« 下剤の恐怖 | トップページ | 雨 »

2005.10.07

『蝉しぐれ』を観た

今、藤沢周平の「蝉しぐれ」を読み始めていて、映画もやっているので気になっていたのですが、思いがけず友人に誘われたので、観に行ってきました。

NHKでも以前やっていて、本当は内野聖陽の方が好きなんだけど、市川染五郎もなかなかきりりと格好よかったです。

良かった・・・・涙ぼろぼろ。

日本人の忘れられた精神がこの映画にすべてつまっていたなぁと・・

親を敬う息子、自分の思うように生きたくても生きることが許されない時代、好きだという思いも伝えられない、自分の命は自分のために使えない。そして凛とした純愛。

現代に生きている私たちってなんて幸せなの。そして、なんとけじめのない世界になってしまったのか・・・

若い子にも観て欲しいけど、この歳になったからわかるのかもなぁ・・・

「蝉しぐれ」かなりおすすめです。

映像も日本の四季が美しく映し出されて、なんとも懐かしい感情になりました。

でも一青窈の「かざぐるま」がイメージソングだけで、残念でした。最後に歌が流れればよかったのにー。

|

« 下剤の恐怖 | トップページ | 雨 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

よさそうな映画ですね。見れたら見てみますね。
このごろ本当に「日本人どうした!」と思うような出来事多いです。
自分の職業に誇りと責任をもったプロ意識って薄れているような気がしてなりません。

三浦綾子さんの石狩峠に 自分の体で脱線事故を防いだ鉄道マンの話しありましたよね。
事実なのか創作なのか忘れましたが。

投稿: つつじ | 2005.10.07 19:55

そうですか・・・
やっぱり、よかったですか(^^)

私も今一番見たいと思っている映画なんです。
山本周五郎や藤沢周平の描く日本人がとっても好きなので・・・

黒土監督の思いの込めようもすごいですものね
やっぱり、映画館に出向いて見たい映画ですよね。

投稿: yoshi | 2005.10.07 23:24

つつじさん、yoshiさん、おはようござます~。
コメントありがとうございます。

つつじさん

昨日、レディースデイのところで観てきました^^
いい映画です。
昔の人は大変だったなぁとつくづく思いました。

>三浦綾子さんの石狩峠に 自分の体で脱線事故を防いだ鉄道マンの話しありましたよね。


石狩峠は事実かどうかわからないですが
昔の人は事実人柱になったりってこともあったんですよね。


そういう時代に戻れとは言わないけれど、
人のために尽くすということを今の時代忘れてますよね・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

yoshiさん


原作で読んでも、もちろん美しい文章なんですが
映画は大きなスクリーンで観るから、映像がすごくきれいで、
いいですよ。
日本人ってこうだったんだよな・・・
と思うと昔の人に申し訳ないような気がしました。
自分も反省しました。

投稿: ぶんぶん | 2005.10.08 06:18

ちょっと沈んでいた気持ちで何もしたくない病にかかっていましたが、ぶんぶんさんに影響されて「蝉しぐれ」みてきました。
よかった・・・・・
日本の宝というのは、厳しくつつましやかな生活の
中にあったのだと再認識させてくれる映画でしたよね。
子役の女の子はとてもよかったですね。
木村桂乃はさすが女優という雰囲気充分でしたね。

背筋の伸びる映画でした。

投稿: シエスタ | 2005.10.08 21:33

シエスタさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。


映画で少しは気分が晴れましたか?

>日本の宝というのは、厳しくつつましやかな生活の
中にあったのだと再認識させてくれる映画でしたよね。


そうなんです。
原田美枝子さん演じる母の姿も美しかったですね。

原作の方はもっとよかったので、機会がありましたら
読んでみてください(^^)

投稿: ぶんぶん | 2005.10.09 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/6292808

この記事へのトラックバック一覧です: 『蝉しぐれ』を観た:

« 下剤の恐怖 | トップページ | 雨 »