2017.02.12

夫婦とは

沖縄から帰って、その翌日が父のお通夜そして翌々日が告別式でした。私はもう一日実家に泊まり後始末を手伝い、帰ってきました。

父の穏やかな今にも起きそうな笑っているような顔を見た時、天寿を全うしたんだな、やっと楽になれたんだねとほっとしました。

最期まで在宅で在宅医療の助けを借りながら面倒をみた母は本当に立派だったと尊敬します。昔っから父に対しては文句ばかり言っていたのでそんなに仲が良いわけではなかったのですが、長年連れ添っているうちにお互いいたわりあうようになっていくものなのですね。

夫婦の数だけ様々な愛の形があるのだということを改めて感じました。

父は前立腺ガン末期という病気がわかってから1年、自分の身体よりも母の心配をしていたそうです。

母が風呂場で倒れてはいないか心配で、母がお風呂に入るときは洗面所のドアを閉めないで音が聞こえるようにしてくれと言っていたり、母が家にいる時はベッドでずっと寝ているのに、買い物でいないときはずっと起きて待っていたそうです。

孫たちが見舞いに来たあと、小さな声で「さよなら、さよなら」と呟いていたことも後で知りました。

夫婦とか家族というのは何か困難があった時に絆が試されるのだと思います。母もそんな何度かの困難や危機を乗り越えての腹を据えての看取りだったのかと。
私自身も姉と協力しあっての1年で、より絆が深まったような気がしています。

沖縄で1番感動したガンガラーの谷のガジュマルの木

Fullsizerender_1_2

ガジュマルは枝から細い根が伸びて地面に着いた時、そこが岩であろうと根を張り太い幹になっていくそうです。

そして、古い元の親の幹は枯れ死んで子供が育つので歩く木とも言われているそうです。そうして何十年、何百年と枯れずに少しずつ大きく移動していくガジュマルを見た時、父からガジュマルのように根を張って生きろとメッセージをもらったような気がして涙が出ました。

父の話はこれにて終了。

次からは沖縄でまわってきたところを明るくご紹介したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.02.06

沖縄にて

こんな話でごめんなさい。自分の気持ちを整理するのに書いています。どうか読み逃げしてください。

父は2月5日の夜、姉と母に看取られて安らかに息を引き取りました。86歳でした。
老老介護で母がずっと自宅で頑張って面倒をみていて、
私が最後に会いに行った節分の日にはまだ意識もあったのだけど。

実は今沖縄にいます。

主人の退職の記念旅行でもあるので、旅行を続けなさいと母達に言われて予定通り続けて明日帰ります。

行く前日になんともいえぬ胸の苦しさ、今から思えばあれは胸騒ぎだったのだと思います。
そして、明け方こんな夢を見ました。
羽田から発つ直前に具合が悪かった父が亡くなったという連絡が入り、キャンセルしかないかと思った時に、父の幽霊が現れ、沖縄のツアーの行程表をみて、ニコニコしているのです。
これは父が行ってこいということなんだなと思って、沖縄に向かうという内容の夢でした。

お父さんありがとう!行ってくるね!私は夢の中で泣いていました。朝起きたらやはり涙で枕が濡れていました。

その時はまだ生きていたのだけど、その頃昏睡状態に入りきっと父は早めに私に会いにきてくれたのだと思います。

暖かいはずの沖縄の海が寂しく感じるのは自分の気持ちが入っているからなのでしょう。

良くも悪くも2度と忘れられない旅になりそうです。



| | トラックバック (0)

2017.02.03

第5回東海道踏破オフ(戸塚~藤沢)その2

前記事の続き

名残り松


諏訪神社

昔、社の裏に大蛇が住む池があり、池に映る旅人の影を取って喰ったという。これが影取町の地名になったとか。知らなかった~。

鉄砲宿を抜けて反対側にあるのが旧東海道松並木跡碑

さっきの名残松からずーっと立派な松並木が続いていたのかしら?「緑が丘」と呼ばれたほどの松並木も昭和35年くらいまでで、松くい虫でほとんど枯れてしまったようです。


遊行寺の一里塚跡。昔は今の遊行寺坂よりもっと急坂で、その坂の上に遠くからでもわかりやすいように盛り土されて榎が植えられていたようです。

両側にありますが、今は何も残っていません。説明書きだけ。仕方ないか・・・

この遊行寺坂は箱根駅伝でも走るところです。

日本橋から12里目。私たちもなんだかんだ48キロは歩いたことになります。

藤沢宿 江戸見附

私たちは街道沿いから遊行寺に入ってしまったのですが、参道は下の写真の黒門からになります。

遊行寺

時宗総本山。宗祖は一遍上人。本当に立派なお寺です。

いつも車で通過するだけで一度お参りしてみたかったので、今回お参りできて良かったです。境内からは夕日に浮かび上がる富士山も見えて、感激!


遊行寺橋




参道を出て左側にふじさわ宿交流館があり、藤沢広小路の説明書き、そして高札場が復元されてありました。

残念なことにこのふじさわ交流館が閉館の時間で見学できず!

遊行寺橋を渡って右折すると藤沢本町へ向かうのが東海道なのですが、日が暮れたのでここまでとしてJRの藤沢駅へと向かいました。

江の島弁財天道標

この日もなんだかんだ2万歩超え。よく歩きました。

早く飲みたい!駅前のさいか屋の上の居酒屋『花鳥風月』へ

乾杯~♪

次はどこまで歩けるかな?自分でも東海道歩きを始めてから健脚になった気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.24

第5回東海道踏破オフ(戸塚~藤沢)その1

1月21日土曜日にまた前回の東海道の続きを歩いてきました。



戸塚集合13時半、藤沢に向けて出発です。

最近の駅前開発で戸塚駅周辺もだいぶ変わりました。
でもこんな説明看板が立ったりして歴史を残そうという努力はみられますよね。



昔は開かずの踏切と言われたところも今は歩道橋ができて、車も線路の下を通り渋滞が緩和されるようになりました。







戸塚宿には内田本陣と澤邊本陣の2つあり、澤邊本陣は石碑が残されています。足を止めてみる人はあんまりいないけれど。

八坂神社(右)富塚八幡宮(左)


地元の神社なのだけど、いつも通りすぎるだけでお参りしたことがありませんでした。

八坂神社は地味ですが、男性が女装して地唄を歌いながらのお札まきが有名、富塚八幡宮は戸塚の名の起こりと言われています。

しばらく行くと上方見附跡


ここが戸塚宿の西の外れということ。

そしてこのあたりから大坂という坂道にはいっていきます。



国道1号線に合流して、渋滞する車を横目に眺めながらお軽勘平道行碑





歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」にちなんで建てられた碑。

そこから暫く歩きようやく原宿の一里塚跡


塚の付近には茶屋があって原宿と呼ばれるようになったとか。松が植えられていたけれどもそれは明治時代に取り払われて今は何もないです。
私ら地元には原宿イコール渋滞でインプットされていて、こういう歴史を知ったことでこれからは見る目が変わりそうです。



つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.06

横浜七福神巡り

今年も七福神めぐりをしてきました。

正直今年は病気の父のこともあり初詣関係は無理じゃないかと思っていたら、落ち着いているので今年も行くことができ感謝です。

今年は「横浜七福神めぐり」にしました。昔は港北七福神めぐりといったらしい。

娘も正月太りを解消すべく同行しました。

参考にしたのはこうほく区民施設協会のおすすめの公共交通機関を利用しながら歩くコース

まずは東急東横線の妙蓮寺駅からスタートです。

①菊名池弁財天→菊名駅下車→②蓮勝寺→(JR横浜線利用新横浜駅下車)→③正覚院→(市営地下鉄ブルーライン利用新羽駅下車)→④西方寺→(市営地下鉄グリーンライン高田駅下車)→➄興善寺→⑥金蔵寺→(東急東横線日吉駅乗り換え綱島駅下車)→⑦東照寺

菊名池弁財天 (弁財天)

ここで色紙を購入。ご神体もついつい欲しくなり購入することに決めましたsweat01

蓮勝寺(毘沙門天)

こちらの毘沙門天は運慶作。

正覚院(大黒天)

横浜七福神のお寺さんは応対がすごく丁寧。「中にお入りください」と書いてあるのよ。

靴脱いであがってお参りして御朱印をいただくというこの方式に思いのほか時間がかかりますsweat01去年の戸塚七福神めぐりは外にスタンプ台があって自分でスタンプ押すだけだったから楽勝だったの・・・あと4つ今日中に回れるか不安に。

急げやいそげ。電車の待ち時間や乗り換えももどかしい。

西方寺(恵比寿大神)

ここのお寺さんはすごく癒されました。茅葺屋根のお堂のせいかな。

なんなんだろう・・・惹かれる。ずっといたい、でも時間がない。また来たい!今度はゆっくりと。

興禅寺(福禄寿神)

ここにたどり着くのに、坂道をあがるあがる・・・横浜って本当に坂が多い。

ここから本当はまた高田駅に戻って日吉本町駅から歩くルートなのだけど、電車に乗る時間が惜しいので、グーグルマップを頼りに歩くことにしました。iPhoneさまさまです~。

のぼって下って30分くらい歩いて

金蔵寺(寿老神)

入った瞬間、おぉ~って声が出ました。キリシタン灯籠と本堂がもう立派で神々しくて。すごくパワーを感じました。

江戸時代には寛永寺の末寺として栄えたらしいですよ。やはり歴史のあるお寺は何か違う。

東照寺(布袋尊)

16時半すぎに到着。閉門までに間に合いました。7日までは17時までどこのお寺も御朱印がいただけるそうです。

横浜七福神はどこも由緒正しきお寺で境内もきちんと手入れがされていてとても気持ちよかったです。

この日の万歩計は2万歩を超えていました。疲れた~!けどこの達成感がたまらない。

そして、こちらが御朱印とご神体です。

ここに来てくださった皆様に福をお分けします。どうぞ幸せな一年になりますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.01.01

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

2017年になりました。
今年も健康第一に自分のするべきこと、楽しみたいことをしていきたいと思っています。

皆様にとっても平和で穏やかな一年になりますように。


今頃気づきましたが、ブログを始めて昨年の12月3日で13周年でした。今の私があるのは大袈裟ではなく本当にブログのおかげです。
ありがとうございます。これからも末永く宜しくお願いいたします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016.12.14

第60回お江戸オフ忘年会

12月に入りました。やること山積みです。今年のうちに今年のことは片づけなければsweat01

とりあえず家の汚れよりこちらを先に終わらせてしまおう。

10日の土曜日にお江戸オフをしてきました。お江戸オフとしては60回目だって。びっくりだ!忘年会はやはりもんじゃで締めなければ!ということで東海道歩きではなく今回はお江戸歩きです。

集合:14時 
    東京メトロ東西線「門前仲町」
富岡八幡宮 →三十三間堂跡→深川不動尊 →黒船稲荷(鶴屋南北住居跡)→ 住吉神社 → 津波警告の碑(平久橋詰) *洲崎神社境内にもあり  →(深川ギャザリアでお茶)
→  洲崎神社  →繁栄稲荷  →17時~ もんじゃ「近どう」

富岡八幡宮

何度も訪れているけれど、今までの中で一番人がいなかったかも。でも、あと何日かすればお正月で人でいっぱいになることでしょう。

ここは初めて。焼けてしまって残念。


八幡橋

深川不動尊

黒船稲荷

住吉神社

平久橋の津波警告碑

新田橋

洲崎神社

繁栄稲荷神社



いつもお馴染みのお店のもんじゃで乾杯♪楽しかった~!

今年一年、お仲間たちにも色々なことが起きました。ちょうど、自分の人生+親や子の人生も転換期でひっくるめてまわしていかなきゃいけない大忙しの年代になってきたってことですよね。

なかなか参加も難しくなる時が多くなっていくかもしれませんが、この納会だけは日々の生活から解き放たれてみんなで集まれたら嬉しいなheart01

色々な話を伺って、そして自分もまた前向きに一年頑張ろうと思いました。

どうぞまた来年もよろしくお付き合いください!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.11.26

第4回東海道踏破オフその2

続きです。


境木地蔵尊から



焼餅坂を下り、信濃一里塚




神奈川県内でほぼ完全な形で残る一里塚はここだけ。日本橋より9里目。

このあたりは昔の東海道の面影が残っていると思いきや、突然現れる東戸塚の高層ビル群。そのギャップにびっくり。

とはいえ、今まで休憩をとる場所もなかったので、東戸塚のイオンを目指してコーヒーを飲んで休憩しました。座ると疲れが出る・・・そして時間切れのゆれいさんとお別れ。





旧東海道と東戸塚のタワーマンションを見ていると不思議な気分になってきます。東戸塚は私の古巣。15年近く住んでいましたが、こういう観点から街を見たことがなかったので感慨深いものがありました。

さてそんな中、国道1号線に入る川沿いの道で割とレアなポケモンのプテラをゲットして、盛り上がる三婆。いや、駄目でしょ、こんなことしてちゃ戸塚に辿り着けないよdash

赤関橋まで来るともう薄暗くなってきました。
急げ、急げ!









多分これが益田家モチの木
神奈川名木百選の木らしいが、暗くて工事中で近づくこともできないのでよくわからない。

この後護良親王首洗井戸を探したものの、見つからず。とはいえ、暗いし人もいないし見つからないで良かったと正直思ったのでした。

だけど、護良親王って鎌倉の土牢に幽閉されて鎌倉宮に首を晒した場所があるので、ここにもあるというのは一体どういうことなの?
これは暇な時にいつか調べておこう。

江戸方見付跡






この後、戸塚の一里塚跡を超えて、これで私達は日本橋からようやく40キロ歩いたことに!(途中ズルしているところもあるけどcoldsweats01

一里塚を見つけると4キロ歩いたのだと嬉しくなるのは現代人の私だけでなく、江戸人も同じ気持ちだったに違いない!

吉田大橋を渡るともう戸塚駅。

今回は飛び込みで居酒屋『はなの舞』に入って、乾杯♪

この日は20度超えで暑かったので、キンキンに冷えたビールが美味しかった!








今回も新しい発見があって楽しい東海道歩きでした。ご一緒してくださったお三方ありがとうございました。

記事を書き終えてやっと戸塚まで歩き終えた気分です。ふ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«第4回東海道踏破オフ(保土ヶ谷駅〜保土ヶ谷宿〜戸塚駅)その1