« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.27

休みだ、休みだ!

やった~!今日は私の休日です!

25日には少しだけ初給料もいただき、これを使ってみたいけれど、勿体無くて使えない状況。(夫のお給料はさっさと使うのにねぇ~^^;)

さて、私がバイトしていることで、働く場所は違うけれどやはり接客業のバイトをしている長女と互いにどっちのバイトがきついかで、よく話をしております。

実は私、当初はこのお中元のバイト、一度働くと再度お歳暮・お中元の時期にバイトの話がくるということで、いいな~と考えていたわけです。

でも、実際働いてみますと短期であるが故に集中して忙しく、かなりきついということがわかったので、2度目は働くなら違うバイトを探そう~なんて思っているこのごろなんですのよ^^;

で、長女なのですが長女はきついバイトにもかかわらず、「もうこのバイト以外はこの先しないと思う」なんて、言っているわけでして・・・

理由を聞いてみますと「これでやめたら今まで苦労して覚えたことが無になるから勿体無いじゃん。」と・・・。

いや~、正直言ってびっくりしました。こういう考え方をするようになったとは成長したなぁ~と。根性があるじゃんと少し嬉しく思いました。

娘を見習え>根性なしの自分

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007.06.21

無線LANできました

前々回の日記で、2台のパソコンをインターネットに繋げようとすると、一台しか使えないという記事を書きました。

そうしたら、毎度のことながらお仲間の心優しき男性陣がどうにかして繋げてくれようと何度もコメントに書いてくださいました。

そのお気持ちだけでものすごく嬉しくて感激した私なのですが、なんとしても繋げたい!

私もご好意を無駄にしたくないし、努力しました。

復習するとまずパソコンとADSLモデムとAtermの繋げ方が微妙に間違っていたことが一点。

あと、フレッツADSLで契約しているので、その設定をAtermの設定でしていたことが一番の大きな原因でした。

MADさんに教えていただいたやり方で駄目だったらNTTの方に電話しようと思っていました。今後私のように繋がらない人のためにここでMADさんのコメントをそっくり載せておきます。

一旦Atermのリセットスイッチを押して、Atermを初期状態に戻して下さい。で、つなぎかたガイドの通り、ADSLモデムをAtermのWAN端子へ、有線PCをPC1端子に接続して下さい。次につなぎかたガイドの4.の親機にインターネット接続のための設定をしようの通り管理画面を開いて、管理者パスワードを設定し(他で必要になるので控えておく) 回線タイプはADSL、ルータ機能は使用する(ルータモード)、PPPoE接続機能も使用するにします。で、次の画面の接続先名はniftyとでもして、ユーザー名・パスワードはADSL接続のためのユーザー名・パスワードを設定して、フレッツ・スクウェア接続は設定しないにして設定ボタンを押せば、有線PC側から接続できるはず。 無線PC側は取扱説明書の5-86ページ以降の「5-10無線LAN内蔵パソコンから接続する」の所の、らくらく無線スタートEXで設定する、の通りにやれば接続できるかと思います。

すごく親切なわかりやすい説明でしょ。ちなみに私のパソコン環境は一台はXPで有線でつなぎ、一台は無線Lan内蔵のVistaで機種とメーカーも違います。

説明書は分厚いのですが、字も小さいしどれが自分のパソコン環境にあてはまるか素人にはよくわからないんです。

このわかりやすいご説明のおかげで一発、2台とも繋がるようになりました。

できないとあきらめたら、その時点で本当にできないんですよね。

あきらめずに努力すること、それが大事だということを改めて感じました。

(でも、好きなことだから最後まであきらめずに頑張れること確か)

パソコンから人生を語るぶんぶんでございます^^;

この場をお借りして

zordさん惑さんくっきもさんhirocakepさんMADさん、お忙しい中何度も色々教えてくださってありがとうございました。

私がこうして3年以上ブログ生活を楽しんでいられるのは、PCの件に限らずいつも助けてくださったり共感してくださる皆様のおかげだと本当に感謝しております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007.06.19

愚痴

今日も今日とてバイトへ行ってまいりました。

クレームの胃が痛くなるような電話を受けながら、他にも問い合わせの電話、そしてそのうち内線・・・そしてまた問い合わせ。なんだって私が電話番の日に限って電話が多いのさっ!

