« 下痢止め | トップページ | ヤラレタ! »

2004.01.30

人間性

この間、虐待事件で心を痛めていたが、
東京の箱詰め遺体事件http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20040128i208.htm
これも相当ひどい。
24歳の男と19歳の女の犯行だというが、
逃げられないように熱湯をかけたり、食事を与えず、体力を奪うために腕立て伏せまで命じていたという。
もう、どうしてこんなに残酷なことができるんだろう?
人間じゃない、いや人間だからするのであろうか。
でも、人間には理性とかあるよね。
自分さえよければ、相手の気持ちなんて全く考えずに何でもしてしまう。
こんな考えが世の中蔓延してきているように思う。

容疑者の2人は今までどういう生活をしてきたのだろう。
少なくとも親に愛されて育った人なら、親を泣かせるようなことは出来ないはずだ。

命という重みが軽んじられている気がしてならない。

金をくれないから、金をよこすまで監禁して殺す?
おかしいよ、絶対おかしい!

こうなったら、どこかの昔の国の法典みたいに「目には目を 歯には歯を」で処罰してもらいたい。


|

« 下痢止め | トップページ | ヤラレタ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、「目には目を」私も同感です。どういう環境がこのような人間をそだてたのか腹の立つのと同時に不思議でなりません。そして、殺人犯は4人殺せば死刑なんて判例を尊重している裁判は絶対おかしいと思います。何の罪もない人の命は悪いヤツの4分の1の命だというのか?こういうニュースの度に腹立たしくてたまりません。

投稿: yoshi | 2004.01.30 23:50

yoshiさん、コメントありがとうございます。
最近、あまりに残酷な事件が多くて、やりきれないです。
歯止めがきかないというか、我慢することができないというか。命の教育が必要なんじゃないでしょうか。
何でも欲求のままに行動して、今が楽しければいいという考え方をする人がいますが、人生つらいこと、乗り越えなきゃいけないことをしてこそ、「生きる」ということなんじゃないかと。若輩者の私に説得力はないかもしれませんが…
自分の子供達にはそう教えていくつもりです。

投稿: ぶんぶん | 2004.01.31 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070/149223

この記事へのトラックバック一覧です: 人間性:

« 下痢止め | トップページ | ヤラレタ! »