« 納得できん! | トップページ | 今日のランチ »

2004.03.14

苦手なこと

次女が小学校を卒業するにあたり、「担任の先生に手紙を渡したいので、親子で便箋に一言書いて月曜日に委員をやっているお子さんに渡してください。」との連絡網がまわってきました。

この一言、苦手です。
懇談会に一言言って下さいといわれるのも苦手なのですが、書くのも苦手です。
もちろん、こういうココログでの記事なんか書くのは好きですが、お世話になったうんぬんという決まりきった美辞麗句というのがどうもね…

次女は割合しっかりしていて、でも特にクラスで目立つ子でもなく、エピソードがあるわけでもなく、そういう場合って何て書けばいいんでしょう?先生をすごく慕っていたわけでもなく…
皆、何て書いたんだろう?

そういえば、昔から卒業文集とか書くのも嫌いだったなぁ。
書くことは嫌いじゃないけど、いいことを書かなきゃいけないと思うと正直者?の私は気が重くなってしまうみたいです。

結局、決まりきった一言を書いて子供に渡しました。
気のきいた一言を書きたかったけど、ほんとに思い浮かばなくて、先生申し訳ないです。

|

« 納得できん! | トップページ | 今日のランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕もめちゃめちゃ苦手です。
毎学期の始業式までに、娘の通知簿やら息子の連絡帳に前学期の親としてのコメントを書かねばならんのですが、カミサンとひとしきりどっちが書くかもめた後、もー無い頭ひねくって書いてます。
この時期になると今度は担任に一言とかいって、カードを書かされることになるのですが、
まだ、娘や息子に対するコメントならば、捻ればナントカ出てくるけど、直接自分らが指導受けているわけでもない先生にコメントって。。つらい。。また、適当に書いて出してしまった(- -;
うぅ、ダメポ

投稿: くっきも | 2004.03.14 22:13

私も勿論!苦手です(^^
何かあると、親から一言っていうのが多くてその度に悩みます。
うちの小学校も必ず年度末は先生へのメッセージというのを
書くことになってますが、今年は二人とも親は書かなくて良かったので、ラッキィ!でした。
卒業文集などもやはり苦手でしたね。型にはまったことしか書けなくて。
こういうのって歳をとってもなかなか上手くはならないものです(汗)

投稿: ryou | 2004.03.14 22:32

いろんなご苦労があるのですね。
うちの相棒が中学生だったときは
文面は自分で考えさせられて
母親は清書担当だったそうで・・・
(いろんな家庭があるぞって感じ(苦笑))

投稿: | 2004.03.15 12:52

ボクはこういうのめっぽう得意です(笑)。
それはボクのステージだから。
先生は観客。

でも、その気になれる仕掛けがないと気分もなえて、
「短い間でしたがありがとうございました」
みたいなことでお茶を濁すのもめっぽう得意です...

投稿: ポップンポール | 2004.03.15 13:03

くっきもさん、こんにちは。

やっぱり苦手ですか?そうそう、連絡帳の一言も困りものですね。何も書かずに印鑑だけ押して提出したら、もどされて…
慌てて「夏休み中は元気に過ごせました。」な~んて書いたこともありました。


ryouさん、

やっぱり苦手ですか?私だけじゃなくて、嬉しいです。
一言見本集みたいな本が出版されたら、おそらく私買いますね。(笑)


ぬさん、

>文面は自分で考えさせられて
母親は清書担当だったそうで・・・

あ~!なんでそういうこと思いつかなかったんだろう。
奥様のお母様すごい!もう尊敬しちゃいます(笑)


ポップンポールさん、

>ボクはこういうのめっぽう得意です(笑)。
でしょうね~。うん、うん。
今度、親から先生向け「ひとくちメモ集」出版してくださいな。読書カード用ひとくち、学期末用ひとくち、担任が変わる時用のひとくち、卒業時用ひとくち、懇談会用ひとくち…
頼みます!(笑)


投稿: ぶんぶん | 2004.03.15 14:32

おぉ、いいなあ>ひとくちメモ例文集
僕も読みたい!

投稿: くっきも | 2004.03.15 17:15

 こんな無駄なことやめればいいのにね。今度白紙提出しちゃる。

投稿: satoshis | 2004.03.15 17:15

くっきもさん、たびたびありがとうございます。

くっきもさんも読みたいですか?読みたいですよねー。
ということで、ポップンポールさ~ん、2冊は確実に売れそうですよ~。

satoshisさん、はじめまして。
ほんと、やめたいんですけど、白紙だと戻ってくるので、困ってしまいます。

投稿: ぶんぶん | 2004.03.15 20:20

振り返れば・・・幼稚園、小学校、中学、高校、大学と親の出番は段々減ってゆき、最後に至っては親は金庫(それほどはない・・)財布なのか~!て感じです。
子供達に手がかかった頃を懐かしく思い出してる今日この頃の私・・・長かった子育て期間は、振り返るとあっという間でした。
あの頃の子供達との毎日、泣き声、笑い声、散らかっていた部屋、毎日よくたまる洗濯もの、よくすくお腹、そして一所懸命だった自分、ぜ~んぶひっくるめて、全てがいとおしい日々です。
お若い皆さん、頑張って!
( 思いっきり先輩しちゃった )

投稿: yoshi | 2004.03.17 23:18

yoshiさん、コメントありがとうございます。

子育てしているときは早く大きくなって欲しいと思うけど
過ぎてみればいとおしい日々なんですね~。

yoshiさんが私の目標ですから、
先輩!これからも色々よろしくお願いします!

投稿: ぶんぶん | 2004.03.18 09:34

今のわたしだったら、「先生のことはこちらに書かせてもらっています」とまず書いて、その下にここのURLを書いておくかな。そして、こうやって話を盛り上げておく。

投稿: たむ | 2004.03.18 13:01

たむさん、
それいいですね~。でも、悪口書けないですね~(~o~)

投稿: ぶんぶん | 2004.03.18 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/299618

この記事へのトラックバック一覧です: 苦手なこと:

« 納得できん! | トップページ | 今日のランチ »