2016.11.26

第4回東海道踏破オフその2

続きです。


境木地蔵尊から



焼餅坂を下り、信濃一里塚




神奈川県内でほぼ完全な形で残る一里塚はここだけ。日本橋より9里目。

このあたりは昔の東海道の面影が残っていると思いきや、突然現れる東戸塚の高層ビル群。そのギャップにびっくり。

とはいえ、今まで休憩をとる場所もなかったので、東戸塚のイオンを目指してコーヒーを飲んで休憩しました。座ると疲れが出る・・・そして時間切れのゆれいさんとお別れ。





旧東海道と東戸塚のタワーマンションを見ていると不思議な気分になってきます。東戸塚は私の古巣。15年近く住んでいましたが、こういう観点から街を見たことがなかったので感慨深いものがありました。

さてそんな中、国道1号線に入る川沿いの道で割とレアなポケモンのプテラをゲットして、盛り上がる三婆。いや、駄目でしょ、こんなことしてちゃ戸塚に辿り着けないよdash

赤関橋まで来るともう薄暗くなってきました。
急げ、急げ!









多分これが益田家モチの木
神奈川名木百選の木らしいが、暗くて工事中で近づくこともできないのでよくわからない。

この後護良親王首洗井戸を探したものの、見つからず。とはいえ、暗いし人もいないし見つからないで良かったと正直思ったのでした。

だけど、護良親王って鎌倉の土牢に幽閉されて鎌倉宮に首を晒した場所があるので、ここにもあるというのは一体どういうことなの?
これは暇な時にいつか調べておこう。

江戸方見付跡






この後、戸塚の一里塚跡を超えて、これで私達は日本橋からようやく40キロ歩いたことに!(途中ズルしているところもあるけどcoldsweats01

一里塚を見つけると4キロ歩いたのだと嬉しくなるのは現代人の私だけでなく、江戸人も同じ気持ちだったに違いない!

吉田大橋を渡るともう戸塚駅。

今回は飛び込みで居酒屋『はなの舞』に入って、乾杯♪

この日は20度超えで暑かったので、キンキンに冷えたビールが美味しかった!








今回も新しい発見があって楽しい東海道歩きでした。ご一緒してくださったお三方ありがとうございました。

記事を書き終えてやっと戸塚まで歩き終えた気分です。ふ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第4回東海道踏破オフ(保土ヶ谷駅〜保土ヶ谷宿〜戸塚駅)その1

日にちをさかのぼりますが、11月12日にまた東海道を歩いてきました。
ついに私の地元に近づいてきて、いつもの江戸メンバーと一緒に歩いているのがなんか照れ臭くて不思議な気分でした。

保土ヶ谷駅に13時半に集合。
三婆とゆれいさんの4人。ポケモンGOにはまる4人、新種に出会えるかも楽しみの一つだったりsweat01ヲイ



こんな感じの現在の旧東海道から歩き始めます。






本陣跡


旅籠屋跡

今回のメインはなんといっても権太坂です。
きついのに、坂をのぼると達成感があって気分が高揚しちゃう。


坂の名を問われた老人が自分の名と勘違いして「権太」と答えたところからその名がついたらしいです。
箱根駅伝でもよく聞く権太坂とはちょっとルートが違うのですけどね。こちらが正式な権太坂。

登ってみると想像していたほどのきつさでもないのですが、昔は道も悪かったのでしょうね。行き倒れた旅人や馬を葬った穴があったとされる投込塚です。

ぽいぽい生き倒れた人を投げ込んだかと想像すると怖い~shock


普通に今は住宅街の中にあるんだけどsweat01
戸塚宿手前で行き倒れ…無念だったでしょうね。





境木地蔵尊の境内の大欅
この欅がちょうど武蔵と相模の国境。


記念撮影


影を写すのっていいね。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.25

晩秋



昨日の積雪は11月では54年ぶりの観測だったとか。
わたし、初体験です!笑

それほど積もらなくて助かりました。
公園の大銀杏の葉が落ち、いつもの芝生が黄色の絨毯になりましたが、その中に雪が残っていて美しい景色だったので、思わずスマホで写真を撮りました。

地震があったり、寒暖の差が激しすぎる陽気ですがどうか無事に年が越せますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.08

秋の箱根路

秋のお出かけが続いています。 7,8日と箱根へ出かけてきました。

源泉かけ流しの温泉!上げ膳据え膳!毎日ご飯作りが面倒くさいと思う私には幸せな一泊旅行でした。

まずは成川美術館からの眺め。ここからの眺めは美しくて一枚の絵のようです。

紅葉にはまだ若干早めでしたが色づいているもみじもありました。ずーーっと見ていられるこの景色。私の写真では富士山がわかりづらくて伝わらないけれど・・・



箱根駅伝の往路ゴールそして、復路のスタート地点

来年のお正月も楽しみですね~。夫が見たいというので、箱根駅伝ミュージアムも見ました。


仙石原のすすき

お日様が当たるとキラキラ輝いて綺麗でした。


大涌谷

硫黄のにおいがぷんぷん。以前来た時より煙もくもく。明らかに噴火口が増えたのがわかります。

あまりの煙に義母が「ここで噴火したら逃げられないね~。大丈夫かね~?怖い。」と言い出して、私「その時はその時よ。みんなで一緒に死ねればそれも幸せよ。」って言ったら、義母も「私もいいよ、十分に生きたから」と言うしかなくなった・・・なんつー嫁だよ(汗)


大涌谷はすごい人で平日なのに渋滞。黒玉子目当てに長蛇の列ができていました。並ぶの嫌いなので、そこはスルー。コレステロールも高いしcoldsweats01

大涌谷からの富士山も見事でした。

お宿は「早雲閣」

お料理はこんな感じ。とても美味しかったです。

とにかくお天気のうちに満喫してしまおうということで初日はフル稼働。

今日の箱根は風が強く寒いし、富士山は隠れてしまったので大正解。今日は岡田美術館だけを鑑賞して帰ってきました。

岡田美術館は今『若冲と蕪村』の特別展を開催中。上野の若冲展があまりに混んでいて見そびれてしまった私はここでじっくりと堪能することができて良かったです。

入館料が高いのが玉に瑕だけど、あれだけの展示物、足湯や庭園も楽しめることを考えれば仕方ないか・・・

しかし、空港並みのセキュリティーチェックがあるのには驚きました。

箱根を東海道歩きでいつかまた来るけれどこういう観光はできないんだな、きっとsweat01

でも、関所が新しくなって楽しそうな感じですわよ~、お仲間の皆様。楽しみのためにあえて予習しないでおきました^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.11.04

昇仙峡へ

主人が定年を迎え長期休みを取れたので、今日は昇仙峡へ出かけてきました。
一度行ってみたかった!
素晴らしい景観。まるで中国みたい。(行ったことないけど)






お昼はやっぱりほうとう鍋


甲府市街地を見下ろせる「ぶどうの丘」というところからの眺め。盆地なのがよくわかります。収穫の終わったぶどう畑が広がっています。

紅葉には今ひとつでしたが、青空のもと気持ちの良いドライブでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.11.01

東海道踏破オフjt.1(神奈川宿)

いくつになっても宿題が終わっていないと気になって前へ進めない性分です。

東海道を歩いたところを早く記事にせねばとずっと気になっていて毎日寝る前に今日も書けなかった~と反省。

今日から11月。ちょっと忙しいのです。

11月は遊びがね。ヲイ!

というわけで、東海道の続きです。ちょいちょいっと終わらせてしまおう!蘊蓄は私と同じく筆が進まぬTompeiさんと桜桃さんにお任せしま~す。

新子安から保土ヶ谷までは桜桃さんとゆれいさんが歩かれたので、その箇所は歩かないで次は保土ヶ谷から歩こうとしていたものの、「神奈川宿は見どころ多かったよ~。本当に行かなくていいのぉ~?」と桜桃さんに言われて、急きょTompeiさんと2人で10月23日に東海道を歩くことにしました。

本当は前回の続きの新子安から歩かねばいけないのだけど、いいところ取りすることにして、子安の一駅分ふっとばして神奈川新町から歩き始めることにしました。

この日は11時の昼前集合。そして、横浜まで歩くことにしたのでした。そんなに距離ないし余裕だろうと思っていたけれど、途中で道に迷ったり坂道、階段ありの休憩なしで2時間半ぶっ続けで歩いたのでなんだかんだ2万歩近く。意外と疲労感がありました。

神奈川宿を歩いてよくわかったのはお寺というお寺が諸外国の領事館として使われたのだなということ。

なかにはわざわざ屋根を剥がして修理するからと称して使われることを拒絶した良泉寺というお寺もあり、これはこれで骨があっていいなと思いました。

上から

成仏寺(アメリカ宣教医師ヘボンの宿舎跡) 慶雲寺(フランス領事館跡)

浄瀧寺(イギリス領事館跡)           宗興寺(ヘボンの施療所跡)

普門寺(イギリス士官跡)            甚行寺(フランス公使館跡)

この中で面白いのは慶雲寺。あの浦島太郎の伝説から別名浦島寺といわれています。

神奈川本陣については解説板でこんな感じで町に残されていました。





青木橋を渡りアメリカ領事館となった本覚寺は高台にあり、下を見下ろすと今は東海道線、横須賀線の線路がありますが、昔ここはすべて海だったのだろうと。鉄道を通すために埋め立てたのでしょうね。

今更ながら、今の横浜駅界隈ほとんど埋立地で大丈夫なんだろうか~・・・でも、東京もそうよね。

ちなみにこの本覚寺は生麦事件で殺されたリチャードソンの遺体が運ばれたところらしい。

広重が描いた「神奈川」が坂道の途中の塀に。

このあたりは昔茶屋が軒を連ねていたということです。


坂本龍馬の妻のおりょうさんが働いていたところでよくテレビに出る「田中屋」。実際に見たのは初めて。へ~~と通りすぎました。高級料亭です。ランチでもなかなか庶民には手が届かないお値段。

この後、神奈川関門跡碑(開港後あまりに外人の殺傷事件が多いので、幕府は関門や番所を設けて警備体制を強化した)を通り抜け、勧行寺を見学した後、横浜駅に抜けて東海道歩きを終了しました。

神奈川宿はなかなか面白かったです。こんな簡単に終わらせてしまったけど、書くことが多いからまとめられないsweat01

だんだん自分の住んでいるところに近づいてきました。実は一番知らなかったりするんだろうな。新しい発見がある東海道歩き、なかなか楽しくなってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.25

第3回東海道踏破オフ〈京急蒲田~川崎宿~京急新子安)

10月15日久しぶりの晴天の中、また歩いてきました。

14時に京浜鎌田駅集合。
私はその前に前回のオフで間違えた道を歩いてきました。追記として前記事の最後にごくごく簡単に証拠写真を載せてありますのでよかったらどうぞ。

京浜蒲田からは熊野神社でお参りし、その後は面白みのない第一京浜をひたすらてくてくと。



六郷神社


寄りたいけれど、寄ると時間がなくなりそうだということで鳥居の外から手を合わせました。


全部の名所を見ると時間が足りないし、体力を奪われるしで、どうすればいいの?なんとも悩ましい!

多摩川を渡り、ここから神奈川県です。


六郷の渡し。


江戸の人が今この川岸のマンションの高い建物を見たらなんと思うだろうか。


渡り終えたところに万年横丁・大使道標がありました。

六郷の渡し跡碑を見逃したなぁ~。このあたりに船会所があって船賃一人十文を払ったとか。

その近くに奈良茶漬けで有名だった万年屋もありました。

川崎の宿場は久根崎、新宿、砂子、小土呂の4町で構成されていました。

新宿は宿の中心だっとというけれど、川崎の地では地名すら残っておらずこうして説明書きが残るのみ。

Img_2772

田中本陣跡


こういう風に説明書きがあるだけで当時の面影はありません。

でも、途中で寄り道したかわさき宿交流館というところは当時の歴史がわかり、見どころいっぱい!時間があればもっとじっくり見学したかったです。

八丁畷駅前を通ると、人骨慰霊碑が!ひぇ~wobbly

江戸時代の人骨が多数出土して投げ込み塚ともいわれています。

本日二つ目の橋の鶴見川橋を渡るころはもう日が傾いて・・・

焦るsweat01



鶴見線国道駅のガード下はノスタルジックな雰囲気が漂っていて、なんともいい感じ。

生麦事件の跡地を通過!普通のお宅前にあることにもびっくり。

文久2年島津久光の行列の前を馬に乗ったリチャードソン他3名が横切ろうとして薩摩藩士に切り付けられたという事件です。

生麦事件の碑はキリンビール工場の近くにありました。

この日はキリンビール工場の敷地内にあるレストランで乾杯♪

出来立てビールは最高!美味しかった~~!

Img_2774

飲んだ後もちゃんと東海道を歩いて京急新子安まで歩き、この日は解散!

家に帰ったら私の歩数計は3万歩を超えていました。

だんだん健脚になってきたような気がしています。この先も頑張ろう!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2016.10.24

ランチョンマット完成

いつ頃から始めたか忘れてしまったけど、さんちゃん♪のところに通ってコツコツと描いてようやく完成しました。

ランチョンマット
表は和風に花海棠のデザイン




裏は洋風に4色色違いのマーガレット



またお気に入りの使える物が出来て嬉しいです。

今晩早速使いました。



こんな感じ。
茶色の煮物のおかずが多い我が家なので、少しは美味しそうにみえるかも?(´∀`)

さんちゃん♪先生、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«第2回東海道踏破オフ(品川駅〜品川宿~京急蒲田駅)