こっちもクレームじゃないかとびくびくしているからお客様に伝わるのか、「あなたでわかるの?」きついお言葉。

わかりませんって答えて放り投げだすことができるならどんなに楽か・・・私だってバイトだからわかりませーんって言いたいよ。正社員の人が代わってくれるのは本当に最後の最後なのだ・・・

ひとつの処理をし終える前に次のことが覆いかぶさり、今日の私の脳はパンク寸前、いやはみ出てたかもでした^^;

へろへろ状態になって家に帰り、次女に「今日はさ~、大変だったよ。忙しくて~」

と言うと、娘冷たく「そんなにきついなら、やめれば~」と。

私「何言ってるの!お母さんはそんな途中で投げ出すなんて嫌いなの。最後まで頑張る。」

娘「だったらさー、好きで働いているんだから愚痴なんて言わなきゃいいでしょ。」だって(;_;)やけに大人の発言により凹む私。(o´Д`)=з

そうなんだけどさー、愚痴くらい言ったっていいじゃん。許してよー。

夫は外で憂さをはらせるけど、女の私は娘に聞いてもらうしかないんだからさー。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.06.16

パソコン戻る

4月に壊れたパソコンを修理に出して2ヶ月近く、あんまり時間がたちすぎて忘れていたら、電気屋さんから電話がかかってきて直ったとのこと!さっそく取りに行ってまいりました。

修理内容を見るとメインボードとハードディスクとLCDユニットとメモリの部品を交換したらしい^^;これってほとんど中身を交換なんじゃないの?

というわけで、我が家にはパソコンが2台となり、憧れの無線LANにしようと試みたものの・・・

設定が難しい!あぁ、こういう時パソコンに詳しい人がいたなら~。ブログ仲間のあの方やあの方、そしてあの方が旦那さんだったら・・・(笑)

恨めしい目で夫を見つつも、「俺はできないよ!」とはっきり宣言されたのだから、私がやるっきゃないわけで・・・

古いパソコンにはLANが内蔵されていないからこれを有線にして新しいパソコンを無線にしようと、ADSLモデムと買ってきたばかりの無線エータームをつなげました。

たくさん線があってどれがどれなんだかわかりゃしないーー;

やだやだ!今までつながっていたインターネットにもつながらなくなってしまいました。仕方がないのでプロバイダのニフティさんに聞きました。

本当に電話だけで対応がわかるのだから、お仕事とはいえ尊敬してしまいます。

しかし、ニフティさんはあくまでもADSLモデムとパソコンのつながりだけを確認してくれるわけで、エータームをつなげてインターネットにつながらないのはエータームに原因があるからそっちに聞けとおっしゃる。

電話番号を調べて聞くのも面倒くさくて、説明書を見ながらいじくっていたら偶然にもインターネットにつながり、一人で「私って天才~~!」と叫んでいたら娘に白い目で見られました^^;

しかし問題はここから先で、もう一台がどうしたってつながらないー(汗)

LAN内蔵なんだから電源を入れればすぐにつながるんだろうと思っていた私の考えが甘かったです。説明書を読んでもわかるようなわからないような・・・?つかめそうでつかめない。

あちこちいじって元の状態を忘れる有様・・・

2台あってもインターネットが出来ないんじゃ意味がないじゃないっ(o´Д`)=з

でも、きっと明日こそつなげてみせるわ!

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2007.06.10

働くということ

バイト3日を終え、やっと私の休日がやってまいりました。

たった3日間なのに、個人的には1ヶ月働いたような疲労感・・・^^;まだまだ先は長いよー(汗)

2日目なんて、通勤電車が事故でとまるという予想外のハプニングで、遅刻はするわで、働くって通うだけでも本当に大変とつくづく感じたのでした。

いつも夫が「今日も電車が遅れた!」と言ってむちゃくちゃ怒っているのを「大変ね~」とは言いながらどこか他人事だったのですが、今はすっごく気持ちがわかります。

お父さんたちやOLさんは毎日電車がちゃんと動いてくれるんだろうか?という不安とともに通勤しているのねぇ~。

それにしてもお中元の仕事を甘くみておりました。かなり忙しくてあっという間に夜になってしまいます。7月からは落ち着くという話なのですが、戦場のようです(汗)

私の仕事は裏方の仕事で、お客様が買われたお中元の品の伝票をチェックするのですが、この伝票の処理の仕方が品物によって何パターンもあって、覚えるのに必死です。

1枚の伝票が多くの人の手に渡り、そしてお中元の品が届くんだなぁ~としみじみ・・・大昔いた職場とは全く畑違いなので、新鮮な驚きがあります。(現場ではそんなことに浸っている暇もないのだけど)

とにかく、今まで気楽に長年主婦をしてきた私にとっては、色々覚えるのが大変で、夜寝てても伝票処理している夢を見るのよ・・・寝た気がしない(o´Д`)=з

意外と過去をひきずる女なのかも、私って^^;

明日からは電話業務も加わり、さらに忙しくなりそうですが、とにかく無事に勤め上げようと思っています^^

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007.06.06

真夜中の電話のつづき

今朝、前の記事をアップして家事をこなしていたら、電話がかかってきました。

なんと昨日のママさんからでした。やや、もしかして私の記事を読んでないよね^^;

ママ「昨日は夜分に申し訳ございませんでした。あれから時計を見ましたら1時45分でした。それなのに奥様、ちっとも嫌な顔をなさらずに応対してくださって・・・。もうお休みになられていたでしょう?」

私「えぇ、まぁ~。でも、携帯の持ち主はあれから見つかったんですか?」

ママ「はい、やはり●●さんでした。」

私「それはよかったですね~。」

ママ「私はね、ママと言ってももうすぐ70歳になろうというおばあさんなんです。だから携帯とかわからなくて・・・。」

(確かに夫もおばあさんだよとは言っていた)

私「はぁ~、お若いお声でそうは見えませんですよ。いつもお話は伺っております。」

ママ「本当に夜分遅くに失礼いたしました。どうぞ奥様もよろしかったら今度遊びにいらしてください。」

私「ありがとうございます。ご丁寧にどうも。」

というような会話を交わして電話を切ったのでした。

もしや、ママはあの後うちの夫婦がもめたのではないかと心配されて、歳が70近いとか言わないでもいいようなことを話されたのかしら・・・?

大丈夫だって。首絞めたりしてないから。

それとも妻の怒りをかって馴染み客の一人が減ってしまったら困ると思って電話をくれたのかしら・・・?だとしたらさすが客商売。

いずれにせよ、丁寧なママさんだったし、気持ちが伝わったので許してあげることにしました。

なんて、寛大なのぉ~、私って!いい妻じゃん。夫よ、感謝してよね!>自分で言うか^^;

P.S. 明日よりいよいよアルバイトに出かけます。疲れきって記事の更新やコメントのお返事が遅くなったり、皆様のところに以前のようにおじゃまできなくなるかと思いますが、どうぞお許しください。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

真夜中の電話

それは草木も眠る丑三つ時でございました。夫も私も爆睡中。

と、我が家の電話が鳴り響き・・・

やや、こんな真夜中に実家の両親に何かあったか?と思い飛び起きました。

我が家はナンバーディスプレイを使用していますので、相手先の番号がわかります。

見慣れない番号に、はて間違い電話か、久々のH電話か?と思いつつ、「はい?」とだけ出てみました。

「もしもし・・・」

(゜Д゜)なんと女だった!その声は!!

以下括弧の中は私の心の中

誰だよ?夫の愛人でも電話をかけてきたか?あれ?バイト先のチーフの声にも似てるぞ、年増っぽいな・・・

「夜分遅く大変恐れ入りますがそちらは●●さんのお宅でいらっしゃいますか?」

「はい、そうですが」

「そちらの●●さんはご主人様でいらっしゃいますか?」

やっぱり夫の知り合いだよ!夫を出せってか?なんつー時間にかけてくるんじゃっ

「わたくし、●●のママをやっておりまして、実は今晩旦那様が携帯を忘れられたと思うのですが・・・」

「それで、先ほどその携帯がなったのですが、私携帯の使い方がわかりませんし、電話番号がわかりませんで104で調べてお電話した次第です。お仕事で明日もお使いになるでしょうし、どういたしましょうか?」

はは~ん、●●のママだったんかいな。携帯を忘れるなんてこのアホッがっ!!)

「いつも主人がお世話になっております。それは大変ご迷惑をおかけしました。ただいま主人に聞いてみますので少々お待ちくださいませ。」

こんなやりとりをしているにもかかわらず、夫はゴーゴーいびきをかいて寝ているわけで・・・

そりゃそうよ、ご帰宅は12時半でその行きつけの●●のお店で飲んで帰っていい気分なんだからさ。

夫を叩き起こして、「●●のママから電話!アータッ携帯忘れたでしょっ!!」

夫、もそもそと布団から出てきて電話を変わりましたが、ママと話をするも「この時間にかかってくる携帯電話はいたずら電話だと思うから、ほっといていいよ。あ、ちょっと、待ってて・・・」と鞄をチェック。

「俺、携帯忘れてないよ!それ、隣に座ってた●●ちゃん(夫の飲み友達)じゃないか?え?わざわざ104で聞いてくれたの?悪かったね~。じゃあね~。」

そして、電話を切ると「俺じゃなかったわ」と言い、布団に入るやもう寝る体勢。

私「アータ、こっちはそんな時間に起こされて目が覚めちゃったじゃないのさ!どうしてくれるのよう~」

夫「俺のせいなの?」な~んて言いながら、1秒くらいで鼾ですよ。

他に誰のせいだっていうのよ。寄り道しないで真っ直ぐうちに帰ってきていれば、こんな遅くに電話なんてかかってこなかったんだから!

夜遅くまで飲み歩いているお父さん、忘れ物にご注意ですよ。奥さんに角が生えますよ。

ったく、夫の奴!石が落ち着いたらもうふらふらと寄り道してからにー。痛くなっても知らないからねっ `Д´

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.04

6月入ってアレコレ

気づいたらもう6月になっていました。さっき自分のサイトを開こうとしたら開かなくて、しばらく休んでいたので、消されたかとあせりました^^;

江戸オフの後、バイトの研修、夫の石、親戚の不幸とバタバタしておりました。

あ、夫の石というのはうちの旦那は金持ちならぬ石持ち(腎臓)なんです。

それが悪さをしてイテテテとなりまして、とりあえず痛み止めをもらって現在小康状態に落ち着きました。

親戚の不幸は今日が告別式で行ってきました。

まだ49歳という若さで急死したので、もう涙涙で・・・・今もブルーな気持ちをひきずっています。

お坊さんがおっしゃっていました。「あれをしてあげればよかったと後ろを見るのではなく、前を向いて『今までありがとう。私は元気に生きていきます』という前向きな気持ちでお別れするのが亡き人への供養になるのです。」と。

その通りなんですけど、そう言われても家族としては辛いものがあるでしょう。

老いも若きも人生何が起きるかわかりません。

毎日を大切に、自分自身に対して、そして人に対してもああしておけばよかったと後で後悔しないように生きたいと改めて思いました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »