« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.30

外出先で…

041130_1414001.jpg

断水のために出かけたものの、遠出するとお金はかかるし、ということで一駅先のイトーヨーカドーまでママチャリに乗って出かけてきました。電器売り場の前に行くと、かわいいテレビを発見。ミッキーマウス型で、ピンクと赤と2色ありました。価格も22800円で手が届くお値段。
かわいいので、ディズニーファンで一人暮らしの人なんかは買っちゃうかもね。

TVでは45歳の主婦が若く見られる方法というのを放送している最中で、売り場の前で思わず見入ってしまいました。

サプリを飲んだり、ヨガをしたり、髪の毛を引っ張るマッサージをしたり、青汁入り特製ジュースを飲んだりしてました。
はぁ~、あんなことまでして若く見られたくないよ。
いつまでも美しくありたいけど、私は歳相応でじゅうぶん。(あれ、日ごろの言い分と大きく食い違う)
いかにも努力して勝ち得た美ではなく、年齢に応じたその人の人生がにじみ出る重厚な美しさがいいな。
でも、それってやっぱり内面的な自分を磨く努力なのよね…。

断水のおかげで電器売り場の前で時間をつぶし、こんなことを考える人って、どう考えても美しくなれそうもないです(笑)


【今日の歩数】10340歩  消費カロリー 312.7キロカロリー  pm10:15現在
ママチャリを使ったことが歩数に反映しなかった原因かと…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

断水

今日はこれから断水です。
1時半から5時までって、長すぎじゃないのっ(怒)
こんな日は家にいたくないので、出かけることにしました。
水が出ないって不便だ…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.11.29

生ふ○

041129_1800001.jpg

お食事中の方ごめんなさい。
文鳥のぐーを放鳥させていたら、次女の頭にとまって、ふんをしてしまいました。
私「アハハ、頭にふんされてるよ~。ねぇ、ねぇ、ココログのネタに写真撮ってもいい?」
次女「いいよ~。」
私、いそいそと次女の気が変わらないうちに写真を撮りました。

次女「とった~?」
私「とったよぉ~。」
次女「じゃ、早くとって~。」
私「だから、とったよっ!」
次女「そうじゃなくて、ふんを頭から取ってよぉ~。もぉ!」
私「あぁ~、そっちの取るだったのね。はい、はい。」

日本語ってややこしいわ。

ぐーのふんは見てのとおり、非常に状態の良いものだったので、ティッシュに吸い付くようにきれいに取れました。

【今日の歩数】10017歩  消費カロリー 308.6キロカロリー  PM21:00現在

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はずせた!

041129_1242001.jpg

次女が塾から知恵の輪を借りてきて、それを私がまた借りて知恵の輪はずしを暇にあかしてやっていました。
あきらめ半分でやっていたら、ついさっきはずれました。わ~い!
ということで、証拠写真をとっておかなければ。次女に見せつけてやるのです。

でも、わざわざ証拠写真いらなかったかも。
今度は、はまらないの。あれれ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.28

知恵の輪

次女が週末塾から帰ってきて「塾から借りてきた~!」と何やら持ち帰ってきました。
「おぉ、やっとやる気になって問題集でも借りてきたのね。」と思いきや、借りてきたのは知恵の輪。

041128_1927001.jpg

で、懐かしい知恵の輪を私と夫も借りてやってみたのですが、悔しいことにできないっ!
次女は得意げに何度もはずしてみせるのですが、うちら夫婦には、はずせそうでいてできません。
ったく、ハート型してるしさ。ハートははずしたくないんじゃ~と言い訳してみたり(汗)

次女の奴、「わからなかったら教えてあげるよ。」なんて言うのですが。
くそ~!こんな知恵の輪を解ける集中力があるなら、もっと勉強しなさいっ!と母は思うのでした。

そんな次女、今日部活の遠征でお金を盗られたとのこと。
次女の場合、現金は100円ちょっとですが、嫌な思いをして可哀想なことをしました。
でも、中身よりスヌーピーの財布じゃなくてよかった~って喜んでいるのもどうかと…。


【今日の歩数】pm7:55現在13878歩【消費カロリー】453.9キロカロリー
う~む、なかなか目標の15000歩は厳しいもんがあります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.11.27

万歩計

041127_1951001.jpg

ダイエット、ダイエットと言いながら、ちーっとも減らない私の体重と体脂肪。
過去ブログのネタに、にがり、黒酢、豆乳とさまざまな記事を書きました。でも、結局のところ運動が足りないわけです。プールにちょこっと行くくらいじゃ、だめなのですよ。日々の運動が必要なわけです。

というわけで、昨日万歩計を買いました。
何でも道具から入る私ですから。
で、【今日の歩数】として毎日の記事の下に付け加える形で書いていこうかと思っています。
公開することで、自分の士気を高めようという作戦です。
さすがに、自分の体重を載せる勇気はないので…。

今日さっそく計測しはじめました。
8時現在ですが、9502歩 消費カロリー283.1キロカロリーでした。
このぶんでいくと寝るまでには1万歩くらいはいくと思います。

ということは日ごろの生活で1万歩歩く私はもっと歩かないと痩せないというわけです。
目標1万5千歩にして、明日から歩くことを心がけようと思います。
頑張るぞぉ~。

誰?いつまで続くやら?なんて言っている人は!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2004.11.26

赤頭巾ちゃん、気をつけて。

今日、驚く話を聞きました。
友達のお嬢さんなのですが、塾帰りに歩いていると、前方に女の人が歩いていたそうです。
夜遅かったし、ほっとして女の人に追いつくようについていったそうな。

すると、横道にさっとその女の人が入ったかと思うと、いきなり長い髪のかつらを脱ぎすて、スカートの中に手を入れるのを見てびっくりΣ(゚д゚lll)えぇっ!!

なんと、女性に化けたスカートをはいた男だったってわけです。
お嬢さんは夢中で走り家に無事何事もなく到着しました。

足の速いお嬢さんだったからよかったけど、うちの娘達だったらつかまっちゃうよ~。

いや~、恐ろしい世の中になりました。
今日の教訓【女性だと思って安心するな。女の皮を被った狼かもしれないぞ。】


女性の皆さん、気をつけましょう!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.11.25

水着のチェ・ジウ

今日は午前中、プールへ行ってきたのですが、私の後ろにいるおばちゃんたち(私もおばちゃんだが)の会話がなにげなく耳にはいってきました。
「ちょっと、あなたさぁ~、前から似てると思ったんだけど、あの人に似てるわね~。」
おばちゃんになると、なかなか人の名前が出てこないのです。
「あの人って?」
「ほら、ほらあの韓国の人気スターのヨンとかいう~。」

私の心の中「え?ヨン様に似てるおばちゃん?見たい!」

「ヨン様じゃなくて、ほら相手役をやった女の人!なんて言ったかしら~?」
チェ・ジウ?あら、やだ~。そぉ?おほほほほ~、嬉しいわ。」

えぇっ!チェ・ジウに似てるとな!
見たい!見たい!
なにげなく、不自然にならないようにこっそり振り返って顔を確認する私。

お母さん!それはかぎりなく褒めすぎです 。そんなこと言ったら私もチェ・ジウになっちゃいますから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.24

我が家のクリスマスツリー

041124_1303001.jpg

我が家のクリスマスツリーは今から14年ぐらい前に購入したもので、小さいサイズです。
今までこのクリスマスツリーと同じものを他所で見かけたことがなかったのですが、昨日「ちゃらりーまんの日々」のみやざきさんのところで発見!びっくりしました。全く同じものなのに、あちらはやけに立派に見えます。
飾りつけもセンスがあるし~。うちのはしょぼいな…。節電のためライトもなし。あはは。

こんなものでも、今日飾りつけしてみると、一気にクリスマス気分になるから不思議なものです。
隣には私がキルトでつくったサンタクロースを飾りました。

クリスマスが近づくと、キルト作品を出してきてあちこち飾るのが楽しいです。
でも、楽しい気分はクリスマスまでなのよね~。
それが終わると、一気に正月モードでせわしくなって、好きじゃないのでした。


| | コメント (6) | トラックバック (2)

2004.11.23

鎌倉散策

041123_1256001.jpg  041123_1318001.jpg  041123_1345001.jpg 041123_1543001.jpg

今日は鎌倉へ高校時代の友人と遊びに行ってきました。
この友人、今日が誕生日、そして私も11月が誕生月ですので、毎年11月に2人でお誕生会と称してランチをしているのです。1年に1回、織姫と彦星のように23日に会うことになっています。(残念なことに女子高なので、女性です)今年は鎌倉の紅葉を見に行こうということで鎌倉まで出かけてきました。

ランチは長谷駅近くの「WATABE」というところでしました。これがご覧のとおり、住居にしていたところをレストランにしたので、門構えがお寺のように立派で雰囲気のあるいいお店でした。線路沿いなので時々江ノ電が通るのが見えます。和風家屋で和風庭園を眺めながら、欧風料理をいただくという贅沢さ。とても美味しゅういただきました。
写真は前菜の野菜のマリネとメインの魚料理です。

そのあと、長谷観音と大仏様を拝んできました。
長谷観音は高台にありますので、境内から海が眺められます。お天気の今日は、それはそれは最高の絶景でした。

大仏様も10年ぶりくらいで拝顔してきました。
雲ひとつない空の下でいいお顔をしておられました。


残念なことに肝心の紅葉は鎌倉にはまだ早かったようです。
あと2週間といったところでしょうか。
しかし、まぁすごい人が出ていました。江ノ電は行きも帰りも満員でぎゅうぎゅうでした。

友達とも1年ぶりに再会でき、頑張っている話を聞いて刺激を受けてきました。
いいリフレッシュになりました。
贅沢したので、明日からまた頑張るど~~~~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.22

ヘタエ初冬の祭典その1参加

ヘタエ会長黒陣馬さんからまたもや宿題の数々が出されました。
その1のお題は「今年の報告」

今年といえば、私にはなんといってもブログしかありませんので、パソコンにはりついている図を描こうと思っていたら、またもやぶつぶつぶろぐのくっきもさんにやられました。
同じ絵でもよかったのですが、せっかくなのでまた考え直すことに…。
しばし今年を振り返る私。
そうだ!今年は長女の高校合格が一番嬉しかったことだと思い出しました。

kotosi.jpeg
お決まりの正門での写真撮影の図。

長女だけでなく、次女も中学入学でしたので、考えてみれば今年は卒業式2回、入学式2回とダブルでイベント続きでした。
そのたびごとネタにして、皆様からお祝いの言葉を頂戴して、倍嬉しい気持ちになりました。その節はありがとうございました。
我が家では明るいニュースばかりでしたが、社会では暗いニュースが多く、あまり良い年ではなかったですね。
まだ一ヶ月ちょっとありますが、この先不幸なニュースがありませんようにと願わずにはいられません。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.11.21

「天国の階段」第6話

第6話を見ました。
ソンジュ(グォン・サンウ)はチョンソ(チェ・ジウ)にはりついていて、振り返るといつも後ろにいるのです。
ソンジュは画策して、自分のビルの中にチョンソの店を入れることに成功します。
義妹のユリもチョンソと5年ぶりに再会してびっくりです。カップを落としてまで驚く姿にチョンソ、なぜおかしいと思わないの?
記憶喪失っていうのは、全て忘れちゃうものなのですね。意地悪をされた人くらい悔しいの一念で覚えていればよいのに~。

とにかく、ソンジュはチョンソをしょっちゅう社長室に入れて接触します。きざな台詞連発!
そして、デザインを描くチョンソをデザイン画を見るふりをして右から左から、上から紙を動かして涙目で眺めるのです。笑っちゃいけないんだけど、大笑い。怖いよ~。

今日一日だけということで海辺の思い出の家にも連れて行きます。
車に乗った2人のあとを追いかけるユリとテファ。この2人の走りもすごかった~。追いつけませんでしたが。

思えば、ユリも可哀想です。
ずっとソンジュを想い続けているのに、ソンジュはチョンソしか愛していないのですから。
悪いことをしたのですから、その報いですけど。そのうえ、極悪のママからは「がっかりさせないでよ」とプレッシャーをかけられ、これでソンジュと結婚できなかったら、あのママはユリですら捨てるでしょうよ。

いやぁ、コメディーと勘違いしそうに面白い第6話でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.11.20

すき焼き

今晩はすき焼きでした。

次女「私、手伝う!えっと~、ピーマン入れるんだっけ?」
私「え?それは焼肉でしょ。」

次女「あ、そうか~。エヘヘ。えっと、すき焼きって何入れるんだっけ?」
私「しらたきと、ねぎとしいたけと、春菊と~、牛肉と焼き豆腐」

次女「ねぇ、私、すきやきこのところ食べてなかったから忘れちゃったんだよ!小学校3年生の時に食べた以来、食べさせてもらってないっ!」

私「何言ってるの~。いやぁね~、この子ったら~。毎週のように食べさせてるでしょうが。恥ずかしいからそんなことヨソで言うんじゃないっ!」

次女「お母さんの嘘つきっ!」

考えてみたら、確かにここ何年もすきやきを食べてないのでした。あはは…貧しい我が家の食事情。

次女「ねぇ!このこと私のブログのネタにしてもいい~?やっぱり恥ずかしいからだめだよね~。」
私「そうよ。恥ずかしいわよ。」
と言いながら、書いちゃった~(汗)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.11.19

PCを占領するもの

041119_2102001.jpg

次女のテスト期間が終わり、一台しかないパソコンの前からなかなか動こうとしません。
「もうちょっとだけ~。このゲーム終わったら~。いいでしょ~、テスト終わったんだから~。」
って、ろくにテスト勉強もしなかったでしょうが!

そして、もう一人、いやもう一羽動かないものが…。
文鳥のグーはパソコンが大好き。キーボードの上は暖かいので、よけい動こうとしません。
しまいには膨らんで、ぺたんこになって寝てしまうの…。
かわいくて、パソコンできない~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2004.11.18

ボージョレ・ヌーヴォー解禁

041118_1926001.jpg

今日、出かけたらボ-ジョレ・ヌーヴォーが解禁だそうで、かなり熱を入れて売り子さんが声をはりあげていました。
値段を見たら、、1700円から2600円、3000円代と色々幅がありました。

ブログのネタにとりあえず1700円のワインを買う私。
日ごろ500円以上のワインなんて買ったことがないのですが…。
だって、高いワインだともったいなくて少ししか飲めないし、500円なら思う存分飲めますから。

で、さっそく飲んでみました。
う~ん。悲しいかな、私にはいつもの500円のワインの方が美味しく感じてしまいました。
娘たちには「けちって、しょぼいワイン買うからだよ。普通2600円ぐらいのを買うんじゃないの~?」と飲んだこともないくせにわかったような口を利かれました。てやんでぇ。

なんだか味があっさりしていて、物足りない感じがしました。ヌーヴォーワインってこんなもん?
私は緑茶でも、コーヒーでも紅茶でも濃くて、渋いのが好きなんですっ!

この1700円のヌーヴォーワイン、2本買えば3000円で安くなりました。
好みじゃないので、1本にしておいてよかった~。

一緒に写っているのは、これまたブログのネタに買った暴君ベビネロ新商品です。

辛くないけど、美味しかったです。本当は、ワインにはチーズがあうのだけどね…

【追記】
同じようなことをみゅーみゅーの壷焼きさんも記事に書かれていました。トラックバックします。

| | コメント (11) | トラックバック (4)

2004.11.17

ヘタエ秋の祭典2004-4

のんびりしていたら、課題締め切り近くなっていました。
黒陣馬さん発ヘタエの今回のお題は「あの時食べた××××は…」

このお題が出たとき、すぐに思い浮かびました。
それは、マクドナルドのチーズバーガー。
hamba.jpg

いつごろ、マクドナルドが日本に進出したのかそれは知らないけれど、私の住む団地からバスに乗って、ちょっと都会のデパートの1Fにマクドナルドが入ったのは、私が小学生低学年の時だったかと思います。

もともと、うちの母親はハンバーグってあまり作らない人でした。
いつもお店の前からはいい匂いがして、バスでその前を通るたびに食べたくて食べたくてたまらなかったです。
当時の値段を覚えていないのですが、母は「ハンバーガーなんて何の肉使っているかわからないようなものにお金を払うなんてもったいない!」と言って、なかなか食べさせてくれませんでした。

それが、やっとそのデパートに寄る用事があって、ねだって食べさせてもらうことができたのが、チーズハンバーガーでした。母は自分のは買わずに私にだけチーズバーガーを買ってくれました。
一口食べたとき、あまりの美味しさに感激しました。私からすれば、初めてのハンバーガー体験。
そして、今まで食べたことのないハイカラな味!第一、パンだって、丸い形してるの初めて食べたわけだし。

で、現在はどうかというと、これがあの時食べた感激の美味しさじゃないんだなぁ。
あの美味しさは忘れられないのに、自分の舌が変わってしまったのでしょうか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.16

中国国宝展

今日は上野の東京国立博物館で開催中の「中国国宝展」を観に行ってきました。
今週末いっぱいとあって、平日にもかかわらず、すごい混雑でした。

専門的なことはわからないけれど、もうなんて言うか、中国の歴史を感じてきました。
こういうものを見ながら、実際の歴史を習ったら、すごく面白いだろうし、頭に入るだろうな~と思いました。
教科書じゃ伝わらないよ…。

仏教美術品が多かったのですが、菩薩様が美しくて慈愛に満ちたお顔にほれぼれ。しばらくその場を動けませんでした。

上野の公園内は銀杏が色づいて、紅葉も楽しんでまいりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「天国の階段」第5話

「天国の階段」5話も面白かったです。
ようやく、ソンジュ(グォン・サンウ)とチョンソ(チェ・ジウ)が再会できました。
現チスと名前が変わっているチョンソは、昔の名前を連呼されても何一つ思い出さないのですね。
記憶喪失の経験がないから、わからないけれど、ちょっとは覚えていてもよさそうな気が…

それにしても、ソンジュのストーカーぶりには笑えます。走るバスを追いかけたり、待ち伏せしたり。
でもしつこいソンジュにチスも気になる存在になりつつあるようです。
この先、好きになっていくのかな?

もし、自分が記憶喪失で、横には優しい彼がいるのだけど、ソンジュのような御曹司が「ぶんぶんだろ?」と近づいてきたら…としばし空想にひたる私。

う~ん、先週の記事では優しいテファと結婚すると言っておきながら、かっこいいスマートなソンジュも捨てがたく…
だって、テファは自信なげだけど、ソンジュは自信にあふれているんですもの。魅力を感じてしまいます。
悩むなぁ~。(誰が悩めって言ったよ?)

チェ・ジウさんていつも2人の男性の間に挟まれたオイシイ役ばかりで、羨ましすぎるっ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.15

弁当箱の次は…

と、いうわけで、弁当箱を探すために午前中いっぱい時間をかけて、台所の食器棚プラス食品庫を整理しました。
ちょこちょこっとした整理はしているのですが、本格的に引っ張り出してやったものですから、色々見つからなかったものも出てきました。海苔とか、マカロニとか、乾物類がね。

弁当箱はコメントで推理いただきましたが、正解者はいらっしゃらなくて、食品庫の奥の方につっこんでありました。
その前に昨日買ったお菓子の数々が並んでいたので、気付かなかったわけです。

長女もよほど弁当箱の所在が気になったのか、昼にメールをよこしました。
「弁当箱あった?」長女
「あった~!」私
「どこに?」長女
「洗濯機の中!  じゃなくて、食品庫の中~!」私

洗濯機の中というのは、以前私のメガネが行方不明になった時、洗濯機の中から出てきたのです(汗)

そして、その弁当箱を見つけ、食器棚もきれいに整理して、ふっと思い出しました。
今日、次女の弁当に箸を持たせてやるのを!!
あはは…怒ってそう~^^;

| | コメント (9) | トラックバック (0)

弁当箱はいずこに?

朝、長女と次女のお弁当を作ろうと思ったら、次女の弁当箱はあるのに、長女のだけ見つからないのです。
長女をたたきおこして、「ちょっと、弁当箱出した?」と聞いたら、慌てて飛び起きました。
我が家のルールとしては、前日弁当箱を出さなかった場合、翌日の弁当は自分で作ることになっています。

長女、飛び起きたものの、「出したじゃん!昨日お弁当なかったんだし~。」

そうか、やっぱりね~。
実は昨日、長女の弁当箱をどこかにしまったことを覚えているものの、どこにしまったかが、思い出せないのです。
記憶をさかのぼる私。しかし、ぷっつりとぎれているらしい。

結局見つからず、別のお弁当箱にしたのですが…。

私「見つからないから、悪いけど中学の時使ってた弁当箱にしたから。」と言うと、
長女「え~っ!あれ小さいから足りないよぉ~。どこにやったのよぉ~!」と文句を言われました。
私「そんなこと言ったって、見つからないんだからしょうがないでしょ!文句あるなら、自分で探せ!」と逆ギレ。
長女「ママ、やばいよ。ボケだよ、それ。」
私「そうだよ。ボケだよ。今にあんたにおしめとっかえてもらうようになるからねっ。」と開き直り。

ということで、今日はこんな雨だし、台所界隈一掃することに決定。
暮れも近いことだしね。んなことより、ボケを心配しろ>自分。

弁当箱ちゃ~ん!どこ行ったのぉ~?出てきて~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.14

ハワイからのおみやげ

041113_2200001.jpg

昨日は姑がハワイから帰ってくるということで成田まで迎えに行ってきました。

とても楽しかったようで、元気いっぱいで帰ってきました。誰か一人具合の悪い人が出てしまうと、旅の思い出が半減してしまいますから、よかったなぁと思います。
ダイヤモンドヘッドに登ったとか、真珠湾に行ったとか、潜水艦に乗ったとか昨日は土産話がた~くさん。
この旅行を計画して、連れて行ってくれた若夫婦のお嫁さんが英語べらべらですので、姑他年寄り軍団は安心してついていけたようです。

やっぱり、これからの時代語学は必須です。特に会話力。お嫁さんは2年間留学経験があるので、会話が達者ですが、普通に大学卒業しただけでは、なかなか話せないですよね。(私だけかもしれませんが)


で、たくさんおみやげを買ってきてくれました。
写真は一部です。パイナップルに、お決まりのチョコレート。口紅。ドライマンゴーフルーツ。
この他、子供達にネックレス、Tシャツなどなど。


やっぱり健康と足腰が一番!じゃないと、旅行も行けやしない。姑は日ごろから自分の健康管理、そしてウォーキングをして鍛えています。私もお義母さんのような人生を送りたいなぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.11.12

地べた座りはみっともない!

今日は久しぶりに電車に乗って出かけてきました。

街でやけにあちこちで高校生の地べた座りを見かけました。
女3人組もいれば、カップルも地べたにすわって、何やら深刻そうな話をしています。
高校生の地べたすわりが定着しちゃったのだろうか…とおばさんはマジで心配しました。
普通に人が歩くところにスカートで太ももあらわにべたっとお尻をつけてすわり、更にハンバーガーを食べている姿に唖然。
何もさ、こんなところで食べなくても、お店の椅子に座って食べればいいんじゃないのぉ~。まだ立ち食いの方がまし。

そして帰りの電車のプラットホームでも発見!あそこにもいる!
女子高生3人組。金髪にけばいお姉ちゃん達だ!怖そう。
通り過ぎてしばらくして、大きな声が聞こえました。

振り返って見てみると、60すぎくらいのおじさんが、「みっともないよ!なんてかっこうをしてるんだ。乞食みたいじゃねぇか!」と勇敢にも説教をしておりました。

初めて女子高生に説教する人を見ました。私も自分の子とか知っている子であれば注意できますが、見知らぬ子に注意できる勇気がありません。こういう見て見ぬふりをする私みたいな大人も悪いのですが…。

私は心の中で拍手しました。おじさん、もっと言ってやって~。
でも、怖そうなお姉ちゃん達だから、つきとばされやしないかと心配になりました。

女子高校生は「るせぇンだよ。関係ないじゃん。」とか言っていましたが、黙って聞いて(無視して)ました。
でも、結局地べたすわりをやめることもなく、そのままの状態でした。

せっかく、おじさんが注意したのにね…。どうかあの子達の心の中に届いていますように。

あの子達もまさか大人になってまではあんな座り方をしないだろうと思うけど。
時と場所をわきまえた行動というものをしないとね…
今時の高校生は…ってひとくくりにされて言われちゃうよ。

今日は高校生の長女が帰ってきたら、もう一度地べたすわりがいかに恥ずかしいかを教えようと思いました。
やっぱり親のしつけだと思います。

だけど、どうして座っちゃうのかな。汚いと思わないのかしら?立ってられないほど疲れてるの?それとも、恥ずかしいと思う心が欠如しているのかもしれません。
すぐそばに椅子もあったのに、好き好んで地べたに座る理由を聞いてみたいです。

この記事はジャンバラヤの「いまどきの子どもたち」へトラバしています。

| | コメント (18) | トラックバック (2)

2004.11.11

「西の魔女が死んだ」を読んで

文庫本の帯に読者・書店員・編集者が選んだ新潮文庫読者アンケート第1位と書いてあって、読んでみることにしました。著者は梨木香歩さん。

私、基本的に感想文を書くのがとっても苦手です。ちゃんと良さが伝わるかどうか…。
でも、とてもいい本だと思いました、確かに1位になるのがわかります。

内容としては、西の魔女というのはおばあちゃんのことです。少女まいが中学に進んでまもなく学校へ行けなくなってしまいます。両親はそんなまいを責めるのでもなく、西の魔女ことママのママにあずけるのです。
そして、魔女の修行をするということなのですが…

まず、おばあちゃんの言葉遣いがとてもきれいなことが読んでいて気持ちがいいのです。

まいが「ねぇ、おばあちゃん。意思の力って、後から強くできるものなの?」と聞きます。

おばあちゃんは「ありがたいことに、少しずつ強くなれますよ。少しずつ、長い時間をかけて、だんだんに強くしていけばね。(中略)最初は何にも変わらないように思います。そしてだんだんに疑いの心や、怠け心、あきらめ、投げやりな気持ちが出てきます。それに打ち勝って、ただ黙々と続けるのです。そうして、もう永久に何も変わらないんじゃないかと思われるころ、ようやく、以前の自分とは違う自分を発見するような出来事が起こるでしょう。そしてまた地道な努力を続ける、退屈な日々の連続で、また、ある日突然、今までの自分とは更に違う自分を見ることになる、それの繰り返しです」と言います。

おばあちゃんの言葉は、少女ではない大人の私ですらひとつひとつ心に響くのです。

読み終えたあと、悲しいけれどとても暖かな優しい気持ちになりました。
おばあちゃんの魂が引き継がれたような感じ…。

今、本の表紙をめくったら、日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を受賞している作品でした。納得です。
もしかしたら、とっくに話題になっていた本だったかもしれませんね。
まだ、読んでいない方におすすめします。

この記事はトラックバック野郎の泣き笑い文庫にトラックバックします。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2004.11.10

次女の夢

今朝、次女が「お母さんが入院した夢を見た~。」と起きてきました。
聞いてみると「お母さんが病院で寝てるんだけど、鼻にこうね、さしてるの…」
私「あぁ~、鼻からチューブさして、酸素を入れてるのかな?」

次女「それがさ、風邪薬のカプセルあるじゃん!あのカプセルを鼻の穴にさしてるのっ!もう、その姿を見てたら哀れで哀れでね、泣けちゃってね…。朝、起きたら本当に涙流してたんだよ…」

一瞬、私の頭の中ではこのような図が浮かびました。

biyouninn.jpg


あまりに酷くないか!頼むから夢でもそんなの見ないでよ…

| | コメント (18) | トラックバック (1)

地獄耳

昨日の夜、珍しく長女が勉強をしていました。
といっても、TVを見ながらリビングで英単語を覚えていたのですが。

夫も帰ってきていて食事中でした。

長女はいちいち英単語をこちらにふるのですよ。
夫は記憶力の良い人なので、答えられるのですが、私はもう忘れています。
そのことを知っていて、わざと「パパは答えないで!ママが答えて!はい、宇宙船は?」と聞くのです。

長女に聞こえないように、こっそり夫が蚊のなくような声で「スペースシップ」と教えてくれています。
私「スペースシップ」てな具合

そんなやり取りの中、私「もう、いちいち聞かないで自分でやりなさい!」と言ったら
「ママ、パパの今の言ったことが聞きとれなかったから、そういうこと言うんでしょ!」

図星!

こっちに背中を向けていたから知らないと思っていたら、夫のひそひそを全て聞き取っていたらしいです。
「人に聞かなきゃ答えられないんじゃ、だめじゃん。」と長女に言われてしまいました。

普段話している言葉は「え?」って聞き返したりするのに、小声は聞こえちゃう地獄耳の長女。

ぐ、ぐやし~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.09

「天国の階段」第4話

やっとビデオに撮っておいた「天国の階段」を見ることができました。
主婦って暇な時間があるようで、細切れなのよね。

第4話は事故にあったチョンソ(チェ・ジウ)は一命をとりとめ、義妹ユリの父に助けられそこに義兄テファも一緒に生活するようになります。ユリも「助けて、お父さん!」と泣きながらも抱きついた時に口元がにやついてますから恐ろしい女です。チョンソは記憶喪失になっています。
それから、いきなり5年後にとんでしまうのが、なんとも納得できないのですが…。どうやって治したの?頭うっているのに、脳波もとらなかったのかな?

チョンソは名前をチス、テファもチョルスと名前を変えました。保険証とかどうなってるのかな~?
韓国ではそんなものないのでしょうか?

テファは涙ぐましいまでにチョンソを好きで大切に思っているのがわかり、すっかり私はテファに感情移入してしまいました。顔は好みじゃないけど、結婚するならテファがいい。(誰も聞いてないって)


ソンジュ(グォン・サンウ)は亡くなったと信じ込んでいるけど、チョンスを忘れられなくて、ピアノなんか弾いちゃっている姿がまたサマになってかっこいいです。

4話はソンジュとチョンスのニアミスばかり。いいかげん、あんなに接近したら普通気づくでしょうが!

5話でどうやら再会するようですが、どうなるのでしょうか?
楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お気楽な娘

今日と明日は横浜市診断テストというのものが公立中学で行われる日です。
我が家の次女も前々から「ちょっとは勉強したらどう?」と言っているのに、相変わらず文鳥と戯れてばかりで、ちーっともやらず。そもそも、勉強するとき、文鳥を放鳥して手に乗せていること自体、オカシイと思うのですが。

昨日も結局「眠くなったから明日の朝やるわ!」と言うので、今朝早く起こしてやりました。

しかし、なんのことはない、リビングでパジャマのまま漫画を読んでいるではないか。
「おいっ、おいっ!漫画を読むなら社会の教科書でも読みなさい!」と言って思わず漫画をとりあげたのですが、次に見た時は着替えて食事をしながら、私が昨日買ったばかりの文庫本「西の魔女が死んだ」を読んでいます。
私より先に読むな~。しかも結末から読むか?
「だ~か~ら~、お母さんの本を読む暇があったら、今日のテストの教科のものを読みなさいよ!」と私。
「だって、食事中なんだからいいじゃないっ!」って次女。


ったく、何考えてるんでしょうね。
テスト直前に違うものをインプットしたら、もったいないではないかと思うのですが。
出掛けに「お母さん、期待しないでね。」ですって。
私「い~や、すご~く期待しているから!」と言って送り出してやりました。

本当はね、0点じゃないことを期待しているのさ…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.08

牡蠣にまつわる話

のほほん*のほのさんが牡蠣にあたったという記事を書かれたことがきっかけで、ままログのcomさんも牡蠣にあたった話を書いていらっしゃいます。
コメントを書いていたら、長くなりそうなので私も記事にすることにしました。


私にも壮絶な牡蠣あたり事件があるのです。私のがすごいのだ!(ほのさんとcomさんに張り合う気はないけど)
最初に生牡蠣というものを食べたのは何を隠そう19歳のクリスマスイブの日でした。
その頃かわいかった一番いい時期の私、おデートに誘われたのです。あんまり気がすすまなかったのですが、他に約束もなく出かけていったのです。

ええとこのぼんぼんだった彼はお洒落~なお店を予約しておりました。
今までフライとか鍋とかでしか牡蠣を食べたことがなかった庶民の私は、これが生牡蠣か~と食べてみたわけです。
レモンをしぼって、旨かった!実に旨かった!
その時、生ハムというものも初めて食べました。マスクメロンにのっかっていて、何でメロンに生ハムがのっかっているのよ!メロンだけ食べたいよ!と内心思いました。
今から思えばかなり彼は奮発したのでしょう。(ちなみに今の夫ではありません)

そして、その晩comさんいわく、全部リバース。おまけに9度の熱で2日寝込みました。

しかし、その時はまだインフルエンザかな?と思っていたのです。
が、2度目に食べてまたリバースしたので、ようやく自分は牡蠣がだめなんだと確信しました。
にもかかわらず、何年かして牡蠣フライでもあたった私。

そして、時は流れ3年前のつい最近。
牡蠣ごはんならいいかな?と思って控えめに食べたにもかかわらずあたりました。
これがひどかった!リバースが上と下からの両方でして、1週間くらい胃炎を起こしました。
胃炎もひどく、そのうちに下血状態が1週間続きました。
あんまり治らないので、胃潰瘍になったか?と思って病院に行きました。

病院に行って若い男の先生からお尻の穴に指?を突っ込まれ、「痔ですね。」と言われ、最大の恥ずかしい思いをしました。
意識がはっきりしていた分、お産より恥ずかしかったかも!
ちなみに今は完治しております。

というわけで、牡蠣だけは一生この先食べないと決めているのでした。
牡蠣で痔にまでなった人が他にいたら、コメントください。慰めあいましょう。


| | コメント (15) | トラックバック (0)

2004.11.07

ランタナ

041107_1550001.j_

隠れ家のふにゅさんのところで、いつも美しいランタナが見られます。

我が家には外がピンクで中心が黄色のものが今満開です。配色がかわいらしくて、大好きです。
あと、紫色のものも咲いています。

最初デジカメで撮ったのですが、しばらく使っていなかったら何故かパソコンに取り込めなくなってしまい、仕方がないので携帯で撮りなおしました。でも、やっぱりお花はデジカメの方がいいですね。ここに載せるのが恥ずかしい…。

ランタナは挿し木で簡単に増やせるのに、お花屋さんで買うと結構な値段がついています。
それだけ人気が高いということでしょうね。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2004.11.06

誕生日

今日は義母が親戚とハワイに行きます。
いいなぁ~。で、これから成田空港まで見送りに行ってきます。

なんとか夫の頭痛も納まりつつあるようで、一安心です。

今日は私の誕生日なので、帰りにケーキでも買ってこよーっと。
のほほん*のほのさんも4日が誕生日だったそうで、同じさそり座なのに、どうしてあちらはあんなにかわいいフェルト作品を次々と…私とえらい違いです。

しかもうさぎ年だそうで、私も実はうさぎ年なのね…
嬉しかったのに、複雑な気分。えらい歳をとってしまったのね…私。

気分的にはまだ30くらいのつもりなのですが、どんどん歳だけが先行してしまうこのごろ。
中身もついてきてよっ!

家族みんなが健康でいること、そして家族の笑顔、それが私の幸せにつながることです。

素敵な女性になれるように、さぁ!頑張りまっせ~~♪


| | コメント (28) | トラックバック (0)

2004.11.05

愚痴

夫がここ一週間ばかり頭が痛いと騒いでいまして、眼精疲労、肩こりもひどく非常に機嫌が悪い状態です。
今日は半休を取って、医者に行ってきました。(うるさく言って行かせたって感じ)
その医者もいつものごとく私が朝一番で電話予約しました。

妻としては、医者でなんて言われたのか気になります。

ところが、私が診察を終えて帰ってきた夫に「お医者さん、なんて言ったの?」と聞くと、
「別に~、なんか言ってたけど頭が痛かったから聞かなかった。」って!(怒)アータ、子供じゃないんだからさっ!

ったく、困ったものです。
で、姑がさらに私に聞くわけです。
「お医者さんなんて言った?頭痛は前より良くなった?薬はもらったの?どうなの?」って。

直接息子に聞けばよいものを私に聞くのは何故なんでしょう。
特に機嫌が悪いとき、私を介して話をしたがるのですが、私にだって話さないのよ、お義母さん。

たばこをやめさせた方がいいよというような事も直接言ってほしいんです。
夫のたばこをやめさせられないのは私の責任?年老いた母から話した方が絶対効き目がありますって。


私には娘しかいませんから、わからないのですが、どうも、息子に嫌われたくないことは全て、私に言わせている気がするのですが…。


以上、愚痴でした。あまりこういうところには書きたくなかったのですがね、老廃物は出さないと元気になれないのです。たまには愚痴りたくなるさ…ふぅ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.04

ヨガ

今日の6ch『スパスパ人間学!』で、ヨガをとりあげてやっていました。
今、またブームになっているようですが、番組でとりあげたから、ますますブームになることでしょう。

ダイエット効果だけでなく、美肌効果、便秘、冷え性、肩こり、腰痛にもいいんですって。
私もテレビを見ながら真似してやってみたのですが、身体が固いこと…手が背中でくっつかないの。

私の場合、肩こりはないから手が背中でくっつかなくても問題はないけれど、冷え性なのでやってみようかしら…
テレビのポーズをやっていたら、ポカポカしてきました。TVでもたった1週間でかなりの効果が出ていました。
毎年、足の指がしもやけでかゆくなる私、3日坊主を返上して頑張ってみようかなぁ。
おまけにお腹周りのお肉が10センチも取れて、別人のようになっていた人もいました。ヨガの呼吸がいいらしいのね~。

豆乳の次はヨガだ!う~ん、TVに踊らされている人って私みたいな人を言うのでしょうね~。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2004.11.03

もしも…夫の場合

昨日、「もしも100階建てのマンションに住むとしたら何階に住むか」という記事を書いたわけですが、今日は子供達も出かけ夫と2人の休日で、この質問をぶつけてみました。

私「ねぇ、もしも100階建てのマンションに住むとしたら何階に住む?」
朝から肩こり、頭痛で非常に機嫌の悪い夫、話すのもめんどくさそうに「知らないよ。」と言いました。

私「あー、そうですかっ!あなたとは会話にもならないわね。言葉のキャッチボールってものがないんだから!」とむかついたわけです。
そんな様子を見て少しはまずいと思ったのか「俺は101階に住む!」と答えました。
私「だからさ~、100階って言ってるじゃん!」

夫「100階の屋上にテント張って寝るんだよっ!」

何かんがえてるんでしょうね。この人は。
ナルシスト度101%ってことですね。

そもそも私の質問に真面目に考えようとしない態度に腹が立ちます。
なんだいっ、肩が凝っているからってさんざん肩揉みさせたあげく、その態度はないんじゃないのさっ!
こういう時、ひそかに妻は別の人と結婚すればよかった…と思うことを知らないね、君は。

頭にきたので、ネタにしました。すっきりした(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.02

もしも…

次女に聞かれました。
「もしも100階建てのマンションがあるとして、お母さんだったら何階に住む?」

さぁ、皆さんなら何階に住みますか?

考えましたか?考えておいてくださいね。

私「う~ん、一番上がいいけど、一番上で雨漏りしたら嫌だから98階にしとく。」
次女「えぇ~~。98階なの?」と驚いています。


私「何なの?」
次女「あのね、これはナルシスト度を測るテストなんだよ。」

ぐわぁ~ん!私はナニかい?98パーセント自分を愛してるってか?
ふぅ~ん。そうなのか~。そんな気もしてきた単純な私。これさ、単純度だったら当たっている気がする…
皆さん、いかがでしたか?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2004.11.01

「天国の階段」3話

一度はあきらめた韓国ドラマ「天国の階段」の記事ですが、トラックバックも多いし、気をとりなおして書くことにしました。
「天国の階段」面白いです。ありえない展開です。

チョンソは継母とその連れ子のユリにいじめられながらも、成長し(チェ・ジウ)ようやくソンジュのいるアメリカへ留学できることになりました。
しかし、義兄のテファにストーカーのように愛されてしまっています。チョンソも優しいのでそんなテファを冷たい家庭に残していくのがつらいのです。
ソンジュが一日早くチョンソを迎えにきたことを知ったユリはなんとしてでも2人を会わせたくありません。
ユリもソンジュのことが好きでたまらなくて、将来結婚して社長夫人を狙っているからです。
そこで、ユリがとった行動というのが、車でチョンソを轢いてしまったのです。
そして、轢いてしまったチョンソを自分の車に乗せ、病院で顔の損傷が激しい女性をチョンソにして死んでしまったことにしまうのです。嘆き悲しむソンジュ。
と、大体こんな内容です。


チョンソを演じるチェ・ジウさんは文句なしにいいです。
しかし、ユリが納得できないです。子役のときはちょっと意地悪そうな顔の子役だったのに、成長してみたらどう見ても清純波の美人じゃございませんか。もっと意地悪そうな女優を希望します。
ソンジュを演じる俳優さんは、子役と雰囲気が似ているので、違和感がなかったです。
義兄役のテファは子役の方が涼しげでかっこよかったです。大人になったら、マフラーが野暮ったく見えるようなあつっくるしいお顔になってしまった感じで、残念です。

とまぁ、あくまでも私個人の感想です。

だけどさぁ、ユリが車で轢いて、他の車も巻き添えになっているのに、そのあと車が一台も通らないってどういうこと!
それに、顔の損傷が激しいっていったって、血液型とか歯型とか調べれば別人だってわかるはず…。おかしい!

でも、ありえない、矛盾が多いということがドラマの面白さでもあるわけですから、この先も黙って見ることにしましょう。って、黙ってないんですけど…。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »