« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

2004.01.31

ココログ会話

インフルエンザにかかった次女であるが、日ごろ丈夫であるがゆえに、病気になった時に母が優しくなるのをあまり経験しておらず、風邪をひくのを心待ちにしていた感じもする。
病気になると、特別待遇として、果物やらプリンやら、ゼリーなどが食べられる。
でも、実際かかってしまうと、熱でふーふーしてしまって味もよくわからないということがよくわかったと思う。

B型インフルエンザにかかった娘「B型って言ってたね。A型もあるの?」
私「うん、あるよ。」
娘「じゃ、私がB型(血液型)だからなの?O型、AB型もある?」

ウハハ、面白い。
病気の時もココログのネタにしてしまうなんて、なんて悪い母親なんでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤラレタ!


私のお腹の調子もよくなり、やれやれと思ったら、今度は次女が熱を出した。
今日、医者へ連れて行ったら、「インフルエンザが流行ってきているので検査しましょう。」ということで、
鼻に綿棒みたいなものをぐりぐりっとやって、検査した。
少し待たされたあと、「インフルエンザB型ですね。」だって。
ガ~ン!かかっちゃったよ。
娘は医者に連れて行くときは8度5分だったのに、医者で計ったら9度8分まで上がっていた。
さすがに真っ赤な顔をして、元気がない。

インフルエンザにはタミフルという薬が効く。
一部、副作用の話も聞いたことがあるが、とにかく早く治さねばならぬ。
上の娘は受験なので予防接種をしたけれども、かからないという保障はないそうだ。
私も自分が倒れては困るので、長女と一緒に予防接種は受けた。
次女も一緒に受けとけばよかったと後悔。
次女の歳だと2回接種になるので、かわいそうかなと思ってしまったのが裏目に出た。
毎年、インフルエンザが流行っても次女だけはうつらなかったので、大丈夫だと思ったのに…あ~あ。

とにかく、インフルエンザ、早く退散してくれぃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.30

人間性

この間、虐待事件で心を痛めていたが、
東京の箱詰め遺体事件http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__yomiuri_20040128i208.htm
これも相当ひどい。
24歳の男と19歳の女の犯行だというが、
逃げられないように熱湯をかけたり、食事を与えず、体力を奪うために腕立て伏せまで命じていたという。
もう、どうしてこんなに残酷なことができるんだろう?
人間じゃない、いや人間だからするのであろうか。
でも、人間には理性とかあるよね。
自分さえよければ、相手の気持ちなんて全く考えずに何でもしてしまう。
こんな考えが世の中蔓延してきているように思う。

容疑者の2人は今までどういう生活をしてきたのだろう。
少なくとも親に愛されて育った人なら、親を泣かせるようなことは出来ないはずだ。

命という重みが軽んじられている気がしてならない。

金をくれないから、金をよこすまで監禁して殺す?
おかしいよ、絶対おかしい!

こうなったら、どこかの昔の国の法典みたいに「目には目を 歯には歯を」で処罰してもらいたい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.29

下痢止め

昨日の夜中2時ごろ、お腹が痛くなって目が覚めた。私は非常に怖がりな人間なので、丑三つ時に起き出して、1人でトイレに行く勇気がない。(だって、何か見えそうなんだもん。)
かといってすやすや眠る夫を起こすのも気の毒で、しばらく耐えていた。が、やはり我慢できずにトイレで用を足してきた。
しかし、また眠りにつこうとすると、またもや下痢をもよおす痛みが…

そうだ、あれがあった!と思い出したのはままログさんのところで知った「ストッパ」という薬。

水なしで飲めるという記事を読んで、これは便利と思って2,3日前に薬局で買っておいたのである。
それで、飲んでみたわけであるが、効いた。気づいたら朝になっていた。
でも、異常にのどが乾いてからからしている。
この下痢止めは生薬ロートコンから抽出したロートエキスが腸内の水分過多を防ぎ、下痢をおさえるらしい。
でも、下痢と痛みをおさえるんだから、相当強いんじゃないかな?とちと怖くなった。

それにしても、家族の中で私だけが下痢したというのはあれだ、あれにちがいない。
賞味期限を2日すぎたかぼちゃプリン。2日ぐらい大丈夫だと思ったんだけどね…
意外とデリケートなお腹をしている証拠だ。

ま、たまにはお腹の掃除ってことで下痢もいい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.28

間違えて赤っ恥の話

トラックバック野郎の新しいお題が「間違えておぼえていた言葉」ということで、トラックバックすることにした。
常識知らずの人間なので、たくさん恥をかいた経験はあるのだが、本当に穴があったらはいりたくなった経験がある。

それはまだ新婚間もない頃であった。まだ、義親と同居しておらず、ある晩夕飯をごちそうになりに行った。
夕飯はすきやき。
義親は実家が群馬の人である。群馬といえば下仁田ネギが有名で、毎年その実家からネギが送られてくる。
しかし、主婦間もない私は下仁田ネギという存在を知らなかった。
そして、すき焼きにネギを入れたわけだが、姑「下仁田ネギは柔らかくておいしくてすき焼きには一番よ。」

ところが、私ときたら下仁田ねぎ=シモニタネギをあろうことかシモネタネギと聞き間違いしてしまったのだ。似てるよね、ね?
そして、よせばいいのに「下ネタネギって本当に柔らかくておいしいですね。」と言ってしまった。この時点でまだ気づいていない。
夫「下ネタネギじゃないよ、下ニタネギだからね。」と、わざわざ訂正してくれた。
あっはっは~~の大爆笑。
夫よ~、言わなきゃ向こうもシモニタと聞こえたかもしれないだろうが…

今なら「いやぁね、ジョークよ、ジョーク!」と言って切り返せただろうが、顔から火が出るかと思うほど真っ赤っかになってしまったうぶな嫁であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.27

いつできるの?

IMG_0346.JPG
ただ今、次女のベッドカバーをパッチワークで製作中です。
大きく作ると後でキルトするのが大変なので、20cm×20cmの大きさで仕上げ、後でまきかがりでつけてしまえってわけです。あと何枚作ればいいのか?道のりはまだまだ長い。FELISSIMOのキットを使って作っています。
去年から作っているので、「いつできるの~?」と娘にせっつかれておりますが、たぶん来年あたりでしょう。気長に待ってておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の一言

funaさんの「あんまりだ」シリーズを読んで、4年前のことを思い出した。

次女は視力が悪い。小学校2年のときからメガネをかけはじめた。
私も夫も視力が悪いのでこれは遺伝でどうしようもない。
メガネができあがり、メガネをかけた娘に私「どう?よく見えるでしょ?」
次女、真顔な顔で「お母さん、お母さんの顔に黒いものがたくさんついてる!」
私「えっ?ほんと?」
鏡を見ても、いつもどおりの顔。

察しの良い方はもうおわかりですね。
そう、私の顔のしみやらソバカスやらがぜ~んぶ見えるようになってしまったということ。

よく見えるようになるというのはこういう危険なことをはらんでいることだったのね…人生、見えないほうが幸せということもあるのよ。
美しい母からしみだらけの母に格下げ。

なんだかな~、子供の一言って真実であるがゆえにきついなぁと思った瞬間であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.26

子供虐待事件

なんだかやりきれない事件が多すぎる。
なんだって、自分の子供を餓死寸前まで虐待できるのか。
食べ物が一つしかなかったら自分の食べる分を子供には食べさせてやるというのが普通の親というもんじゃないの?
中3といえば、うちの娘と同じだからよくわかるけれど、一番の食べ盛り。
口を開けば「おなかすいたよ~。」という時期なのだ。

ひどい、ひどすぎる。

逃げることができる環境にはあったらしいけど、逃げなかったというのは、この子自身生きる希望をすてていたからだと思う。
生きたいと思う感情まで奪ってしまった鬼畜同然の親。
「拒食症だった。」とか言い訳しているらしいけど、たとえそうだったとしても、そのまま放置していた罪は重罪だ。

自分も何も食べずに過ごしてみろ!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.01.25

合格切符

IMG_0355.JPG

夫が車で黙って出かけたと思ったら、こんなものを買って帰って来た。
“夢をもって希望をかなえる”ポストカードつき「ゆめが丘駅~希望ヶ丘駅」までの切符。
数日前、新聞に受験生に売れているという記事を見かけたので、わざわざ買いに行ってくれたらしい。

さりげない夫の優しさに妻は嬉しく思った。
娘に渡したら「何、これ?げんかつぎぃ~?ふ~ん。」
それだけかい?娘よ、頼むからもっと喜べ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.24

ココログネタ


今朝、夫が医者に行くのにお薬手帳を診察券と一緒に持たせたら、帰ってきてから「出したら娘の薬手帳だったぞ。恥ずかしかった。ちゃんと確認してくれよ~。」と言われた。
私からすれば、長年夫婦やっているんだから、そういうことがありえることは十分想定できるわけで、自分で確認してほしいものだ。夫よ、何度痛い目にあえば気が済むのだ。
と、こんなやり取りをしていたら娘に「どうせ、ココログネタにつかうんでしょ。」と言われてしまった。

ふむふむ、こりゃ使えるわ。とさっそく記事にする私。

最近何かあると、娘に「ココログのネタにしないでよ。」と先を見越して言われてしまう。
ちっ、内緒にして始めればよかったなと思うことが多い。

でも、私が逆に「ココログのネタにしちゃうよ。」という脅しに使うことも多いので、どっちもどっちかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.23

パソコンにまつわる失敗

トラックバック野郎で今のお題が「パソコンでしでかした初歩的ミス」
ということで、トラックバックすることにした。

それは、3年前にさかのぼる。
パソコンを買い、1年はインターネットにつながずにゲームで遊んでいた。
しかし、それも飽きてきて、インターネットにつなげることにしたのである。その頃まだADSLはなかったし、ISDNはあったが、電話と共有して使うことにした。

プロバイダはその頃からニフティで、そのニフティの説明書を見ながら、セッティングした。
そして、接続先の電話番号を入力し、つながるのを待った。

つながった音(ピーヒョロヒョロ)はするけど、画面は変わらずおかしいなぁ~と思って何度も接続を試みる私。5,6回接続したり、切ったりを繰り返したが7回目くらいにパソコンから「てめぇ、いいかげんにしろよ!」という男の人の怒った声が聞こえ、真っ青になった。
やばい、これはどこかのうちにかかっているんだ!とその時はじめて気づいたわけで、心臓ばくばく。震える手で慌てて接続を切った。

あの時自分はストーカーみたいに嫌がらせ電話をしていたわけで、慌てて切ってしまったけどこの場をかりて「すみませんでした。」と謝りたい。
でも、あの時パソコンに向かって私が「すみません。」と言えば向こうに聞こえたのかな??いまだに謎だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

経歴詐称疑惑

今、ワイドショーで騒がれている古賀議員。
やっぱり単位が足りなくて卒業してなかったらしい。
どうしちゃったんだろう?ペパーダイン大学卒業って、日本人の誰でも知っているような大学じゃないし、ばれないと思ったのだろうか?
だったら、履歴に卒業じゃなくて、入学だけにして書いておけばよかったものを…
議員にまでなろうという人間が自分に嘘をついてどうするのだ。
輝かしい経歴がないと自信がなくて国民にアピールできない人なら、議員たる資格もないと私は思う。

この際、いさぎよく「すみませんでした。実は自分に自信がなくて箔をつけたかったんです。」とでも正直に言えば、まだ人間的に許せるけど、誰かのせいにするのだったら最低の男だと思う。
裏からこそこそ、情けないぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.01.22

健康おたく

実はかなりの健康おたくです。
健康番組大好き。TVや雑誌で「これがいい、あれがいい。」と聞くとすぐに試したくなります。ダイエットに効くと聞いて試したものは、天然にがりにゴーヤ茶。美肌関係では小麦胚芽に、手作り美肌水。その他数知れず。
ちなみに今興味があるのは、ダイエットと血圧降下の両方に効くといわれる碁石茶です。

でも、続かないのです。どうも私はすぐに結果を急ぐようです。
3ヶ月は続けてみないと効果は現れないとわかっているのですが、1ヶ月続くのがせいぜいで、効果がないとわかるとやる気が失せてしまいます。

そんな私ですが、唯一2年も続いているものがあります。
それは「カスピ海ヨーグルト」です。何より常温で作れるというお手軽さが続く秘訣です。
そして、我が家の朝食はパン食なので、できたてのヨーグルトを毎朝食べられ、余るということもないのです。
「カスピ海ヨーグルト」は酸味がないので、私は黒ゴマ入りきな粉をいれて食べています。
おかげで、便秘知らずの中性脂肪は激減し健康そのものです。

こんな健康おたくですから、ryouさんのところで知った『寿命診断』で93歳まで生きると出てしまったのも頷けることなのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.21

オレオレ詐欺事件

“オレオレ詐欺、ついに「将軍様」まで登場”

http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__fuji_320040121020.htm
という記事を読んで、驚いた。
ついに北朝鮮まで持ち出して騙し、そして騙されてしまう人がいるということ。

姑の友人でもあやうく騙されそうになった人がいる。
女子高校生の孫を装い、「おばあちゃん、助けて~。連れて行かれちゃう。」と泣いているので、お金を渡しそうになったらしい。
その人の場合、知り合いの警察の人に相談したからよかったが。
犯罪グループには高校生もいるのかもしれない。

声が違うからわかりそうな気もするが、泣き泣き電話がかかってくれば気も動転してしまう。
こういう人の情というものを利用した詐欺は卑劣だ。

犯罪がどんどん卑劣化して、そこまでするか?と思うような事件が最近はとても多い。
ぼーっとしてられない。気をつけよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

防犯カメラ

以前娘の通う中学で不審者避難訓練というのを行ったという話を書いたが、訓練だけじゃ足りないということでついに裏門に防犯カメラを設置することになった。
そして、先生方は不審者侵入の際、まわりに知らせるために笛を携帯することになったという。
先生曰く、「この笛は体育で使用する笛の音色とは違います。」
と、吹いてくださったが、胸ポケットからいちいち笛を出すんじゃ間に合わないと思うのだが…

ともかく、そんな嫌な時代になってしまった。
そのうち、子供も笛を首からさげて学校で勉強するようになる日も近いだろう。

こんな世の中にしてしまった大人たちの責任は重いと思う。
なんとかしないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.20

ドラマ

昨日の夜、フジテレビの『プライド』を見た。
キムタクは文句なしにかっこいい。
竹内結子もかわいいし、出演者も豪華キャスト。

でも、なんだかつまらなかった。
まだ2回目だから、これからなのかもしれないがこれからも見続けようという気が起きない。

昨日の回でキムタク演じるハルはどうやら暗い過去を持っていることがわかった。
竹内結子と条件付きの約束で恋愛ゲームをしようということなのだが…
結局ゲームと割り切ったつもりが真実の愛に変わっていくんであろう結末が予想できてつまらない。
いや、野島作品のことだから、なにかどんでん返しみたいなものがあるのかもしれない。

でもね、私が歳とってしまったのだろう…
もう10年前くらいだったら、キムタクと坂口憲二がかっこいいという理由だけで面白く見ることができたのかもしれない。来週は見るのやめようかな。キムタクファンの人、ごめんなさい。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.01.19

親ばか

 秋の空ふきでる汗の山のぼり

親ばかですみません。
次女がつくった俳句が入選はしてませんが、予選を通過して冊子に載ったので紹介しちゃいます。

これは体験学習の時に山登りをして作ったらしいです。

子供の作った作品が、図工にしろ何にしろ選ばれるというのはすごく嬉しいことです。

次女はいっとき川柳を作っていたときがありました。

面白い作品をひとつふたつ

  おならして皆が違う部屋へいく

  ちょーいやだ朝から夜までおこられる

  夏休みいっぱい食べてまた太り

こういう感性は大事にしてあげたいなと思っています。

そして、親はひそかにこの子を詩人にしようかなともくろみ、つかの間の夢を託すのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.18

夢~娘編

以前、私が見た夢のことを書いたが、昨日の夜小6の次女が怖い夢を見たのでその内容を書き留めておくことにする。
前置きしておくと、うちの姉妹はいつも喧嘩ばかりしている。
喧嘩しない日は一日たりとなく、私のストレスの種である。

さて、次女が見た夢。
うちにはなぜか弟がいるという。そしてその弟を長女がいじめており、「やめなさい。」といっても言うことをきかないので、夫が長女の首をはさみで切り落としてしまったという。
なんとも残酷な夢である。

母親の私が推察するに、いつもいじめられている妹は潜在的に姉を疎ましく思っていて、自分の手を汚さずして姉を葬りさろうとする願望の現われであろうかと思われる。
あるいは、某サイトの「脳天爆裂お父さん」を見た映像が今頃になって現れたものか?

とにかく、夢で思いを果たした次女なので、現実には起こらずにすむであろう。
お母さん、のん気ねぇ。重大な警告だったりして…
でもね、何でも、いいように考えてしまうのが私のいいところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.17

パッチワーク

20040117164954653.jpg


今日は姉に頼まれていた化粧ポーチを作り終えました。
パッチワークは3年程近くの地区センターで習い、今は自己流で色々と製作しています。

パッチワークの良いところは、はしぎれを利用できるということと、針と糸さえあれば場所を選ばず好きな時に始めて、好きな時にやめられるところです。
主婦の仕事は細切れの仕事が多いので、途中で中断できるパッチワークはお勧めです。
これが編み物となると、途中でやめた時「何段編んだっけ?」になってしまいます。

娘が小さいときは手作りの洋服も着せていましたが、
今はミシンを出すのも億劫で、パッチワークばかりです。

これからは作品をココログの趣味のページに載せていくと、はりあいが出て良さそうです。
自信作は画像のよいカメラで撮って使い分けしていくことにしようかな。
ココログって色々な使い方ができて楽しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.01.16

足フェチ

IMG_0272.JPG

このタイトルに変な想像をした人もいるかもしれませんが…文鳥の話です。
うちの文鳥のグーちゃんは、足が好きなのです。
手乗り文鳥ですが、実は足のり文鳥といってもいいほど、足を見るとすかさず飛んできます。
そして、求愛ダンスを踊るのです。
文鳥の求愛ダンスというのは非常に面白く、歌いながら両足ジャンプします。
この姿は見ていてとてもかわいらしいものです。
去年の暮れにメスのテンちゃんを亡くしてから、今までテンちゃんにしていた求愛ダンスを人間の足にするようになりました。
なんだか、オスという性は悲しいものですな。

しかし、こやつときたら若い娘の足が好きらしく、(お前もか?)私の足ではなくて、とりわけ次女の生足が大好きときています。
そして、次女は「おらおら、グーちゃん、足だよ~。」と、靴下を脱いで、求愛ダンスをして盛り上がったところで、「はい、おしまい。」と足をひっこめてしまいます。
完璧にもてあそんでいるのです。
文鳥に対してとはいえ、なんだか末恐ろしいような、楽しみのような…


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.15

面接練習

受験の娘の面接練習を塾でやってくれるという。
で、その面接練習のそのまた練習というのを家でやる。

トントンとノックするところからはじめてみる。
普段お行儀がよろしくない娘なので、こういう時に困る。
「お辞儀はもっと深くね。」とか、「いすに座りなさいといわれてから座るんだよ。」とか
当たり前のことをいちいち再確認する。

問題は質問内容で、志望理由。
将来への夢を匂わせつつ、いかに入学したいかをアピールする。
過保護とはわかりつつ、「こう言った方が印象がいい。」とかアドバイスする。

前期選抜で内申と面接のみで合格してくれれば、
早くから精神的に開放されてよいし、お金も無駄にならない。
でも、本人のためには後期選抜の実力で勝負して合格してほしいのが親心で、なんとも複雑。

とりあえず、家での練習を終え、塾へと向かった。
今頃、しどろもどろになってなきゃいいが…
本番までにはまだ間があるから、きっと塾もフォローしてくれるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.14

歴史占い

娘が『歴史占い』なるものをどこからか見つけてきました。
アドレスはこちら↓
http://woman.excite.co.jp/fortune/rekishi/

さっそくやってみることにしました。
生年月日と性別を入力すると、歴史上の人物にあてはめて占ってくれます。

なんと、私は西鶴『好色一代男』に登場する絶世の美女「吉野太夫」になりました。

理想の自分を心中高く掲げて日々努力する人です。話術に長け、相手の呼吸を的確に読んで間をとり、相手を魅了。その裏にあるのが、強大な自尊心。相手にどう見られているのかを過剰に意識しています。艶名をあげた吉野太夫は、稀代のモテる女でした。女遊びをし尽くした京の豪商も、まさにぞっこん。美貌に加え、茶、和歌、舞、香道等の諸芸に秀でていなければ、最高位の太夫は張れません。ただ、飽きっぽいので注意。

私は自尊心なんて強くないし、話術も持ち合わせていません。でも、占いの中だけでも絶世の美女というのは気持ちがいいし、嬉しいものです。

ちなみに娘は「紫式部」で、これまた羨ましい内容でした。

占いは不思議なもので「全然当たってないよ。」と思ってもそう言われてみると、自分の中にそういうところもあるかなと思えてきます。血液型占いも然り。
人っていろいろな要素を持ち合わせているから、言い方を変えるだけで当たっていると感じてしまうのかもしれませんね。

でも、占いは結構好きです。女の人だけかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.13

成人式

私は成人式に出席していない。
成人式というものにあまり意味を感じなかったし親の転勤で引越し生活だったので、同窓生も各地に散らばっていて、成人式に出席しても誰にも会えず、つまらないというのが本音だった。

さて、今年の成人式も一部荒れたという報道があった。
いつからこんなふうになってしまったのか…

funaさんが書かれた
「成人に育てるということ」を読んで、いたく感銘した。

成人式で騒いだ新成人はごく一部であると思うし、信じたい。
毎年、「荒れるか、今年の成人式は?」みたいなマスコミの取り上げ方にも問題があると、私は思う。
荒れることを期待しているような取り上げ方をしてしまうと、何か目立ったことをしてやろうと思う若者は必ず出てくる。

同じ20歳でも、しっかり自分の足で立っている子達もいるだろうし、そういう子達にこそスポットライトをあててほしい。

いい報道をたくさん流せば、それに感化される子も出てくるだろうし、少なくとも「今の若者ときたら」みたいな目で見ていたら、いい若者は育たないと思う。

もちろん、家庭も重要なわけで、場にふさわしい行動を教えるというのは最低限の躾ではなかろうか。
人の話を最後まで聞くというのもね。
「三つ子の魂百まで」というから、急に「成人式だから静かにしなさい。」といっても、もう遅いのである。
私も、娘達を心して成人に育て上げたいと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.12

川崎大師

今日は川崎大師へ参拝に行ってきた。
3が日は混雑するので、わざとその時期ははずすようにしている。
今日もすごい賑わいで迷子になりそうだった。

そして、いつも毎年買うのが久寿餅。
久寿餅も色々なところで売られているけど、
(株)住吉の久寿餅がうちのお気に入り。
できたてがおいしい。当日に食べないと味は格段に落ちる気がする。
ので、3枚入りの一箱を買って5人でペロり。

あと、これは毎年買うものではないが、咳止めの飴も有名なので
風邪引きのいる我が家は買ってみた。大師で売られているというだけで効果がありそうである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.11

ただ今読書中

funaさんのところで、『消えた少年たち』という本を紹介されておられる。
とっても、興味をそそられて、昨日から読み始めた。
まだ、100ページくらいなので、事件は起こっていない。でも面白そうだ。

字の大きさも割合大きめなので、上下巻あるがそんなに時間はかからなさそうである。
しかし、しかーし、どうも登場人物の名前が頭に入っていかないのだ。トホホ…

そりゃ、著者があちらの人なんだから、当然のことなんであるが、
次々と名前が出てくると、あれっ、この人はどこで出てきた人だっけ?
てな具合で、いちいち前のページの登場人物紹介を見るはめになる。
一応、言い訳しておくが、日本の小説は大丈夫。
外国の人の名前って、皆同じように感じてしまうのだ。
私だけ?「頭が固いんですよ。」と言われればそれまでだが…

というわけで、時間をおいてしまうと登場人物の名前がごっちゃになってしまうので、一気に読破してしまわねばならぬ。
ココログの記事を書いている場合じゃないのだが、
こうしてあちこち気を散らす私も悪いと思う。

さぁ~、読書、読書。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.10

アメリカン度

私のアメリカン度は3%だって。
XXXさんのところの記事を見て、さっそく計測してみた。
うん、うん。あたっているかも。そんなもんだと思う。
自分でも結構保守的な人間だと思うしね。
しかし、この測定の仕方は面白い。
左利きか?とか人との会話でサンキューを言うか?とか笑える内容だ。
歯の矯正をやっていると、ポイントが高いみたいだが、歯の矯正はやっていない。
期間限定らしいので、皆さんも試してみたらどうですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わかもとの知恵

次女が、雑誌で紹介されていた『わかもとの知恵』金の星社900円という本が読みたいという。
近所の本屋にはなかなか在庫がなく、今日、街へ出かけた際、やっと本屋で手にいれることができた。
子供より先に目を通してみた。

これは面白い。
子供向けに書かれた生活の知恵の本なので、わかりやすくていい。

「出そうなあくびを止める知恵」とか「鼻血をとめる知恵」
「ワキの下のにおいをとる知恵」等など、100以上の知恵が紹介されている。

で、この本の著者が筒井康隆さん。
筒井康隆といえば、『時をかける少女』で有名で、
SF作家というイメージがあったが、こんな子供向けの本を書かれていたとは、知らなかった。

中でも、私が気に入ったのは「好きな人に話しかける知恵」。
好きな男の子、または女の子に好かれようとするなら、まずいちばんにやっぱり話しかけて、顔をおぼえてもらわないとね。
という、優しい語り口からはじまり、好きな子の友達と友達になればいいと説く。好きな子とは恥ずかしくて話せないけど、好きな子でなければ平気で話しかけられることができるだろう。
という内容。な~るほど。好きじゃなければ緊張もしないし、普通に話せるものね…

大人の私でも、知らないことが多いし、とてもためになると思った。
今は雑学ブーム。初版が3年前に出ているようだが、じわじわと売れるのではないかなぁ。
こういう本は売れてほしいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.01.09

大安吉日

今日は中3の娘の公立高校受験料を納めに銀行へ行ってきた。
昨日から、受験料の納付時期に入っていたのだが、
昨日は仏滅、今日は大安。
私はあまりこういうことは気にしない性質なのであるが、
やっぱりげんをかついで大安に納めることにした。

いいか、娘よ。
湯島天神のお守りは手元にある。日にちもいい日を選んで受験料を納めた。
あとは自分の実力だけだ。(と、プレッシャーをかける悪い母)

それにしても、公立の受験料は2200円ですむのに
私立は20000円という10倍の高さ。もうけてるよな~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.08

オヤジ臭

娘との会話。
「あのね、学校の先生にオヤジ臭い先生がいるの。」
私「なに、なに?オヤジ臭いって、どんな匂い?」
娘「う~ん、酸っぱくて、レモンの匂いがきつくなった匂い。」
私「え~、レモンの匂いって爽やかな良い匂いじゃない?」
娘「だから~、レモンが腐って茶色くなった匂いっていうか~、
お酢も入っている感じ。」とな。

先生には申し訳ないが、うちの娘は先生が通り過ぎるとき
息をとめるという。先生、失礼をお許しください!
でも、母は一度先生とお会いして臭いを自分の鼻で確かめたくなった。

で、私「うちのお父さんはどう?匂う?」
娘「軽いかな。」

夫よ、軽くてよかったね~。(昼間こんな話をしているとは想像だにしていない。)

オヤジ臭で調べてみた。http://www.tepore.com/column/35age/20031104/01.htm
においの原因は「ノネナール」で、加齢臭。
女性は女性ホルモンのおかげであまり匂わないらしい。

年に加え臭いまで・・・・
色々と背負いながら人は年を取っていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぬっ!

新成人の意識調査
「おばさんは30から。おじさんは40から。」だって。

はい、はい。どうせ、おばさんですよ。
おばさん暦10年となりゃ、もう素人からプロの域か?!

だが、自分で言うぶんにはいいが、
他人に言われると、なんかね・・・
アンタに言われたくないみたいな。

なんで、男は40からで、女は30からなのよ~。
男女平等じゃないだろ~が。(って、こんなところに引っ張り出すことか?)
しかし、同性の目はやっぱりきついのだな・・・

でも、ずうずうしくなるっていうのは
自分の意見がはっきり言えるようになったということで
私自身はずいぶんと楽になった。

恥じらいというのを忘れたということかもしれないが、
私には電車の中で化粧する方が恥ずかしいぞ!

ま、新成人の諸君もそうして
おじさん、おばさんの道をたどっていくのだ。
立派なおじさん、おばさんになってくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.07

いやはや…

あせりました。
ちょっと前に下の写真つき記事をのせたわけですが、
後で見てみたら、なんじゃあ、こりゃあの巨大写真。
あせりまくって修正していたら、さらに新規で載せてしまい、
巨大写真2枚見てしまった方ごめんなさい。

いつものようにアップロードして載せたのに、ナンデと
思ったらはたと気づきました。
昨日、デザインを変えたのがまずかったらしいです。
デジカメ写真を載せるにはデザインも制約されてしまうのですね。
また、一つ勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成!

IMG_0333.JPG

見事なかえるちゃんが完成しました。
次女の作品なので、記念にパチリ。
明日は始業式。
冬休みの作品展というのがありまして、それに出品するということで
作ったのですが、前日に作るとは、なかなかいい度胸しとるわい。

この蛙、題して「無事かえる 若がえる」合わせて 『福々かえる』というそうな。
めでたい、めでたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.01.06

凶は強?

昨日の夜、友人と電話で新年の挨拶がてら、長話した。
私と同じく受験生を持つ親。
私「元日に初詣して、娘がおみくじをひいたら末吉でさ、気にしちゃったのよ。」
友人「うちはすごいよ。親子4人揃っておみくじひいたら、全員凶だったの!」
私「えぇ~!そんなことってあるの!あ、でも私昔凶を3回ひいたけど、希望校受かってるから、気にすることないって。」
と慰めつつ、「家族そろって凶が出るなんて、めったにないし、これは凶は凶でも強運だ。宝くじでもあたるんじゃない?」
と、言ったら、友人「うん、それがさ、宝くじ1万円当たっちゃってさ!」だって。

やっぱり、凶は強なのだと確信。
となると、娘の末吉が心配になってきた。
むしろ、凶をひいてほしかったなぁ。なんという、親じゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.05

使用容量アンケート

ssさんのところで、ココログ一ヶ月の
容量アンケートをしていらっしゃいます。
私は今日でちょうど1ヶ月になるので、アンケートに協力することにして、トラックバックさせていただくことにしました。遅すぎ?

記事数42 使用容量6.376メガバイト(21.25%) 
画像8枚(デジカメ使用)

デジカメの映像って重いのでしょうか?
このぶんだと、あと5ヶ月でダウンしてしまいそうです。
デジカメは控えようっと。携帯の画像は軽いみたいなので、携帯ほしいな・・・・
って、その前に家計を節約しろ~。

でも、このように先々のことをちゃんと考えてアンケートを実施されているssさんに感謝致します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

子供の視点

タレントのMEGUMIをお正月の番組でよく見かけるので
小学生の娘に「この人よくTVに出てるね。」
と、言ったら「暇なんでしょ」だって。
そっか~、暇なのか。そういう捉え方もあるのね。

| | コメント (1) | トラックバック (13)

早起き

いつもどおりの5時50分(微妙な半端さ)早起きがはじまった。
正月ボケしないようにしないと・・・
まだ、子供達の学校は始まらないので、
早起きしてから、子供達が起き出す時間まで自由時間がある。
コーヒーを飲みながら、なんと贅沢な時間だ~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.04

昨日のドラマ

昨日の夜、『ブラックジャックによろしく』を見た。
妻夫木君演じる研修医が成長していくドラマなのだが、
あんな格好よくて患者のことを考えてくれるお医者さんは
あまりいないだろうなぁ。

昨日は癌のことがテーマだったが
義父を6年前に癌で亡くしているので、
そのときのことが思い出され涙が出た。

医者に行った時点では、あと半年と言われ
告知せずに、義父は逝ってしまった。
それが、果たしてよかったのかどうか今でもわからない。
私なら、告知してもらった方が有意義に過ごせそうな気がするが、
告知する側としては、勇気がいる。でも、黙っているのも本当に辛かった。
初期の段階なら、言えたと思うのだが・・・

私は夫や子供が悩まずにすむように、
「本当のことを言ってね」と、言ってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.03

ココログランキング

『MyblogList』を設置するのはあきらめて、
ココログランキングというものに登録してみた。


しかし、なぜか自分のページのサイドにリンクを貼れない。
ちゃんと、書かれたとおりにやっているのになぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10年間日記

今年から10年間日記をつけることにした。
というのも、40歳になったから。
40歳から50歳までの10年間をつけてみたら
面白いんじゃないかと。
子供が独立するかもしれないし、はたまた介護日記になるかもしれない。
私が買った日記帳は1ページに10年分のその日にあったことが
一目瞭然でわかるようになっており、たった3行しか書くところがない。
3行だったら、書けそうではないか。

そんな時こちらでの記事を見たわけで、内容につまったら、献立でもいいしと思ったわけである。

ココログも今のところ、続いている。
家計簿はつけているうちに赤字で馬鹿馬鹿しくなりいつも3日坊主に終わってしまう。
ココログで家計簿公開していたら、それこそ倹約に励めるのかもしれないが、いくらなんでもその勇気はない。

さて、10年日記とココログを両立できたら
自分でもたいしたもんだと思う。10年前の自分が何考えてたんだかを知るのも面白いし、今のまんまだったら悲しい気もするが・・・3面記事書いて、あとで振り返るのも楽しいかもね。
継続は力なり。頑張るぞ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.01.02

おみくじ

昨日、神社へ行ってお参りをした際、おみくじを娘達がひいた。
今年受験の上の娘は末吉で、
下の娘は大吉。
ところが、末吉の学問の内容が悪かった。
学問成就成り難しときたから、「ひかなきゃよかった」と機嫌が悪くなった。

でも、おみくじなんて、気にすることないのだ。
私は過去立て続けに凶を3回引いた女である。(そういえば、この間もとあるくじびきで凶をひいたっけ。)
しかも、大学受験の年にである。
1回ひいたら凶だったので、「チクショー、この次こそ」
と、思って3回になったわけで、4回目はおみくじ代を惜しんでやめた。

でも、そんなおみくじをばねにちゃんと希望校に受かったわけで
他に悪いことも全く起きなかった。

ある意味、凶なんて本数が少ないだろうに
3回も引くなんて、運が強いんじゃなかろうか。

受験の娘にもそんなことは気にせず
頑張ってもらいたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.01.01

謹賀新年

IMG_0321.JPG

明けましておめでとうございます。
皆様にとっていい年でありますように。

そして、ここに来て下さる皆様、本年もよろしくお願いいたします。

こうして、家族が健康で元日を迎えられたことに、
とても感謝しています。

私は無宗教ですが、ご先祖様に感謝して
今年1年また無事に過ごすことができますようにと
手を合わせました。
氏神様への参拝もすませ、今日はのんびりと
おせちでもつつきながら過ごしたいと思います。

さぁ、今年も毎日更新できるように頑張らなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »