良かったけど、やっぱり北斎は天才。

股の間から覗いた富士とか、お茶目な感じのする北斎さん、好きだなぁ。

とまぁ、人に押されながらもゆっくりビデオまで見てきました。

さすがに今回の展示会のはしごはきつくて、帰りに甘いものを補給するために「山本山」へ寄り道しました。上から読んでも下から読んでも「山本山」でよく知られていますが、こちら創業元禄3年から続いている老舗なんですねー。

とっても居心地が良いお店で、落ち着けたので日本橋に来た時はまた寄ろうと思いました。

300円で桜餅と抹茶のセット。抹茶はお代わりももってきてくれて嬉しかったです。

080228_15330001

東京駅に向かう途中にある八重洲通りの平和の鐘

080228_15560001

江戸検定を受けた人ならご存知と思いますが八重洲というのは慶長5年に大分県に漂着したオランダ船の乗組員ヤン・ヨーステンの名前から八重洲となったんです。

家康に迎えられ日本とオランダの交流に尽くしたヤン・ヨーステンの顔をもっと近くで見たい?

こんなお顔です。乗っていた船は「デ・フリーデ号」

080228_15570001

首だけだから、怖いよー(汗)

帰り道は疲れて電車で爆睡。あやうく乗り過ごしそうになりましたが、今日は江戸づくしで大満足な1日でしたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.02.26

掃除

このところの強風吹きまくりで、夫は花粉症が発症した模様です。

花粉症の皆様、大丈夫ですか?

私は花粉症ではないですが、それでもなんとなく目と鼻がこそばゆくなります。

さて、やたら家の中が埃っぽいので仕事休みの昨日は掃除をしました。

し始めたら、色々気になって去年の暮れに見送った押入れも掃除しました。

去年も着られなくなったものを処分したはずなのに、まだ探せばあるもので、それらが一山分。家にためておくとゴミ屋敷になるので^^;近所のリサイクルボックスに自転車にのせ、ヨロヨロと捨てに行きました。

押入れの中のはぎれもすごくたまっていて、それを厳選し引き出し式の衣装ケースに保存。

見やすく使いやすくしたら、このところ触っていないパッチワークもやりたくなってきました^^

とまぁ、気づいたら夕方の5時をまわってまして、大仕事でした。

でも気分爽快です。

まだ細々としたものも残っていて、今日も掃除したい気分なんだけど、お仕事なのよねーー。この気持ちが帰ってくるまで維持できていると良いけどなぁ・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.02.21

鎌倉へ

今日は銀行へ行く用事があったので出かけたら、お天気に誘われてそのまま鎌倉まで行ってしまいました。

鶴岡八幡宮のぼたん園が見ごろと看板が出ていたので、行ってみると

Ca390017_2

艶やかな寒ぼたんが綺麗に咲いていました。

源氏池のあたりは梅がちらほらと

Ca390023

今年の鎌倉の梅は遅いみたいですが、今日のような陽気が続けば一気に咲くかも。

Ca390024

今まで何度も歩いていると思うのに、一度も気づきませんでした。

「鶴亀石」ですって^^水でこすると鶴と亀が浮かび上がる不思議なお目出度い石らしいです。

どっちが鶴でどっちが亀が浮かび上がるんだろう??雨の日にもう一度確認してみたいです。

Ca390026

久しぶりに八幡宮でお参りさせていただきました。

今日は県内の公立高校の受験日なので、お友達のお子さんが合格しますようにとお願いしてきました。少ないお賽銭で自分の家族のことも^^;

お昼は一人でも入りやすいミルクホールへ行きました。

ここの大正時代みたいな雰囲気が好き。

Ca390028

Ca390029 Ca390030

ハヤシライスと切子グラスに入った苺ムース。

ちょっと暗めの店内が落ち着くんです。

お天気なのに、布団干さずにまた遊んじゃったよcoldsweats01

春はもう、すぐそこに来ています。ますますお出かけしたくなっちゃうわ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.02.14

展示会はしご

今日は一人で東京まで二つの展示会を見てきました。

まずは千代田区九段生涯学習館2Fで開催中の江戸時代の浮世絵絵師「歌川(安藤)広重の名所江戸百景」の百二十景全揃を見に行ってきました。

Ca390008_2

(教えてくださった惑さんの記事にトラックバックします)

あまり知られていないのか、それとも見終わったのか?人がほとんどいなくて間近でじっくりと一枚一枚堪能することができました。

広重の絵は構図が素晴らしく、A4ぐらいのサイズ?にすごく遠近感があり、この場所から本当にこんなに見渡せたの?遠眼鏡で見てるの?って思うくらいです。

赤の色がぴりりと要所に入り画面を引き締めていて、ド素人の私が説明するのもお恥ずかしいのですが、素晴らしいです。浮世絵がゴッホに影響を与えたというのもすごくわかる気がします。

江戸オフをするようになってから、あぁここも行ったわ!という場所がいくつかあるのも嬉しかったです。

さて、その次は有楽町の出光美術館で開催中の「王朝の恋ー描かれた伊勢物語」を見に行ってきました。こちらは入場料1000円です。

Ca390010

先日の江戸オフの言問橋を渡ったことで私の古典魂に火がつきまして、伊勢物語を急遽読んでいったので、こちらは予習ばっちり♪

しかし、こっちはものすごい人でした・・・人気なのね^^;

在原業平という人、色白の優男だったみたいですね~。

入ってすぐに見立業平涅槃図という絵があり、これが業平が中心に寝ているところの周りに大勢の女性たちが取り巻き、おいおいと泣いている図で、ちょっと笑えました^^;

業平さん、都を捨て東下りするもその途中途中で何人もの女性と関わりあうわけでして、相当な色男です。老女にも情けをかけて共寝しちゃうしね^^;(この老女が今でいえば40すぎぐらいだっていうから嫌になるわ)

その男女の色恋歌物語が絵巻や屏風として展示されており、歌と共に描かれている図はまさに芸術です。

高校の教科書に載っていた有名な「筒井筒」の段も蒔絵硯箱になっていたりと昔からこの伊勢物語が愛されてきたのだということがわかりました。

この伊勢物語があったからこそ、源氏物語も生まれたんでしょうね。

さて、この出光美術館は初めて行ったのですが、帝劇の9階で眺めがとても良いところでした。

遠くに見えるのが桜田門です。広重だったら、どう描くでしょうか?な~んて思いながら眺めていました^^

Ca390009_2 

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2008.02.11

クレーム

ついこの間の話なのだけど、本をAmazonで買ったんです。

近頃本屋へじっくりと行く暇がなくてAmazonで取り寄せることが多くなりました。

それで、取り寄せしたのは2冊なんですが、どうしてもすぐに読みたかった1冊があったことと、翌日なら家にいるということで、配送料を350円払って注文日の翌日届けにしてもらいました。(普通に急がないお届けの場合1500円以上なら無料)

ところが!

待てど暮らせどこない!留守にもしないで家にいるというのに!夜遅くくるのかな?と思って風呂に入る時間もずらし・・・それなのにとうとうその日は来ませんでしたangry

来ると思って来ないとすごくがっかり!自分の時間も無駄になった気がして・・・

割合穏やかな私?なのですが、その時ばかりはカッカと無性に腹が立ちまして、カスタマーサービスにその翌日朝一番にメールを入れました。

翌日届くということで配送料を払って留守にしないで待っていたのに、届かないのでは翌日便の意味がないではないか、それでも配送料は取られるのか?納得できません!というようなことを。

そうしたら丁寧なお詫びのメールが来ました。

確認の結果配送業者の都合で遅れたことがわかり、大変申し訳ございませんでした。配送料はお返しします。返金完了したらまたメールでお知らせしますという内容。

まぁ、当然!当然の話なんだけど、すっきり。すっかりご機嫌直っちゃった。

やっぱりクレームの対応って迅速にないとね。

これで、何にも返事がなかったら2度とAmazonには頼むもんかって思うし、執念深い私は周りにも「あてになんないわよ、あそこは」と口コミで拡げちゃうし、こういう時こそ客のリピーターを増やすか減らすか決まるのだと・・・。

でもさ、これ私が何も言わなかったら配送料は取られっぱなしだったのかな~^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.02.07

水天宮とトールペイント展

今日は仕事仲間でもあり、ネット仲間でもあるさん♪ちゃんと日本橋まで出かけてきました。

今週は昨日まで連チャンの仕事で身体がきつかったのですが、遊びとなると話は別。足取りが軽くなるから不思議です。

さん♪ちゃんの娘さんはただ今ご懐妊中なので水天宮に行ってお参りすることとなりました。私も初めて行く場所です。

080207_14280001

壇ノ浦合戦で命を落とした安徳天皇も祭られているという水天宮、一度訪れてみたい場所でした。赤いお社が青空によく映えました。

080207_14300001

境内には子宝いぬという像があり、干支の玉をなでると安産になるとか・・・

080207_14430001

安産子育て河童という像もあり、子河童が足のところや肩にしがみついていて、とても可愛かったです。

参拝を済ませ、人形焼を買った後は、次の目的地日本橋三越新館7Fで開催中のトールペイント展へGO!

とても混んでいると聞いていたのですが、午後行ったせいか割合ゆっくりと見ることができました。

さん♪ちゃんがトールペイントに詳しいので横で解説してもらえて幸せ。

絵心のない私は無理だろうと思いつつ、いつか習いたいなぁ~と思いました。

こうしてやりたいことがたまっていって、全て中途半端になるのだけど^^;

トールペイント展を観たあとは三越本館へ移動。

バレンタインフェアをやっていたので、こちらも覗こうと^^

080207_16210001

入り口のGODIVAですぐにひっかかる二人。

のどが渇いていたし、休憩なしだったので一休みすることにして、ホワイトショコラ・ラズベリーソース(確かこんな名前だったと思う^^;)という飲みものを頼みました。

中はシェイクみたいな感じで上は生クリームだけど、ラズベリーソースの酸味が効いていてしつこく甘くない!後に喉が渇く甘さじゃないのね。美味しかったですよ~。

一息ついて、バレンタインフェアに出店のお店を一回りしました。

歩いていると「いかがですか~」とほんの一口のチョコを楊枝に挿して目の前に差し出してくるので、お断りする必要もなく・・・happy02

どのチョコも美味しかったです。けど、お高いの。たったの3粒で2000円近くするものもあり、さんざん迷ったあげく買わずに帰ってきました。

だって、うちの夫甘いの大好きだから質より量って感じなんだもんバキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!

というわけで、今日もあっという間に一日が終わったのでした。

さん♪ちゃん、どうもありがとうございました。またお出かけしましょう!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.02.05

第8回江戸オフつづき

さて、4つの神様をまわった私たちが次に目指すは

弘福寺 (布袋尊)

1121283_img

江戸時代は鳥取藩池田氏の菩提寺で震災で罹災し、昭和8年に再建しています。

森鴎外の墓所も最初はこの弘福寺にあったとか。

三囲神社(大黒神、恵比寿神)

画像があるのですが、ここにアップするのに写真をパソコンに落してみたら

怖いものがうつっちゃったの(ひぇ~~今日気づいたよ。大汗)

どうりで陶片木さんが「怖いから外で待ってる!」桜桃さんが「ここは駄目!私は本殿は撮れない」と騒いでいたわけです。

読んでいる皆さん、怖い気分に陥れてごめんなさい。

気分を変えましょうclub

さぁ、七福神を回った後は浅草です!

在原業平が政争に敗れ藤原高子を失い、失恋と失意の中を悶々とした気持ちで東国に旅立つ時、詠んだ「名にしおはば、いざ言問わむ 宮古鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」(伊勢物語「都鳥」)

高校生の時に古典で習ったことを覚えています。

その言問橋を私達は失意の中ではなく、陽気にもんじゃを目指し^^;渡りました。

1121285_img

やっと隅田川を見ました^^

浅草寺でお参りをすませ、もんじゃやさん「ひょうたん」で夜の宴会beer

美味しい画像と様子はコチラコチラ。 もんじゃ普及委員長、副委員長の手さばきにただただ見惚れるヒラのもんじゃ普及委員の私。 いったい何種類食べたんでしょう?美味しかった~。 そして場所を変え 最後のデザートでお開きとなりました。

どうもご一緒してくださった皆様、楽しいオフをありがとうございました。またご一緒しましょう!

【おまけ】

白髭神社で「えんみくじ」というものをひいたのです。

080205_06470001_2

私は「勝利との縁」の紫の勾玉をひきました。

実は私の生年月日のラッキーカラーが紫だということをつい最近知りました。

紫ってあんまり好きな色じゃないので、身につけるものをひとつも持っていなかったので、偶然にも紫をひいたことが嬉しかったです

変な写真を撮っちゃったけど、これで守ってくれるはずcoldsweats01

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2008.02.04

第8回お江戸オフ

すっかり皆さんに出遅れてしまった形ですが、先週末に第8回お江戸オフをしてまいりました。

メンバーは今回の殿は惑さん!を一人交え、お女中たちは、Tompeiさん陶片木さん(途中合流)、hicha(生楽)さんTOKIKOさん桜桃さんみるきいさんLeafさんと私です。

今回のコースは隅田川七福神めぐり。こういうのって楽しいですよね~。

と言いつつ七福神の神様を全員言えない私もどうかと思う^^;

13時に東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅集合。

まずは①多門寺へ(毘沙門天)

1121269_img

茅葺きの山門が風雅でした。天徳2年(958)創始の古寺です。

次に梅若伝説で有名な木母寺、そして隅田川神社へ寄ったあと、

白髭神社(寿老神)へ

祭神は猿田彦命ですが白髭にちなみ寿老人にみたて、隅田川七福神では字は寿老神と使い分けしているそうです。

1121276_img

と、ここで陶片木さんが現れました!

はっ!途中で合流すると前もって伺っていた私、連絡をくださいねと自分でしつこく言っておきながら携帯がなっていることに全く気づかず(3回の着信と迷子メール2回)・・・わーん、ごめんなさい。

よくぞここにいると当たりをつけて合流できたものだと・・・これはここまでの三福神のご利益があったとしかいいようがないです^^;

向島百花園(福禄寿尊)

1121277_img_2

お花はほとんど咲いていなかったけど、句碑も所々に立っていてとても風情のあるところでした。江戸時代から愛されてきたんだな~と思いました。

ここで東屋の椅子に腰かけながらお菓子を広げてしばし殿を囲み団欒。

ここで甘いものを補給したにもかかわらず、「吉備子屋」さんに寄り、きびだんご10本のうち、むりやり殿に2本買わせて食べさせる女中たち^^;

080202_15110001

あたたかくて美味しかった~~。更に途中「志満草餅」屋に寄り道して、草もちを買った方の美味しい画像はコチラ

長命寺(弁財天)

080202_15310001

その昔、三代将軍家光が墨水沿岸で鷹狩を行った際、急に病を催し、この寺で休息することになって、境内の井戸水で薬を服用したところ、たちまち快癒したので、家光は霊験に感じ、長命水の名を捧げた。以後、長命寺と改めたというすごい謂れがある割に、なんだか本堂が安っぽいと言っちゃ失礼^^;

裏手のお庭の方が趣がありました。

そして、この長命寺といえば、ここの裏手にある桜餅が有名なんです。

どんだけぇ~~食べるんでしょね、私達

1121280_img

3枚の桜の葉に包まれた桜餅、初めていただきましたが、濃いめのお茶とともにとても美味しかったです。

あ、ここは殿が召し上がりたいとおっしゃったのです。ご命令にそむくとお手打ちになりますからね(違)

ここで時間切れのみるきいさん。お別れしたあと、すぐ近くの「言問」でおみやげ言問団子を買う女中数名^^;

080202_16100001

080203_07300001

このお団子は帰ってきてからhichaさん作のお茶碗と共に撮影したんですけど、お値段が高いの。6個で1100円。出かけると財布の紐がゆるむわね。(お味はもちろん美味しかったですよー。)

それでも桜桃さんが買われた草餅を買わなかったことが悔やまれて・・・^^;

やっぱり長くなっちゃうお江戸オフの記事。

後半はまたつづきにしていったん終わらせます。

オフが終わった翌日からの仕事が連日酷いほど忙しくて眠くなっちゃうんです。

お仲間の皆様、TBやコメントはゆっくりさせていただきますのでお許しを・・・

| | コメント (8) | トラックバック (6)

2008.02.01

メスのセキセイインコの飼い方

080201_19520001

ご心配いただいた皆様、どうもありがとうございました。おかげさまで本日ふくちゃんは退院できました。1日とはいえ、いなくて淋しかったこと・・・

覚書、そして同じセキセイインコのメスを飼っていらっしゃる方が検索していらっしゃった時のために。

本来はセキセイインコの卵を産む時期は春と秋らしいのですが、うちの場合何故か冬^^;

卵を産むと体力を消耗しますので、なるべくなら産ませないようにした方がよいと。

そのためには巣作りするような環境におかないこと。

うちのふくちゃんは下に糞を掃除しやすいように新聞紙を敷いているのですが、それをボリボリにしていました。それも巣作りにつながるので避けるために必ず網を敷いたりして防いだ方が良い。

夜は早く寝かせる。夕方の5時~6時頃に布ないし、ダンボールを被せて暗くしてあげる。暗い時間を14時間作る。

いつまでも夜遅く起こしていると1年中発情してしまうそうです。

(そういえば、人間の子供でも10時過ぎまで起きていると早熟な子になるといいますね~^^;)

気温が高いと発情しやすい。冬は暖房のきいていない部屋で生活させるようにする。もちろんこの場合体力のある子の場合ですが。あまり過保護にすると体力が低下して病気にかかりやすくなるそうです。

一匹で飼っている場合、発情する相手は人間になります。

うちの場合、次女をそういう対象として見ていました^^;

なので発情時期(糞がいつもより大きくなる、鼻の色の変色、匂いがきつくなる)はあまりかまわないこと。お気に入りのおもちゃもはずすこと。)

特に背中は触ってはいけない。本来ならオスが乗るので^^;背中は過敏になっているそうで刺激してはいけないそうです。

というわけで、うちに帰ってきてからも布を被せてかまってあげられないのがつらいーーー(;´д`)

早く発情期終わらないかなーー(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »